はじめに・ご挨拶

はじめまして。現在ベトナムで技能実習制度・特定技能制度について活動をしている松本と申します。

年々増加している在留ベトナム人とそれに伴う犯罪率について改善をしていきたく、今回のプロジェクトを立ち上げました。


このプロジェクトで実現したいこと

犯罪を犯す在日ベトナム人の中でも、動機の一番の理由として挙げられるものは「ベトナム祖国での膨大な借金」です。

その借金の原因となる悪質な送出機関、悪質なブローカーの被害を受ける労働者達へのけん制、また、お金を支払う労働者への「気づき(本当に正当性のある金額なのか)など」を与えられる活動を行いたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

年々親密になっていく日越関係の中、ベトナムという国を好きな日本人として、これ以上「日本人のベトナムへのイメージを悪くしたくない」「日本へ行くベトナム人に日本の事を嫌いになってほしくない」という願いからです。


「本制度の現状と課題」として、何の情報を持たないベトナム人労働者が、悪質なブローカーや送出機関に高額な費用を請求され、銀行や身内に莫大な借金をして日本へ働きに出ます。

しかし、本邦での収入も期待していたほどではないケースが多く、金銭面で困った在日ベトナム人の労働者達は万引きや窃盗などの軽犯罪、そして、規模が大きなケースとしては強盗、殺人を犯してしまいます。


もちろん、上記以外の理由も多々あるかと思われますが、まずはじめに、根本的な原因である「金銭的な負担の軽減をさせる」といった解決策に着目をしています。

本来であれば、日本へ労働に出る費用として35万円~45万円程の相場に対して、悪質業者を中継すると70万円~120万円にまで膨れ上がります。ここの差額は悪質業者の懐に入ります。

問題は、本人達が「妥当な金額(費用)」や「制度の仕組み」を理解していないことです。

きちんとした情報があり、それを理解出来ていれば無駄な金額を支払う人はいなくなるはずです。


当社に出来ることとして、まずは「正しい制度を理解させること、そして支払う金額の妥当性に気づかせる」ことだと思い、今回のプロジェクトを発案いたしました。



これまでの活動

以前、技能実習生を受け入れる労働組合で仕事をしていました。

その後、人材を送り出すベトナムの会社(送出機関)でも仕事をしてきました。

そこから垣間見た「様々な問題」に対して、もちろん日本にも悪質な斡旋業者の存在があることを理解しながらも、まずは根源であるベトナムに存在する悪質な業者、環境を改善したいと思い、ベトナムで起業をして現在活動をしています。


現在、良質な送出機関として提携しているパートナーは以下の3社です;

・VHC JINZAI NETWORK INVESTMENT CONSULTING CORPORATION 

・Vietnamese Development and Investment Joint Stock Company

・HTC GROUP INVESTMENT COOPERATION JOINT STOCK COMPANY


今度も「優良な」パートナーを増やしていく方針です。


資金の使い道

・更なる市場調査への費用

・被害者になりうる労働者や留学生の候補者への正しい情報発信(SNSやホームページ)費用

(HP作成を行い、日本企業の方々やベトナム人労働者に適正な送出機関や制度自体を理解していただく)

・同時に日本での外国人労働者の受け入れ関係者への正しい、善良なベトナム企業の紹介(選定済の企業)を行うための費用(人件費、設備費用など)


実施スケジュール

・2021年6月までにホームページを立ち上げる。

・2021年を通して、市場調査を行い、データとしてまとめ、その後に情報発信活動を行っていく(ベトナム現地)

・2022年1月には、作成したホームページやSNS上にて、情報発信をしていく。



最後に

近年、皆様の身近にも「ベトナム人」は増えてきていると思います。

当たり前のことかもしれませんが、ベトナム人の全員が悪い人間ではありません。

しかし、報道などでは「悪いニュース」を取り上げることも多く、それによりベトナム人に対するイメージも悪くなってきていると思います。

そんな中、まじめに頑張っているベトナム人の中には「日本人に嫌われている」「日本に住みにくい」などと感じている方も多くなってきています。

そんなベトナム人の方々のために、そして、ビジネスパートナーとしても友好的なベトナムが抱えている社会問題の改善に、皆様のお力添えをいただけましたら幸いでございます。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください