日本の災害・病気・自死で親を亡くしたり、親に障害がある家庭の学生とアフリカの親を亡くした遺児学生のための奨学金支援をする。毎年行っている街頭募金は新型コロナの影響で中止となりました。皆様のご寄付がなければ奨学金が止まってしまう可能性があり、多くの学生の生活がさらに困窮してしまいます。

プロジェクト本文

あしなが学生募金は毎年春と秋の4日間ずつ、合計8日間にわたって行われています。しかし今回、新型コロナウイルスの影響で春の街頭募金活動が中止になってしまいました。


あしなが学生募金中止の記者発表(2月26日・東京都千代田区にて)

あしなが育英会の調査によると、遺児家庭の平均月収は14万6,380円(*1)となっており、生活保護受給率は12.8%(*2)に及びます。奨学金なしでは大学・専門学校の学費を捻出できる水準には到底達していません。

(*1)2018年奨学生家庭の生活と教育にかんする実態調査(主査・副田 義也=筑波大学名誉教授・社会学)

(*2)生活保護の被保護者調査(平成30年7月分概数厚生労働省)


そのため多くの遺児学生たちは、学費を奨学金で、生活費をアルバイト代で賄っています。しかし、学生のアルバイトはそのほとんどが接客業です。昨今の情勢のなかでアルバイトのシフトが日に日に削られ、思うように生活費を稼ぐことができなくなっています。

さらに、街頭募金の中止により奨学金の資金源確保にすら暗雲が立ち込めており、遺児学生とそのご家庭の多くが、並々ならぬ不安感を抱えながら日々を過ごしている状況です。

本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一 般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会が支援する遺児学生(日本・アフリカ)のための奨学金として使われます。※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります。

<All-in方式で実施します。>本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

はじめまして。あしなが学生募金事務局の宍戸優希(ししどゆうき)と申します。

「夢を持った学生たちの『進学したい』という想いを応援したい!」

その一心で学生募金の活動を行っていますが、今回の新型コロナウイルスの影響で、春の学生募金が中止となり、何もできない自分にもどかしい気持ちでいっぱいでした。

今回このプロジェクトを立ち上げたのは、街頭での募金活動ができなくても、進学や夢を希望している遺児学生たちを応援することを諦めたくない、と思ったからです。このプロジェクトには私の想いだけではなく、これから高校・大学・専門学校・大学院に進学したいと願っている遺児学生たちや、すでにこの奨学金を利用しながら学校生活を送っている奨学生たちの希望も乗っています。


現在、日本では7人に1人が ”貧困”といわれています。

実際私の周りには、友人が大学や専門学校への進学を決めるのを横目に見ながら、自分のやりたいことや夢を我慢して進学を諦めてしまう学生がたくさんいます。

私の友人に、進学を諦めてしまった子がいました。

彼女は成績優秀で進学を希望しており、指定校推薦で大学を選べる状況にありました。

しかし、家族と家計のことを考え自分の本当の想いに蓋をして、就職することを選択しました。

遺児学生や親に障がいのある家庭で育った学生たちにとって、「進学できること」は当たり前のことではありません。しかし彼女のように、夢を持ち、真剣に勉学に 励み、進学したいと思っている誰もが希望する選択肢にチャレンジできる社会こそ、本来あるべき姿だと思います。

一人でも多くの学生が、自分の想いに蓋をせず、やってみたいことにチャレンジできるような社会を目指し、みなさまお一人おひとりのご協力をお願いしています!



一般財団法人あしなが育英会より、年間活動報告書と受領証明書を発送いたします。(どちらも2021年2~3月頃に郵送にてお送りします)



私は高校生の時に父を交通事故で突然亡くしました。

報せを聞いてようやく父に会えたとき、父は既に棺桶の中に横たわっていました。

それをきっかけに変わってしまった生活。

母一人ではどうにもならない私の学費は、奨学金を借りることでなんとかなりました。

奨学金のおかげで大学に進学することができ、多くの人と出会い、さまざまな活動に参加することで、自分自身の視野が広がり、本当にやりたいことに気づくことができました。

「あの時、諦めていたら... 」

「これまで、この学生募金活動を続けようと思ってくれた方々や、私たちの活動を応援してくださったご支援者の方々がいなかったら...」

今、自分自身が置かれている環境を振り返ると、そんな気持ちが沸き起こってきます。

私も、みなさまが続けてきてくださった奨学金支援の活動を維持し、そして後輩たちの夢を後押しできる人でありたいと思います。

進学することは、ひとりの人生を変えるほど大きな可能性を秘めています。

全員が進学しなければいけないわけではありません。

しかし、誰かが「進学したい」という希望を持ったとき、それを叶えられる社会にしなければいけないと思っています。

私は、ご支援者の方々やこの活動を続けてきてくれた方々の支えがあったからこそ、奨学金を利用して進学することができました。過去の私と同じように苦しんでいる後輩のために、あしなが奨学金を止めるわけにはいきません。

私たちあしなが学生募金が行っている活動は、社会運動です。

私たちだけではなく、社会の多くの人の理解や協力があってはじめてこの問題を解決できると思っています。

一人でも多くの遺児学生たちの「進学したい」という希望が叶いますよう、みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします!


50年の歴史を持つ遺児支援のための募金運動団体で、学生だけで運営されています。毎年春と秋の4日間、全国約200か所で実施している街頭募金活動では、毎回のべ1万人のボランティアスタッフの参加があり、年間約2億5千万円の寄付を募っています。募金はすべて一般財団法人あしなが育英会へ寄付し、あしなが育英会の奨学金事業(国内奨学生事業・AAI事業)のために使われています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga-gakuseibokin.org/


病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした学生や、親に障がいがあり働けない家庭の学生たちを経済的・心理的に支援している非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。あしなが育英会の奨学金によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約6,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。


ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga.org/

『すべての遺児に教育の機会と 心のケアを 』というスローガンのもと、世界中から私たちの活動に賛同 ・支援してくれる100名のファンドレイザーを募集し、2021年3月までのキャンペーン期間中に100億円の寄付を達成することを目指す、グローバル・ファンドレイジング・キャンペーンです。このキャンペー ンのもと、日本だけでなく海外でも、大小さまざまなキャンペーンを実施していきます!個人でもグループでもご参加いただけます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください