◆はじめに・ご挨拶◆


皆様はじめまして

私はバリ島在住(ヌガラ出身)のEKAと申します。

プロジェクト代表


故郷の友人と共にチームヌガラを結成し、貧困世帯•困窮世帯に物資を届ける支援活動をしています。





バリ島はコロナの影響を受け、昨年4月から観光客がいなくなりました。今年4月に入り、7月から観光客受け入れ予定とあり少しずつ明るい光が見えてきていたところでしたが、6月から7月に入りインドネシア全体のコロナ感染者数が急激に増え、ここバリ島は観光客受け入れ再開とはなりませんでした。そして7月に入り感染拡大のため、緊急活動制限が発令され今まで以上に規制が厳しくなりました。ショッピングモールは閉鎖、ビーチは立ち入り禁止、店、飲食店、市場も規制されどんどん閉鎖的環境になってきています。


長引くコロナ禍、失業し収入をなくし毎日食べていくにも厳しい状況の人がいます。そして子供にミルクを買えない家庭もあります。

困窮者の中には年老いた人もいます。

僕達はヌガラを拠点とし物資支援活動をしてきました。

今の状況が変わらなければ、これまで以上に貧困層が増え、困窮する世帯が増えてくると思います。

これまでの活動を継続していきたい!!

僕達は食糧ミルクの物資を届けたい!!



どうか皆様、僕達の活動に力を貸して下さい!!



今回Ekaさんとの共同のプロジェクトで、立ち上げから申請までサポートさせていただきましたイガラシです。ここバリ島では長引くコロナ禍で困窮する世帯が増えてきました。そんな中、彼らは海外に住む友人から支援金を預かり、困窮世帯に物資を届ける活動をしてきました。限られた物資は困窮する人たちに確実に届けられてきました。しかし状況が変わらない今、継続的な支援と新たな困窮世帯への支援が必要だと彼らは言います。

このプロジェクトは法人ではなく個人での活動になります。資金の調達は容易ではございません。彼らの食糧を届けたい子供にミルクを届けたいという彼らの思いを皆様にご理解いただけたらと思います。

本当に厳しい状況が続いています。

1支援でも多く、困窮する世帯に物資が届けられることを願っています。

私はこれまでの彼らの支援活動には参加していませんでしたが、今回のプロジェクトでは私も彼らと一緒に支援活動に携わっていこうと思っています。

どうか皆様、チームヌガラの物資支援活動に応援ご協力宜しくお願い申し上げます。

イガラシ







■■僕達の物資支援活動ではこのような方に届けられます■■
困窮していても声をださない人がいます。
貧困を恥ずかしいと思っている人がいます。
助けを求めたいけれども声をあげてこない人がいます。
◎貧困層の年老いた人。
◎失業して収入を無くした世帯。
◎僅かな収入しかなく困窮している世帯。
◎ミルクを必要とする小さなお子様がいる困窮世帯。

■僕たちは、SNS•地域に住む友人と情報を共有し、物資を必要とする貧困世帯•困窮世帯に配布していきます。



   【配布予定物資】


物資購入協力店 Clandy's


■目標達成した際の支援物資

食糧:300セット•米:300袋=300世帯分

ミルク:300個=150人分

※食糧セットと米はセットで配布します。

※ミルクは世帯1回あたり2~3個配布します。


■物資の配布エリア

これまで活動の拠点としてきたヌガラ地区を含め、タンジュンブノア地区他


■配布時期

10月•11月•12月予定

※継続支援をしていきます。但し、新たに支援が必要な世帯がある場合は物資を調整し配布いたします。





現在のバリ島

世界中で感染者数が増え終息しない新型コロナ。インドネシアバリ島、昨年4月以降外国観光客がいなくなり観光地はどこも閑散としています。

コロナ禍、インドネシア全体で感染者が急激に増え、7月に入り今まで以上に規制が厳しくなり緊急活動制限が発令され、ショッピングモールは閉鎖、ビーチは立ち入り禁止、店、飲食店、市場も規制されています。(8月12日現在)


かなり深刻な状況です。


私の住むヌサドゥアエリアのタンジュンブノア地区も、ホテルやマリンスポーツで働いていた人の多くは失業しました。町は人通りも少なく静まりかえっています。

故郷から観光地に出てきて働いていた人たちの多くは失業して故郷に戻りました。ただ故郷に戻ったからといって仕事につきことは容易なことではありません。

食べていくために車を手放した友人もいます。奥さんがランドリーの手伝いをし1日200円の収入で家族4人食べている世帯。僅かな収入で食べていくのが精一杯で子供の学校の学費が払えない世帯もあります。

昨年から状況が一変し、みんなどうやって食べていこうか模索しながら生きています。

そんな中、昨年海外に住む友人から困窮世帯に物資が届くようにと支援金が送られてきました。

僕達は故郷の仲間でチームをつくり、預かった支援金で、食糧•ミルクを必要とする困窮世帯をSNS•地域に住む友人と情報を共有し、物資を届ける活動をはじめました。



長引くコロナ禍、ミルクを必要とする子供たちがいます。生きるために食糧を必要とする人たちがいます。



これまで4回に分けて物資を届けてきましたが、十分な物資とはいえませんでした。まだまだ足りていませんでした。


コロナ禍、先がみえない状況ではこれまで以上に貧困層が増え、困窮する世帯が増えてくると思います。

1度限りの支援ではなく長期的にみて継続的な支援が必要です。ミルク•食糧物資が必要です。

しかし預かった支援金すべて物資の支援活動で使い切り、継続して活動をしていくための物資を調達する資金がありません。


継続的な支援と新たな困窮者への支援のため、

僕達は物資を届けたいです!!

届けなければなりません!!

なぜならみんな生きるために........


本当に厳しい状況が続いています。

どうか皆様、僕達チームヌガラの物資支援活動に力を貸して下さい。





海外に住む友人から日本円換算にして約25万円を支援金として預かり、ヌガラを拠点に4回に分けて貧困世帯•困窮している世帯に物資を届ける活動をしてきました。

(最終活動日7月6日)


《配布済物資》

ミルク 150箱

米5kg~10kg 200袋

食糧 30セット



《活動の様子》






※掲載写真の転載はお控えお願いいたします。






※予定支援物資にかかる費用(プロジェクト達成時)

ミルク30万円•米30万円•食糧セット24万円

(金額に差異が生じる場合がございます)






◎物資支援活動の流れにつきまして、プロジェクト終了後、支援者様からご協力をいただきました支援金は、キャンプファイヤーを通じ、クラウドファンディング手数料を差し引いた金額を一旦共同プロジェクト者の日本の口座に入金させていただきます。その後インドネシアのプロジェクト代表に海外送金いたします。

お預り金からリターン返礼品•リターン返礼品配送費用•諸経費を差し引いた分を支援物資購入に充てさせていただきます。

支援活動に際し支援者リストを作成し、お預りした支援金で物資を購入。メンバーで配布活動を実行します。

10月•11月•12月配布予定

しかし今の状況ではすぐにでも物資を必要とする人がいますので、プロジェクトの終了を待たず前倒しで共同プロジェクト者個人の立替で9月中の配布を検討しています。

※つきましては活動報告書内でご報告させていただきます。


◎リターン品につきましては、プロジェクト終了後10月に、共同プロジェクト者のイガラシさんに準備をしてもらい、リターン品のメール及び商品発送手続きの実行に入らせていただきます。

※リターン返礼商品につきましてはバリ島から国際郵便での発送になりますので、発送手続き後お届けまで2週間~3週間ほどかかります。国際郵便事情により遅延する場合がございます。予めご了承下さい。



※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。




◆リターンについて◆

■1000円■

《感謝のお気持ちメール 》

感謝のお気持ちをメールにてお送りさせていただきます。


■2000円■

《キーリングチャームと感謝のお手紙》

バリ島をイメージして制作した淡水パール付オリジナルキーリングチャームです。
全長 : 10cm

※バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2~3週間かかりますがあらかじめご了承下さい。
※ご支援者様の送料負担はございません。


■4000円■

《花型プレート•ボウル(2点セット)と感謝のお手紙》

すべて職人のハンドメイドにより作られたものです。職人の支援に繋がります。

※一つ一つ木目が異なりますが予めご了承下さい。

花型プレート:直径約20cm

花型ボウル:直径約17cm

チーク材使用

※プロジェクト終了後、バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2~3週間かかりますがあらかじめご了承下さい。

※ご支援者様の送料負担はございません。


■5000円■

《pandiTシャツと感謝のお手紙》

ウブドの画家PANDI氏のオリジナルTシャツです。

今回特別にリターン品としてご協力をいただきました。

(限定50) 

サイズ : M•L (サイズを備考欄にご記入下さい)

カラー : ブラック

前後プリントあり

※バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2~3週間かかりますがあらかじめご了承下さい。

※ご支援者様の送料負担はございません。



彼らの活動を応援します!!


イガラシさんの友人、ウブドの画家PANDI氏がキャンパスに描いた絵がTシャツに!!

ご協力いただきました。


■5000円■

《ハート型プレート(4点セット)と感謝のお手紙》

すべて職人のハンドメイドにより作られたものです。職人の支援に繋がります。

(大1•中1•小2)セットのお届けになります。

※一つ一つ木目が異なりますが予めご了承下さい。

ハート型プレート大:直径約20.5cm

ハート型プレート中: 直径約17.5cm

ハート型プレート小:直径約15cm

チーク材使用

※プロジェクト終了後、バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2~3週間かかりますがあらかじめご了承下さい。

※ご支援者様の送料負担はございません。


■6000円■

《バリ島伝統イカット(サロン)1枚と感謝のお手紙》

伝統絣織りイカットは正装の際に使用されるサロンです。

エカさんの妻の故郷クルンクン県で織られたイカットをお届けいたします。

※色•柄はおまかせでお選びいただけませんので予めご了承下さい。

※写真と異なるデザインのお届けとなる場合がございます。予めご了承下さい。

※プロジェクト終了後、バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2〜3週間かかりますが予めご了承下さい。

※ご支援者様の送料負担はございません。


■6000円■

《ねずみ型プレート(2点セット)と感謝のお手紙》

すべて職人のハンドメイドにより作られたものです。職人の支援に繋がります。

※一つ一つ木目が異なりますが予めご了承下さい。

ねずみ型プレート大:全体直径約29cm

ねずみ型プレート小:全体直径約23cm

チーク材使用

※プロジェクト終了後、バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2~3週間かかりますがあらかじめご了承下さい。

※ご支援者様の送料負担はございません。


■8000円■

《ミシン刺繍ベロア地トートバッグと感謝のお手紙》

オリジナルミシン刺繍が施された、キュートで職人の温かみを感じさせてくれるバッグです。刺繍職人の支援に繋がります。

※カラフルな刺繍の色は、バッグによって配色すべてが異なります。(刺繍の色はおまかせとなりますのであらかじめご了承下さい)

※すべて一点一点ハンドメイドで制作しています。チャコールペン跡(手洗いで取れます)がある場合がありますが、あらかじめご了承下さい。

カラー: ブラック

サイズ : W40cm×H40cm • バッグ底からショルダー上まで64cm • 内ポケット1

※プロジェクト終了後、バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2~3週間かかりますがあらかじめご了承下さい。

※ご支援者様の送料負担はございません。


■10000円■

《感謝のお気持ちと僕達の支援活動写真》

リターン商品はいらないけど、僕達の活動をとことん応援したい支援者様向けのコースとなります。

感謝のお気持ちと活動写真をメールにてお送りさせていただきます。


■12000円■

《ミシン刺繍パイル地トートバッグ(特大)1点と感謝のお手紙》

オリジナルミシン刺繍が施された、キュートで職人の温かみを感じさせてくれるバッグです。刺繍職人の支援に繋がります。

※クリーム•モカ2色からご希望のカラーを備考欄にご記入下さい。

※カラフルな刺繍の色は、バッグによって配色すべてが異なります。(刺繍の色はおまかせとなりますのであらかじめご了承下さい)

※すべて一点一点ハンドメイドで制作しています。チャコールペン跡(手洗いで取れます)がある場合がありますが、あらかじめご了承下さい。

カラー:クリーム•モカ

イズ : W46cm×H46cm •マチ 17cm• バッグ底からショルダー上まで70cm•内ポケット1・外ポケット2

※プロジェクト終了後、バリ島から国際郵便にてお送りいたします。発送手続き後、お届けまで2~3週間かかりますがあらかじめご了承下さい。

※ご支援者様の送料負担はございません。




最後に

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

僕達はこれからも継続し活動をしていきたいです。

みんな生きるために......


どうか皆様、食糧ミルクを届ける僕達の活動を応援して下さい!!

よろしくお願い致します。


チームヌガラ一同



今回のプロジェクトはバリ島在住の20年来の友人イガラシさんに、僕達の活動を話し、どうしたら活動を続けていけるかを相談したところ僕達の活動に共感いただき、その中でクラウドファンディングの話を聞き、支援活動を継続していくために挑戦したい旨を伝え、プロジェクトページの日本語翻訳と申請をサポートしてもらい実現した、共同で立ち上げた物資支援プロジェクトです。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください