私達について

初めまして、こんにちは!私達のプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

私達WAKKA(ワッカ)は京都府、立命館宇治高等学校IMコースの3年生7人組です!WAKKAのロゴWAKKAのロゴ

チームWAKKA

立命館宇治高校のIMコースでは、課題研究型学習の一環としてGLS(Global Leadership Studies)を3年間に渡り実施しています。高校3年生では、自分が解決したいと思う社会問題に焦点を当て、問題解決に向けてアクションを起こしています。WAKKAは2016年、IMコースの先輩方が発足させたチームで、東南アジアの教育支援を目的として、金銭的・地理的に就学が困難な学生をサポートしています。今年は、坂雲寮という、経済的な事情で、勉強に熱心であっても高校に進学できないラオスの学生が集う寮を支援することを決めました。(坂雲寮の詳細は後述)


ラオスについて


ラオスは、東南アジアのインドシナ半島に位置する内陸国です。

人口は約700万人、ラオ族が60%を占め、その他中国系、インドネシア系など60以上の民族が暮らしています。

公用語はラオス語で、こんにちはをラオス語で「サバイディー」ありがとうは「コープチャイ」と言います。

全人口の60%は仏教徒であり、首都ビエンチャンでは、仏教寺院が多く存在します。


○ラオスの教育問題について

 フランス植民地時代から、教育を受けることができるのは一部の限られた人々で、今現在もラオスの教育環境は良いとは言えません。そのためラオスは、後発開発途上国からの脱却を目標に掲げ、教育スポーツ省は「万人のための教育」を達成するための教育政策と、それに基づく教育計画の策定を進めています。これらの成果として、2005-2006年に84%だった初等教育の純就学率の全国平均値は、2015年には98.5%に達しています。しかし、いまだに、都市と地方の教育格差は大きく、十分な教育を受けられていない子供が多くいます。ラオスの高校進学率は46%であり、日本の高校進学率98.8%と比べると、その差はとても大きいことが分かります。その原因として以下のことが挙げられます。


教育を受けられないことによって将来の選択肢が狭まれ、下図のように負の連鎖が続きます。



坂雲寮について

坂雲寮とはNGOクワトロ(https://ngoquatro.org/)が立ち上げた学生寮です。ラオス南部の都市、パクセに位置し、地方に住む経済的に余裕のない家庭の子供達を支援対象としています。日本語教育も行っており、日本への興味を持つ生徒が多いことが特徴です。現在、約20人ほどの生徒が住んでいます。WAKKAは目に見える支援を目的としており、1人でも多くの生徒を支援することを目指しています。坂雲寮の生徒とは、本校IMコースの先輩方が交流を深めてきたこともあり、私たちも彼らに支援をしようと決めました。

坂雲寮の外観


坂雲寮生



















クラウドファンディングを通して

NGOクワトロとのインタビューを通し、坂雲寮では1人の生徒が生活するためには1年間で約3万円必要なことを知りました。坂雲寮の生徒の学費や生活費をサポートすることで、金銭的な事情で進学を諦めるラオスの子供を1人でも減らしたいと私達は考えています。

この数年、学校が所在する宇治市のイベント等に参加をし、ベイクセールを行い、支援金を集めることができていました。しかし、今年は新型コロナウイルスの影響もあり、例年通りの活動を行うことが不可能となってしまいました。この状況下だからこそ、今、私達にできることを考え、クラウドファンディングを実施しようと決めました。


応援メッセージ

アイ・シー・ネット株式会社 グローバル事業部 

芦田加奈様

コロナ禍であっても、今の自分たちが最大限できることを自分たちで考え、選択し、そしてアクションを起こし続けているWAKKAの皆さん。このクラウドファンディングという新たな挑戦も心から応援します。応援することで、私も坂雲寮を運営するNGOクワトロ、そしてラオスに少しでもお役に立ちたいと思っています。



資金の使い道・スケジュール

○資金の使い道

本プロジェクトはNGO クワトロとの共同で運営するプロジェクトとなっております。集まった資金をNGOクワトロを通して、坂雲寮に住んでいる生徒、全20名の3ヶ月分の生活費に充てます。


○実施スケジュール

2021年 1月       プロジェクト終了

        2月下旬 全てのリターン品発送終了



リターンについて

全てのリターン品にWAKKAからのお手紙(名前記入)、坂雲寮生からのビデオメッセージが含まれます。

※名前の記載が不要な場合は、備考欄に掲載不要とお書きいただき、必要な場合は必ず備考欄にご希望のお名前をご記入ください。

   1000円  ラオスコーヒー ドリップバッグ 10g×2袋

   2000円  ラオスコーヒー ドリップバッグ 10g×4袋 
  

   3000円    ラオスコーヒー豆 200g 1袋 (ティピカ or カトゥアイ)

         ラオスコーヒー ドリップバッグ 10gx4袋 

   6000円  ラオスオリジナル工芸品 400円相当

          ラオスコーヒー豆200g 1袋 (ティピカ or カトゥアイ)

                          ラオスコーヒー ドリップバッグ 10gx4袋                         

     8000円      WAKKAオリジナルTシャツ(S, M, L, XL)

            ラオスコーヒー豆200g 1袋 (ティピカ or カトゥアイ)

                          ラオスコーヒー  ドリップバッグ 10g×4袋

   10000円   WAKKAオリジナルTシャツ(S, M, L, XL)

                          ラオスコーヒー豆 200g 2袋 (2種を1袋ずつ、もしくは1種を2袋ずつでも可)

                          ラオスコーヒー  ドリップバッグ 10g×4袋


        

ティピカ:なめらかな舌触りで香りが強く上品な酸味と甘みを兼ね備えている。他の品種に比べ生産量が少なく希少価値が高い。


カトゥアイ:安定した味にほんのりとした甘みも感じる。軽くて飲みやすく、酸味やコクのバランスが取れている。

 

最後に

最後までご覧いただきありがとうございます。私達、WAKKAは1人でも多くのラオスの子供たちに教育の機会を与えることを目標としています。そして、教育を受けることによって将来の選択肢を増やし、彼らの可能性を広げることができると信じています。成績は優秀だけど家庭事情により高等教育が受けられない坂雲寮生の教育支援をすることで、彼らの将来の可能性を広げます。彼らの将来のために、皆様のサポートが必要です。今、あなたにできること。皆様のご支援で坂雲寮生に笑顔を。プロジェクト達成のため皆さんのお力添えをいただけますと幸いです。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


  • 2021/02/06 18:44

    Wakka Projectをご支援いただきありがとうございました。1月22日までに107名の方々から合計531,500円の支援をしていただきました。心より感謝いたします。600,000円というセカンドゴールには届きませんでしたが、100人を超える方々に支援していただくことができ、メンバー一同嬉...

  • 2020/12/04 13:22

    皆さま支援してくださりありがとうございます。12月3日に40万円という目標を達成することができ、坂雲生全員の生活費1ヶ月分以上の費用を寄付できることになりました。そして私たちは次の目標を60万円に設定しました。この目標を達成することで、坂雲生全員の生活費2ヶ月分の支援をすることができます。また...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください