Hello, TOJISHA guys! 当事者の皆さんこんにちは。TTMは都内で当事者研究をしている団体です。 運営赤字を±0にして当事者研究ミーティングを持続可能にすることを目標に投げ銭(募金)ツールとして導入しました。 提供できるものは「苦労」と「苦労の共有と研究」の場です。

プロジェクト本文

はじめに

Hello, TOJISHA guys!
当事者の皆さんこんにちは。
TTMは都内で当事者研究をしている団体です。
運営赤字を±0にして当事者研究ミーティングを持続可能にすることを目標に投げ銭(寄付)を導入しました。

解決したい社会課題

北海道浦河町『べてるの家』から始まった「当事者研究」は今や全国にネットワークを広げ、多くの当事者や専門家から熱い視線を浴びています。 特定の疾患や障害に特化したワークとして、あるいは、セルフヘルプグループのワークとして、当事者研究にもさまざまなスタイルがあり、いろいろな取り組みがされていますが、この会では、特定の疾患や障害に限定しない当事者研究をしています。
生きづらさを感じる当事者、疾病や障害に悩む当事者、辛かったことをいつまでも心に抱える当事者、職場の人間関係に悩む当事者、家族や愛する人に苦しむ当事者。人を支援する当事者。人を研究する当事者。
誰もが苦労の専門家になる。ある当事者の「困った!」をみんなで一緒に研究していく。 そんな当事者研究を一緒にやってみませんか。

このプロジェクトで実現したいこと

持続的な当事者研究ミーティングの実施です。

資金の使い道

Meetup・Zoomの登録料(固定費)
オフライン開催時のスペースレンタル代やコピー代の赤字分
GoodMorning/ソーシャルグッドカテゴリ手数料:14%+税

実施スケジュール

月に2回のオフライン開催をしてきましたが、現在オンラインで開催しています。
繋がりが失われがちな状況で、週に1回程度のペースで開催したいと考えています。

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

リターン

お礼文の送付とさせていただきます。

最後に

本会でやってみていることが「誰にでもできる」一例として、さまざまなシーンで当事者研究が可能になればよいなあと思っています。

団体紹介・活動実績など

TTMは都内で当事者研究ミーティングを開催しています。
2015年の発足後、おおよそ月に2回ペースで読書会+当事者研究の場を開催してきました。

・困りごとのカテゴリやジャンルによらない
・言いっぱなしでも聞きっぱなしでもない対話形式
・話された苦労はじゃかすか公開していく(その場だけで留めておくことも可能)

が特徴です。

https://www.meetup.com/Tokyo-TojishaKenkyu-MTG/
https://twitter.com/tokyotojisha
https://tokyotojisha.jimdofree.com/

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください