はじめまして

ドミニカ共和国に在住している岡崎みほです。
ドミニカ人と結婚して6人の子供を育てています。

ドミニカ共和国はカリブ海に位置する島で、
コロンブスが初めて上陸した島でもあります。

経済的には裕福ではありませんが、陽気で明るい人々が住んでいる国です。

ドミニカ共和国の国旗

現地の様子

 今回ドミニカ共和国の首都サントドミンゴの北に位置する、ビジャメジャという地区のラス・マルビーナスの自治会の支援をするため、クラウドファンディングに挑戦することにしました。支援金はラス・マルビーナスの自治会によって、子供たちが利用するスポーツ施設の修復費用に使われます。


プロジェクトをやろうと思ったきっかけ、ストーリー
’’あの子、警察に捕まったって…’’

 ある日、家に帰ってくると、隣の家の子が麻薬の売買で警察に捕まったという話を町の人達が話していました。20歳の若い青年でした。

その青年は私の家の二軒隣りに住んでいたため、小さいころからよく知っている子でした。その家の子供たちは私の子供たちと年が近かったので、よく遊びに来ていました。その家の子どもたちが遊んで帰ると、1つ、2つおもちゃがなくなっていることがありました。彼らは母子家庭で、貧しい生活をしていたのです。

警察に捕まってしまった青年は、小学校の低学年のときはちゃんと制服を着て、学校に行く姿をよく目にしたのですが、途中から行かなくなったようでした。ドミニカ共和国では珍しい話ではありません。

ドミニカの小学生の子供たち

ドミニカ共和国では失業率が高いため、昼間から道端でブラブラして時間をつぶしている若者がたくさんいます。彼のように学校を卒業できず、家庭環境が難しい子供たちは、悪い大人に声をかけられて犯罪に巻き込まれるケースがたくさんあります。

そうして麻薬の売人になり犯罪組織に関わると抜け出すのは難しく、ドミニカ共和国の警察は犯罪者を検挙するときには発砲をためらわないので、下手をすると死んでしまうこともあります。

ドミニカ共和国の子供たちは明るくてとてもエネルギッシュな子どもたちです。子どもたちのパワーが良い方に向かう方法、それぞれの才能が発揮できる方法がないのか考えるようになりました。


”町に一つのバスケットコートを”

青年の教育に関わる活動を探していると、ビジャメジャにあるラス・マルビーナスという町でベルナルドさんと出会いました。彼は町の自治会で文化スポーツ部の部長をしながら、青年たちの育成のためにバスケットとバレーのコートを作り、管理しています。

ベルナルドさん

5年前自治会で話し合って、もともと一般道路として使われている場所にコートを作りました。それまではバスケットコートなど見ることもできなかった子供達に自由に走りスポーツができる場所ができたのです。

ベルナルドさんがスポーツができる場所を作ったのには子供達を非行から守りたいという思いがありました。




青年たちが非行に走らず、
自分たちの才能を開花させられる環境を作りたい
’’13歳のお母さん’’

ベルナルドさんは13歳前後で妊娠してしまう女の子たちを特に懸念されていました。ドミニカ共和国では未成年女性(12歳〜19歳)の100人に22人がを妊娠経験しています(世界銀行調べ)。

ドミニカ共和国はカトリックの国であるため、少女たちは妊娠しても中絶をしません。また、若く妊娠した子どもたちは結婚もしていないので、ほとんどの場合が自分の親に頼りながら産んだ子どもを育てるしかありません。そうして学校も続けられなくなってしまいます。


ドミニカの教育環境

ドミニカ共和国の学校は日本の学校に比べ授業内容、時間共に子供たちにとって十分なものとはいいがたい状況です。教えられている科目も主要科目がほとんどで、体育や音楽、芸術を学ぶ機会がない学生がほとんどです。

日本であれば部活や塾など、課外活動が豊富にありますが、ドミニカ共和国の子供たちは学校が終わってからはすることがありません。特に貧困地域では、時間とエネルギーを持て余した若者に犯罪の犯罪の誘いがかかります。

ラス・マルビーナスの自治会が運営するコートは安全な場所であり、青年たちの溢れるエネルギーを発散させる場所、才能を開花できる場所です。


ドミニカ共和国の中学校の様子

このプロジェクトで実現したいこと

ラス・マルビーナスにあるバスケットコートは2015年に自治会によって作られたのですが、現在バスケットゴール一つが壊れ、バレーコートのポールが盗まれてしまったために、今は一つのバスケットのゴールがあるだけです。遊べる人数が限られてしまうため、80人ほど来ていた若者が30人くらいに減ってしまいました。

ラス・マルビーナスは比較的貧しい町なので他にスポーツができる場所がなく、このコートは町に唯一のコートになります。しかし運営費が乏しいために直すことが出来ずにいます。

そこで私たちは皆さんに支援をしていただき、以下の設備を整えたいと考えています。

・バスケットゴールの修復
・バレーボールコートの修復
・施設の照明の設備


プロジェクトを通して実現したい変化

・青年たちを非行から守る、パワーを発散させる(居場所をつくる)
・スポーツをする機会をつくる(青年たちの才能を育てる)


資金の使い道

1.バスケットコート設置費:116,000円

-バスケットゴール、コート塗装

2.バレーボールコートの設備費:68,000円

-ポール,ネット設置、コート塗装

3.施設の照明の修理費:25,000円

-ランプ、電気のコード等

4.スポーツ施設備品、その他:15,000円

-バスケットのネット,バスケットボール、現地への送金代等

5.Campfire利用手数料( 9%):23,220円

6.リターン準備料金(送料、アクセサリーの材料等): 34,000円


<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


実施スケジュール

2月末日:クラウドファンディング終了

4月:設備修復作業開始

7月:修復作業完了

8月:活動報告書、リターンお届け

最後に

 スポーツ施設を通して子供達へ彼らの居場所と多くの夢、可能性を与えたい。2021年は私たちにとっても彼らにとってもきっと素敵な年になるでしょう。たくさんの方々のご支援お待ちしています。


自己紹介・活動実績

今回はクラウドファンディングのサイト作りや企画などのために私以外に知人の3人の若いメンバーに協力してもらいました。

岡崎美保

24歳でドミニカに渡り今年でドミニカ共和国在住25年目になります。
小学校での本の読み聞かせなど日々ボランティア活動をしながら6人の子供達を育てています。

金娥延さん
早稲田大学卒業後外資系メーカーに勤務

石井香珠さん
慶応義塾大学卒業後出版社に勤務

佐藤友香さん

恵泉女学園大学 日本語日本文化学科 在学中

クラウドファンディングの活動は初めて四人でZoomで会議をしながら取り組みました

責任感を持って最後までPJTを進めていきます!

  • 2021/04/06 10:00

    【日本の運営チームからの活動報告です】皆さま、お元気にお過ごしでしょうか?私たちは先日、アクセサリー作りをしました。今回は少し難易度の高いアクセサリーの作成に取りかかりました!テグスという透明な糸を使って、ビーズを編んでいきます。とても細かい作業なので、「目が悪くてよく見えません!」という声も...

  • 2021/03/14 22:42

    【日本の運営チームからの活動報告です】私たちがいる東京は、温かい春の光を感じる季節になりました。皆さまはいかがお過ごしでしょうか。今日は、皆さまにリターンとしてお送りする〝アクセサリー〟を日本の運営チームで集まって作りました!制作に必要なパーツや道具を準備して、さっそく作るぞ!と思いきや、、、...

  • 2021/02/27 00:03

    プロジェクトの支援募集終了まで残り1日となりました!ドミニカ共和国のベルナルドさんに目標金額を達成したとお伝えしたところ…若者たちを集めて、バスケットコート・バレーコートの掃除や測量をしてくれました!新しいコートのオープンセレモニーの話をしたりと、とても盛り上がっています!!支援金がドミニカに...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください