はじめに・ご挨拶




このプロジェクトで実現したいこと

2015年夏から、給食のない長期休暇中に貧困世帯の子ども達に無償で食品をお送りする取り組み「フードバンクこども支援プロジェクト」を実施しています。6年目となる2020年夏には、97校の小中学校と連携し、約750世帯1500人の子ども達に食料支援を実施しています。



この取り組みは、山梨県内の就学援助を受給しているお子さんのいるご家庭へ特定の市町村の教育委員会と連携をし、学校から申請書の配布を行い、希望されるご家庭に、7月に1回、8月に1回、12月に1回計3回食品をお送りします。12月には、食品とクリスマスプレゼントも一緒にお届けします。

このプロジェクトを実施することによって、浮いた食費を保険料やライフラインの滞納分に充てる、今後の学用品や日用品、おむつやミルク等を購入するなど、生活環境の安定や改善が期待できます。

今年は、新型コロナウイルスで家計に多大な影響を受けているご家庭が多く、さらに学校の休校措置を受けて、3月にも緊急食料支援を行いました。その中で実施したアンケート調査によると約7割の家庭が「経済的に困っている」とし、約3割の家庭が「精神的に困っている」と回答しました。具体的な理由として、「経済的に困っている家庭」は、仕事を休まざるを得ない状況となってしまったことによる収入の減少、子どもの休校により光熱費などの支払い増加があげられ、「精神的に困っている家庭」は、仕事の見通しが立たないことへの不安、切り詰めた生活でストレスを抱えていることが明らかになりました。

アンケート結果はこちら

今年の食料支援は昨年度より申請家庭が増加。「助けて」と声を上げる家庭がとても増えました。給付金10万円がもらえても、生活が変化することはないのです。まだまだ困っている家庭がたくさんあります。


支援を受けている方からの返信ハガキ


また、11月には乳幼児がいるご家庭を対象とした「乳幼児応援プロジェクト」を実施します。食品とお子さんに合わせたミルク、オムツをお届けします。私たちが支援する「ミルクが買えずに代わりに麦茶を飲ませた」といったご家庭では今回のコロナ禍で多大な影響を受けています。


コロナ禍の乳幼児のいる世帯への支援の様子

このようなことから今年のクリスマスは、例年のクリスマスに比べ、より苦しいクリスマスを過ごすご家庭が多いことが予想されます。今回購入するクリスマスプレゼントを贈ることによって『あたりまえのクリスマス』をお手伝いし、たくさん我慢してきた子どもたちへの思い出としてあげたい・・・。クリスマスプレゼントは、おもちゃや洋服などを購入できる子どものための「商品券」です。子どもの年齢や性別、好みもそれぞれのため、好きなものを選べるようにしました。


私たちが手を差し伸べたい方々のお声を紹介します。

●食料品をたくさん買うことができなくて、おやつもたまにでしたが、食料支援を受けて子どもが嬉しくて喜んでいます。

●精神的に本当に救われました。今までならオムツ等のストックもできていたのですが、それもできずぎりぎりの状態での生活。オムツや食料を送ってくださり、「生きる!」って前向きにもなれました。

●私たちのことを気にしてくれる人がいる。支援してくれる方がいると「1人ではないんだよ」って言ってもらえるように私は思えて、日々必死すぎて孤独感しかなく、荷物が送られてくると「1人じゃない」と思わせてもらっています。

●このような形で沢山の方の支援を感じ、心温まる思いです。私も子どもも「いつか自分たちの生活にも余裕ができた時には困っている人を助けられたらいいね。」と話しをしました。経済的にも、精神的にもとても支えになっています。


私たちと一緒に誰かの支えになってみませんか?
子どもたちの笑顔を増やすには、皆さまからのご協力が必要です。


目標金額 2,000,000円

内訳

 貧困世帯のこどもたちへのクリスマスプレゼント

  1人1,000円相当のこどものための商品券 1,500人分 = 1,500,000円

 ミルク・おむつ 購入費

  1人3,500円相当 こども100人 × 3,500円 = 350,000円  

  運送費

  1箱 600円 × 850世帯  = 510,000円

 合計 2,360,000円 

  内200万円をクラウドファンディング目標金額とさせていただきます。 


箱を開けて大喜びする子どもさん


貧困の連鎖を断ち切りたい!!
あなたも子ども達のサンタになりませんか??
あなたのご寄付で 子どもたちに当たり前を。

 

フードバンク山梨

2008年10月に設立し、今年12年目を迎えています。設立当初は食品ロス削減が目的でしたが、活動を進める中で、明日の食べ物にも事欠く子どもの貧困を知り、現在では子どもの貧困対策はフードバンク山梨の大きなミッションの一つとなっています。

~受賞歴~

2014年 第一回食品産業もったいない大賞審査委員会委員長賞受賞

2016年 関東商工会議所連合会長表彰(ベスト・アクション表彰)

      あしたのまち・くらしづくり活動賞振興奨励賞受賞

      2016年度グッドデザイン賞受賞

2017年 第22回NHK関東甲信越地域放送文化賞受賞

     第2回賀川豊彦賞受賞

2018年 あしたのまち・くらしづくり活動賞主催者賞受賞

2019年 エクセレントNPO大賞課題解決力賞受賞

     博報財団 教育活性化部門 文部科学大臣賞受賞

     よみうり子育て応援団大賞 選考委員特別賞


●ホームページはこちら


「個人が非営利の特定の法人に対し、事業に関連する寄附をした場合には、 所得税(国税)の計算において、寄附金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けられることがあります。税制上の優遇措置がこのプロジェクトにあるかどうか、また優遇措置の試算の詳細は当団体にお問い合わせください。

※「寄附金控除」「税額控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、当団体が発行した「領収証」の提出が必要となります。領収証は年に一度、確定申告時期にお送りしています。すぐに領収証が必要な方はご連絡ください。
※領収証はGoodMorning又はCAMPFIREではなく当団体が発行・郵送いたします。

 

<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2020/09/17 16:21

     9月14日(月)にフードバンク山梨ひまわり支所が開所しました。この新支所は、未だに支援を待つ山梨県内の方々へ幅広く手を差し伸べられるよう、事業の充実をはかるために開所しました。当日は、来賓の皆様から祝辞を頂戴しくす玉開きを行いました。 同日には、コロナ禍の子どもたちへクリスマスプレゼントをお...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください