国際社会で日本人としての教養と英語力をつけ、 日本語を学ぶ海外の人たちの日本理解を深めましょう。

プロジェクト本文

みなさま こんにちは。日本の風の西邑(にしむら)桃代です。私は30年以上100冊余り日本の伝統文化を海外に紹介する英文本を出版。近年はKindleの電子図書20冊目を出版し、今回は日英併記の伝統文化の職人さんの本が間もなく出来上がります。https://www.nihonnokaze.info/blank-18
本の趣旨は
1.伝統文化の仕事が減り、その中で頑張っている職人さんたちの応援
2.国際社会で日本人としての教養と英語力をつける
3.日本語を学ぶ海外の人たちの日本理解を深める

20冊目までの電子図書は日本文化シリーズでした。21冊目からは、伝統文化の側面からは変わりありませんが、もう一歩、日本社会に重きを置いた日本紹介シリーズにしたいと思っています。
当初はいつも通り電子図書のみを考えていましたが、まだ取材も終えていないこの職人さんの本、周りの評判が良く、客観的な意見もと国際交流基金に反応を聞いてみたところ「大変興味深く拝見いたしました。今回ご案内いただいたような書籍がございましたら日本語学習者にとっても刺激になり、日本に関心のある海外の方々にとっては非常に貴重な資料になるかと存じます」

この本はまずは1,000冊のみの印刷。食品では時々見かける「売り切れゴメン」の書籍版。取材や翻訳、校正などは全てボランティアですが、本の印刷費と送料:70万円 手数料:約15万円の実費がかかります。それで皆様にお願いし、ご協力頂いた方には職人さんの本をお送りさせていただきます。出版は5月以降になります。

これからの社会は、これまで以上に地球環境を意識せざるを得ませんし、国際社会の中で世界の人達と一緒に暮したり仕事をしていく機会が増え、コミュニケーション能力も問われることになるでしょう。
日本の伝統文化とは一言で言えば「衣食住、全て環境にやさしい」と言えます。その根底には「和」の心、今で言えば「共生」の心が流れています。そんな精神が広まるよう、あなたもこのプロジェクト「日本伝統文化シリーズ」のサポーターになっていただければ嬉しいです。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください