新型コロナウイルスの感染拡大の第二波が、世界中で危惧されています。
その裏では、多くの学生がある "夢" を諦めざるを得ない状況に晒されています。

それは「留学」です。

例えば、最も人気な留学先の1つであるアメリカでは、現在累計のコロナウイルス感染者数は1870万人を超え、日当たりでは20万人の感染者が増えています(12月末時点)。この状態を受けて、アメリカのみならず留学が決まっていた学生、留学を予定していた学生の多くが、留学を断念しています。

以下は実際に留学を断念された学生様から掲載をご許可いただいたコメントです。

ーーーー
Nさん
短期留学プログラムに2020年夏もしくは2021年春に参加するつもりでしたが、全て中止になってしまいました。留学の今後の見通しが全く不透明な状況で、ずっと夢だった留学をもう諦めなければいけないかもしれないと思うととても悲しく、そんな中自分のモチベーションを保つのがとても難しいです。まるで留学のような体験ができるNES-fondi Englishを知り、すぐに申し込みをさせていただきました。
ーーーー
Yさん
2月末、LAに留学中にロックダウンになったため学校へ通えなくなりました。幸いシェアハウスだったので英語を使い続けて、ようやく飛行機が取れた5月頭に帰国をしました。LA移住計画が破綻したので再計画中です。バーチャル留学を探していたので嬉しいです。キャラクターや世界観も可愛いので、アバター達がどれだけ自由に話してくれるのか…楽しみです!
ーーーー

夢を諦めざるを得なくなっても、力強く前を向いて学生生活を過ごそうとしている方々がいます。日本から飛び出して、これから自分の世界を広げられるはずだった学生が、コロナを理由に夢を諦めたままにして欲しくない。

コロナ時代の今でも、いや今だからこそ、そんな人たちの日常生活を彩る体験を届けたい。
そんな思いで、当プロジェクトの発起人であるNES-fondi Englishが、バーチャル留学3ヶ月分を100名の学生様に提供します。


当プロジェクトは、「#コロナで留学を止めない」をキーワードに、新型コロナウイルスで留学を断念せざるを得なくなってしまった "留学断念者"の大学生・高校生の皆様100名に、「バーチャル留学3ヶ月分」を無料提供することを目標とする支援プロジェクトです。

「5,000円支援が集まるごとに、留学断念者1名さまが、バーチャル留学1ヶ月分を無料体験できる」という仕組みになっております。すでに60人ほどの留学断念者の学生様から当プログラムへの参加希望が集まっており、900,000円の支援が足りていない状況です。


(2021/01/27追記)
公開から1週間、すでに100人を超える留学断念者の学生様からプログラム参加希望が集まっており、すでにご支援いただいた12万円強を差し引いて140万円弱の支援が足りていない状態です。皆様からの暖かいご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます。


今回、バーチャル留学手段としてご提供するのが、NES-fondi English。
NES-fondi Englishは、アバターを使って英会話レッスンをしたり、世界中の英語学習者とワンタップで繋がることができる世界初の英語サービスです。通常9,780円(税込)のプログラムを、原価ギリギリの1名あたり5,000円で提供させていただきます。


ご挨拶が遅れてました。NES-fondi Englishの野原です。
当プロジェクトのページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

NES- fondi Englishは、10年間の英語マンツーマンスクールを運営するNESグローバルと、アバターを用いた国際ソーシャルライフアプリを提供するfondiがタッグを組んで提供する新プログラムです。

発起人の一人である僕自身は、日本の高校卒業後、イギリスUniversity of Warwickに進学しました。大学では、多様な国から集まる多様な価値観を持つ仲間と、寝食を共にすることで、人生が大きく変わりました。

私は、自国内の価値観だけに囚われず、生きたい自分を生きる。そんなきっかけを与えてくれる1つの手段が、留学であると考えています。そんな体験をより多くの方にして欲しいという思いで、留学事業の立ち上げを経て、英語漬けで過ごすソーシャルライフアプリ「fondi」を立ち上げました。その後、以前からお付き合いのあったNESグローバルその後NES-fondi Englishの立ち上げに至ります。


NES-fondi Englishでは、バーチャル空間上で熟練講師から学んで、世界中から集まるアバター友達との交流で即日英語を実践できる、まさに「バーチャル留学」を体験できるサービスです。

アバターを使うことで英語を話す障壁を下げながら、バーチャル空間の良さをふんだんに生かしたロールプレイングなどを使ったレッスンで楽しむことができます。レッスンは、選んだ25分間、平日毎日受講することが可能です。


一方fondiは、アプリ1つですぐに海外で暮らす人たちと英語を使った交流ができる英語学習アプリです。

fondiでは、オープン空間であるPlazaで友達の輪を広げたり、シェアハウスに入居すると、自分と同じ興味を持つルーミー12人とマッチして関係を深めていくことができます。シェアハウスでは、テレビを一緒に見たり、簡単なゲームを使って会話を楽しむことが可能です。

今回、コロナウイルスの第二波を受けて、通常1名1ヶ月9,750円でご提供している当プログラムを、原価ギリギリである1名1ヶ月5,000円でご提供させていただくことを決定いたしました。このプロジェクトでの支援金をもって、2021年2月1日よりバーチャル留学プログラムの提供を開始いたします。


現在留学希望者の周りでは何が起きているのか。それを少しだけ解説させてください。
現在、世界・特に英語圏では、コロナウイルスが猛威を振るっています。

人気の留学先であるオーストラリアでは、自国永住者とその直近の家族等を除く全ての入国を禁止しています。カナダでも、米国を除く全ての外国人の入国を禁止しています。結果、NESグローバルを含む留学サポート会社複数では、留学相談数が前年比−90%、実際の申込数は−95%になりました。

著名な官民共同奨学金であるトビタテ留学JAPANは、高校生第6期および大学生等コース第13期の採用手続きの中止を発表しました。この両コースでは、合わせて1,200人の海外派遣が支援される予定でした。


学生が抱える問題は「留学ができない」ことに留まりません。コロナウイルスの感染拡大によって消費活動が減退した結果、家計が苦しくなり、学費を払えない学生が増えました。「退学・休学の増加」を認める大学は、緊急調査時の7月に9%だったが、今回は10月に15%、来年3月には30%に急増しています。


大阪教育大学の調査では、授業のオンライン化が進むことによって、緊急自体宣言以降ストレスが上がったと感じる学生が半数にも上ることが指摘されました。



私たちNES-fondiは、学生一人一人の繋がりが薄れ、本来送れるはずだった豊な学生生活を送る機会も奪われているのではないかと私たちは考えています。

こんな状況の今だからこそ、バーチャル上で世界中の人たちと繋がり、夢だった留学のような体験ができるNES-fondi Englishが、留学を諦めざるを得なかった方々の生活を彩る1つのピースになると信じています。

今回のプロジェクトに有志で学生募集にご協力いただいている、トビタテ大学生コース第3期生のKo Hidetakaさんからコメントを預かっています。

Ko Hidetakaさん(26歳・男性)
初めまして。株式会社ダイバーシーズの代表をしております、Koです。NES-fondi Englishの野原くんとは起業家友達として親しくさせていただいています。僕自身においても、アメリカカルフォルニア州に、トビタテ留学JAPANの支援を受けて、留学をさせていただいたことをきっかけに起業家人生が始まりました。
NES-fondi Englishは、まさに留学をバーチャル世界で体現できる唯一のサービスだと留学経験者目線からも感じています。トビタテ留学JAPANの中止等で、多くの学生が夢を諦めざるを得なかった現状を以前から聞いており、トビタテアルムナイとして何かの力になれればと思い、今回のプロジェクトに参画させていただきました。
自分が留学した経験があったり、世界に羽ばたく学生を応援したい方から、ご支援を撓まれますと幸いです。

Koさんのような、多くの有志メンバーのご支援を経て実現するNES-fondi English。世界に飛び出して活躍するはずだった留学断念者を応援したい皆様からのご支援を撓まれますと幸いです。


今回のプロジェクトは、支援5,000円で、留学を断念した学生さま1名に1ヶ月分のバーチャル留学が無料で提供されます。今回の達成目標が、「100名の学生さまに、3ヶ月のバーチャル留学を無料で提供する」ことであり、1,500,000円をひとまずの目標額と設定させていただいております。

100名 x 3ヶ月 x 5,000円 = 1,500,000円

すでに60名からのご応募をいただいている状態ですので、さらに参加希望者が増えた場合には、目標金額の引き上げを行う予定です。

また、学生様には新学期前の春休み、2月下旬から3月の時間をコロナ禍でも有意義にお過ごしいただきたいと考え、2月21日をプロジェクト終了日に設定させていただきました。

プロジェクトスケジュールは以下の通りです。

2021年2月21日 クラウドファンディング終了
2021年3月1日 ご支援額合計に合わせた人数の学生様への無料バーチャル留学提供の開始
2021年4月1日 各種リターンの提供開始

※上記は、決済手数料を除いた金額です。
*当プロジェクトはAll-in方式で実施します。すでにアプリやレッスンは提供可能な体制にあり、目標金額に満たない場合も、集まった額分だけ学生様に無料レッスンを提供し、関連する全てのリターンをお届けします。



今回のプロジェクトでは、主に以下の3つの支援プランをご用意しました。

① 1,000円支援プラン:1,000円からご支援をいただけます。
② fondi利用権付きプラン:ご支援額に合わせたfondiの利用権をご提供します。
③ 1名 ~ 6名支援プラン:1回の支援で、1~ 6名のバーチャル留学が支援されます。学生からのサンクスメッセージや、体験レポートを通じて留学を追体験することができます。
③ 特別プラン:fondi上で使える特製コスチューム・アバターを作成いたします。


詳細はリターンリストをご覧くださいませ。皆様からのご支援を、心よりお待ち申し上げております。


最後に1つ、国内ではあまり話題に上がらない、NES-fondi Englishを支えてくれている英語講師の現状を1つ紹介させてください。

特にNES-fondi Englishの関わりが深いフィリピンには、150校を超える語学学校があり、多くの英語講師が勤めています。多くの英語学習者がフィリピンを訪れるため、教える側の英語講師業も、1つの大きな産業になっています。しかし、コロナウイルスの感染拡大によって、ほとんどの語学学校が休校状態で、この講師の皆さんが職を失う危機に晒されています。

このプロジェクトの成功の暁には講師をお願いする予定の先生からのコメントをご紹介します。

お名前:Harvey先生
コメント訳文:
留学先として人気のセブ島在住で英語講師をしておりましたが、コロナ禍によりロックダウンになりました。日本からの留学生が来れなくなったことから、語学学校のクローズが相次いで起こり、職を求める英語講師が増えている状況です。オンラインでのレッスンの需要は増えているので、このプロジェクトにはとても期待しています。

NES-fondi Englishが、講師の皆様が新たに英語教師としての職を得ることができるプラットフォームにもなると信じております。


NES-fondi Englishの無料利用をご希望になる「留学断念者」の皆様は、以下のフォームからお申し込みください。

<お申し込み要件>
・お申し込み時点で、高等学校・大学・専門学校等に在学されていらっしゃる方
・以前から留学を検討・予定しており、コロナウイルスによってそれを諦めることになった方


*リンクはこちら


当プロジェクトには、すでに60人の応募が集まっており、今後の動き次第では、NES-fondi Englishだけでは講師が足りなくなる可能性がございます。

NESグローバルと同様に、

・自社の英語学習コンテンツをバーチャル空間に提供したい。
・今回のプロジェクトにご共感いただき、何かしらのリソースを提供したい。

という企業様はいらっしゃいませんでしょうか。ぜひ、留学断念者の皆様の力に、英語業界全体を持ってしてなれたらと考えております。以下のフォームからの申し込みをお待ちしております。

お申し込みは ▷ こちら ◁  


今回、留学を諦めざるを得ず、夢を諦める学生の様子を多く聞き、当プロジェクトの立ち上げに至ります。具体的な支援対象者の声や、その応募者の内容はこちらのページでオープンに共有いたします。

#コロナで留学を止めない。
世界に飛び出して活躍するはずだった留学断念者の皆様の生活が、少しでも彩られることを信じて。
皆様からのご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。

また、仮に支援額に対して参加希望者が集まらなかった場合や、提供する無料バーチャル留学期間を超えるご支援があった場合は、一参加者あたりのバーチャル留学期間を増やしてご提供させていただきますので、ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

  • 2021/01/28 12:00

    ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございます。これまで120,000円強のご支援を賜りました。ご支援をいただいた皆様、本当にありがとうございました。現在の支援状況公開1週間で留学断念者様からの応募は100件を超えております。すでに24ヶ月分のバーチャル留学を無料で支援することができますが、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください