障がい者の社会権利獲得! 自立援助ルームから社会へ羽ばたけ!

現在の支援総額
¥1,800/月
パトロン数
1人

現在1%/ 目標金額110,000円

このプロジェクトは、ファンクラブ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

障がい者たちが自発的な考え方と権利に基づいて活動を運営している自立援助ルーム 非認可サービスでありながら、料理・アート文芸・メディア活動・生活訓練の4カテゴリに絞ったメニューは支持が高い 障がい者の権利を獲得させ、自立とは権利取得に始まり責任の下で生活を営むと考える

下記は例です。ご自由にご入力ください。

▼はじめにご挨拶

自立援助ルーム訪問Rest-Runfです。

女城主・家康くんで全国的に知名度ある静岡県浜松市の小さな居場所です。

利用メンバー(ホール)たちからは、レストランと呼ばれ、日中の居場所として、大事な生活の基盤作りの場所として愛されています。

▼このプロジェクトで実現したいこと

障がい者は、どうしても社会権利の獲得に難を来す傾向があります。

欧米では、障がい者が生活の主体となって日常を送る事がスタンダードですが、日本ではまだその動きがほとんど無い。

障がい者だからこそ出来る活動をしたいのではなく、障がい者であろうと人として受け持つ活動や権利権を獲得して日常を送りたいのです。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

ホール2名が、親の支配下に置かれて、今も息苦しい生活を余儀なくされています。

それが本人たちの望まぬ生活であり、自分の可能性を信じて厳しい現実と将来性ある生活へシフトチェンジしたいと考えている。

その為の活動は、既に始めているのですが、協力が無ければ到達することが出来ない壁。

このムーブメントを通じて、障がい者への見方が変わること。同じ障がい者の火付け役になれることを我々は望んでいます。

▼これまでの活動

自立快活プログラム・外活プロジェクトと称した、2つの活動で、生活基盤が何ら備わっていなかった知的障がい者を、生活上に必要なスキルの60%以上を三年間のプログラムで習得させました。

そして、メディア界への進出も成功させて、自立援助ルームとして新聞掲載のオファーも頂けるまでとなりました。

▼資金の使い道

自立援助ルームは、現在、民家の1角を使う形で運営していますが、利用するホールの増加に伴い、ここが手狭に

なってくる見通しです。

定期的な生活訓練や、アート製作活動などのスペース確保を考えると、いずれは新しい借家(リノベーション)を図りたい。

リノベーションまで資金的に行き着かなくとも、今の設備である冷蔵庫の買い換えや、様々なデータをプリントアウトするプリンターをレーザープリンターへの買い換え、空調設備の充実化や毎日の賄い飯で使う食材の拡充などに充てていきたい。

▼リターンについて

資金乏しく事業運営しておりますので、お礼のお葉書程度になります。

そちらの葉書は、全て私たちが手書きで気持ちを込めて、些細ながらデコを施して、他とは違う自立援助ルームならではのお葉書に仕上げたいと思います。

極力、ホールの了解を取り、全員の連名でお葉書を仕上げます。

▼最後に

自立援助ルーム訪問Rest-Runf

は、Facebookページにて活動記録の掲載を行なっております。

ホームページ等は、予算の関係上、設けておりません。

LINE@も、最近ではありますが、開始致しました。

ご興味ある方は、友人申請して頂ければ幸いです。 LINEID 【@dxf1960b】