ここまでページをご覧いただきありがとうございます。

はじめまして、グッナイ小形といいます。

東京都内を中心にシンガーソングライターとして音楽活動を行っています。

今回、あしなが育英会 Ashinaga Global 100 Challengeに賛同して

ファンドレイザーとしてクラウドファンディングに挑戦させていただくこととなりました。

写真©小岩井ハナ


◎本プロジェクト参加の経緯

僕は、北海道に生まれ、育ちました。幼少期から音楽に触れて生活してきましたが、まさか自分が本当に音楽をすることなんて思いもしませんでした。

転機は、24歳の時です。学生だった僕は、やりたいことが全てうまくいかずに、未来に希望が見えない時期がありました。夜に眠れず、外に出ても人が怖くてどこにも行けず、小さな喫茶店で毎日のように燻っていた時、1970年代に活躍したフォークシンガー「友部正人」さんを聞きました。美しい日本語とすべて包み込んでくれるようフォークの優しさに大きな感動を覚えた僕は、初めてアコースティックギターを手に取ってその人の曲を歌うようになっていました。

すぐに自作の曲を制作して、緊張しながら初めて人の前で歌ったステージを今でも鮮明に覚えています。自分の作った楽曲が、自分の声に乗って人の心に届く喜びは、今までの人生の中でいろいろなことに挑戦しようとしたけれど、そのどれとも違う達成感と喜びでした。24歳という決して音楽を始めるには早くない年齢でしたが、必死にギターを練習して、飛び出すように東京にやってきて、音楽を続けています。今ではレコード会社から全国流通のCDが発売され、少しずつ夢に近づいている毎日に充実感と使命感を持ちながら暮らしています。


◎本プロジェクトで実現したいこと

 僕が音楽を始めて、東京に行こうとした時、いろんな人が驚いた顔をしました。突然24歳のなんともない学生が、音楽をやるという選択をしたのですから。たくさんの人は応援してくれましたが、中には苦言を呈する人だってたくさんいました。「そんなに甘い世界じゃない」「なめるな」そんなことをたくさん言われました。東京に行ってからも、駅前で路上ライブをしていても「へたくそ!」と怒鳴られたりすることだって。何をやっても中途半端だった自分だったから「音楽も途中で終わるんじゃないか」なんていつも不安でした。でも、ずっと自分の音楽をやっていると、自分は変わらなくても周りの人たちの反応がどんどん変わってくるんです。いつの間にか多くの人に僕の唄が届いて「いいうたをうたう人」とたくさんの人に言われるようになりました。

 僕にとっての「音楽」は、こびりつくようにやめられないものです。いい歌を作りたい、それが全ての生活に向くようになれば、毎日音楽を考えながら暮らすことが本当に楽しくてしょうがない。やめたいと思ってもやめられないこと。それに出会えたことは本当に自分の中で誇りです。同時に、どんなに反対されても、自分がこれだと思うことを続けることができたことがよかった、と思うのです。自分の人生を自分で選択できたこと、それを覚悟をもって続けることができること、それが僕の音楽活動の原点だと思っています。

 僕は、僕の経験してきたことしか言えないのだけれど、誰だって夢を見てそれに愚直に努力する権利はあると思うし、それで苦しんでいる人たちがいるなら、手を取り合って一緒に夢を見れたらいいなと、とても思います。僕が喫茶店でフォークソングに出会ったように。日々の中で人生を変えるような瞬間が誰にでも平等に訪れてほしいし、それに出会ったとき、なんの迷いもなくそれに飛び込んでいけるような若い人で溢れる世界になればとてもいいと思います。

 まだまだ、売れてもいないフォークシンガーですが毎日がとても刺激的で楽しい。夢を見て生きることはそれだけで美しいことだと思います。不遇な境遇にあったとしても、それが何の障害もなく夢を見て日々を過ごせるようになってもらいたいです。少しでもあしなが育英会の活動が認知され、協力してくれる人が増えて、一人でも多くの子供たちが笑って夢を見れる世界に協力したいと思っています。


◎さいごに

本プロジェクトにいただいたお金は全額「一般財団法人あしなが育英会」に寄付されます。

それが音楽であれ、何かの芸術であれ、職業であれ、進学であれ。全部、一緒だと思っています。何かの目標があること、やりたい夢があること、人間はそれをもって前に進める生き物だと思います。手を取り合って、一人でも多くの学生が笑顔になれますように、是非ご協力お願いいたします。

本キャンペーンでいただいたご寄付は全額、一般財団法人あしなが育英会への寄付となり、あしなが育英会の事業一般に使われます。

※今回の取り組みはAshinaga Global 100 Challengeの一環であり、一般財団法人あしなが育英会と連携して取り組んでおります

<All-in方式で実施します。>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

本プロジェクトでいただきましたご支援は、病気や災害・自死で親を亡くしたり親に障がいがある家庭の学生たちの奨学金として、全額を一般財団法人あしなが育英会に寄付し、大切に使用させていただきます。

ご支援者情報を一般財団法人あしなが育英会に提供のうえ、あしなが育英会より「年間活動報告書」と「寄付金受領証明書」を発送いたします。

※GoodMorningからの支援金の入金が2021年2月頃となりますため、リターンの発送は2022年2~3月頃となります。

※①2020年中にご支援いただいた方で2020年1~12月分の活動報告書の受け取りをご希望される方、または②本プロジェクトへの寄付金の「領収書」を2021年3月以降早期に受け取りたい方がいらっしゃいましたら、備考欄にその旨をご記入ください。

※本クラウドファンディングへのご支援は税制上の優遇措置の対象とはなりません。あらかじめご注意ください。

病気や災害、自死(自殺)などで親を亡くした子どもたちや、親に障がいがあり働けない家庭の子どもたちを支えている非営利の財団法人です。国などからの補助金・助成金は受けず、全事業を寄付によって運営しています。半世紀におよぶあしなが運動によって、これまでに11万人以上の遺児たちが高校・大学への進学を果たしてきました。 現在、日本国内では約7,500名(高校・短大・専門学校・大学・大学院)、サブサハラ・アフリカ教育支援事業では世界各地あわせて約120名の奨学生に奨学金支援(貸与・給付)と心のケア、リーダーシップ育成プログラムを提供しています。

ウェブサイトはこちら:https://www.ashinaga.org/

キャンペーン特設サイトはこちら:https://camp-fire.jp/goodmorning/channels/ashinaga

「あしながグローバル100チャレンジ」は、『すべての遺児に教育の機会と心のケアを』というスローガンのもと、世界中から遺児支援のために一緒に活動してくれる100人のファンドレイザーを集め、力を合わせて遺児支援に取り組むための世界的なファンドレイジングキャンペーンです。国内ではあしなが学生募金と連動して100日間のオンラインキャンペーンを実施します。

個人・団体問わず、キャンペーンページを作成することでご参加いただけます!

ご興味のある方はぜひ「あしながグローバル100チャレンジ特設ページ」よりお申込みください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください