Tシャツを買うという日常にある普通のことが 支援や寄付になります! たとえわずかな力でも等身大で背伸びせず無理せず一人一人が出来ることをまずは小さなことから!

プロジェクト本文


はじめに

こんにちは!

オンラインストア

EVEN if~です。

動物専門学校の同窓生で企画、発案致しました!

コロナウィルスの被害が動物たちにも出始めているというニュースをみて

なにかできないかと

そして、今だけでなく継続して動物たちの問題に取り組んでいくためにはどうしたらよいかと考え、立ち上げました。

公式Twitter

犬や猫、動物のデザインを中心にしたTシャツ専門のネットショップを作り、売上の一部を資金として

動物愛護団体を運営していきます。

even if~オンラインストア

団体やストアのイベントや販売の告知、報告はSNSを通じて発信、報告させて頂きます。

TwitterとInstagramをメインにしていく予定です。


今、わたしたち人間も余裕や余力がなくなりつつあると思います。

その中で、純粋な寄付という形ではない支援方法を作りたいです。

そして、それはこれからもまたコロナウィルスの脅威が去ったあとも

日常の中で、特別なことではなく

普段皆様がしていることが支援に繫がるという身近な支援方法になると思います。

この活動が広まり

生産数が増えればもっと安価に生産出来るようになり

もっともっと身近に支援を作れるようになります!

皆様、最初の一歩を一緒にお願いいたします。

解決したい社会課題

まずは僕の住む福岡県の犬や猫の殺処分ゼロ

保護した犬や猫でのアニマルセラピーの活動

個人的に保護活動をされている方への支援、広告

最終的にはNPOを立ち上げる

を目標にしていきたいです。

そのために、まずは

Tシャツ購入を条件に参加できる

ペットのお悩み相談やしつけ教室のイベント

捨てられた動物や飼いきれなくなった動物の里親探しイベント

現在の動物愛護や殺処分の実情を知ってもらうためのイベントを行って行きながら活動の宣伝、告知を行っていきます。

同時にコロナウィルスの被害を受けている動物園や保護施設、ブリーダーさん、訓練施設などに寄付したいと思います。


私たちの力が届かない、及ばない問題や事案に対しても

その力を持つ人々や団体に寄付と言う形で支援したいと思います。


このプロジェクトで実現したいこと

私は日本の動物業界は、まだまだボランティアや寄付、支援のもと成り立つ部分が大きいところがあると感じております。

ですが、私も出来ることはないかと思うばかりで

なにも出来ませんでした。

寄付したくても

そんなに多くの寄付はできない。

ボランティアも仕事や生活の都合もある。

私とおなじような思いを抱えている方がたくさん居ると思います。


上記に私たちが寄付すると有りますが

結局寄付をするのに

私たちを挟む必要があるのかと疑問に感じる方々がいらっしゃるかもしれません。

しかし、私たちがこのクラウドファンディングで集めたいのは寄付では有りません。

私たちと同じように何か出来ることはないかと思っている人たちの賛同であり

私たちが作りたいのはその思いを集め、力に変えるシステムです。

寄付となれば

少額だとあまり意味がなく感じてしまう。

かといって多額はできない。

でも何かしたい。

そんなとき、普段皆さんが購入するTシャツの1枚を僕たちのところから買ってください。

月1枚でも、年に1枚でも構いません。

皆さんはただ普段通り、Tシャツを買うだけです。

それが支援や寄付に繫がる。

特別なことはありません。

だから続けていけるのです。

私たちも皆さんも

出来る小さなことから始め

それを続けることで大きなことが出来るようになる。

それが私たちの目指すプロジェクトです。

資金の使い道

リターン制作費、送料:約40万円
リターン以外の制作費:約30万円
広報を兼ねたイベント費用:約45万円(3回分)
手数料:約30万円 (14%+税)

当面の運転資金:約30万円

残りも寄付や出来る形での支援や興行に使っていきます。


実施スケジュール

現在

Tシャツの作成、ネットショップの立ち上げ

7月上旬
順次リターンの送付

現在、コロナウィルスのため時期の断定が難しいですが

7月以降

収まっていれば

公園やドッグランをお借りし

しつけ教室や里親探しのイベント

ペットの悩み相談や健康診断等のイベントを行って行きたいと思います。


<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

最後に

何度も同じことになりますが

一人一人が出来ることを

たとえわずかでも何かを

この何かには皆さん一人一人の思いが入ります。

それを、願って

EVEN if~と言う名前をつけました。

私たちの、皆さんの力を集め、集め続けて

大きなものを作りませんか?

ご賛同、ご協力お願い致します。

チーム/団体/自己紹介・活動実績など

今回の発案者である私は動物専門学校に進学するも

動物業界に身を起き続けることはできず、以来、趣味として

ドッグスポーツを行ってきました。

それを見た方が興味を持って頂ければ

一つの関わりだと思ったからです。

寄付や支援を出来る立場になろうと思い仕事を続けて参りましたが

やはり大きなことはできないままです。

今回、コロナウィルスの拡大で

動物園の運営に支障が出たり

泣く泣くペットを手放す飼い主さんがいたり

予防接種や治療費の負担が難しくなる

寄付のもと成り立つ保護施設やボランティアをする余裕がなくなるなど様々な問題が起こり始めています。

行政や自治体もより財政難になり

そのしわ寄せは人だけでなく動物たちにも降りかかっています。

いつ落ち着くかわからない

必ずコロナの影響は動物にも有ります。

何か出来ることはないだろうかと思っていると

あるデリバリーピザの会社がピザと一緒に花を一輪持っていくと言うニュースを見ました。

わずかなことでも出来ることがある。

それをすることが大事なのだと思いました。

いまだ動物業界に身を置く仲間もそうでない仲間もたくさんいますが

動物がすきだったり

何かしたい気持ちだったりはおなじです。

皆様の中にも

何かしたいけども特別なこと、大きなことはできない、何か敷居を高く感じるという方がたくさんいらっしゃると思います。


どうかご賛同、ご協力

よろしくお願い致します。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください