"新型コロナウイルス(COVID-19)と戦う難民キャンプを支援したい”

はじめに

みなさん、はじめまして。

竹本大起(たけもとだいき)と申します。
本プロジェクトにご興味を持ってくださり大変ありがとうございます。

青年海外協力隊活動時・活動先にて近所の子どもたちと(モンキーベイ・マラウイ共和国)

国際協力機構(JICA)青年海外協力隊として2017年〜2019年の間、アフリカ南東部の小さな内陸国「マラウイ共和国」で現地の高校生に理科を教えていました。

活動が終わって帰国したとき、「またすぐに戻ってくるからね」と交わした約束を今でも覚えています。
まさか2020年がこんな年になるとは想像だにしておりませんでした。

新型コロナウイルス(COVID-19)の発生と世界的蔓延は全世界に大きな影響を与え続けています。
マラウイを含め開発途上国では医療設備も物資も乏しいのが現状です。

お世話になったマラウイ、そして難民キャンプで生活する人々に少しでも支援ができないかと思い本プロジェクトを立ち上げました。


マラウイについて

マラウイ共和国はアフリカの南東部に位置する内陸国です。

マラウイ共和国の位置
引用:ODAメールマガジン第405号(外務省)より

マラウイの面積は日本の3分の1程度(北海道+九州)で、アフリカ諸国の中では比較的小さな国です。およそ2000万人が暮らしています。

世界最貧国のひとつとして取り上げられることも多く、一人当たりGNIは380米ドル(2019年:世界銀行)です。(厳密には異なりますが)これは一人当たりの年収が約4万円(世界ワースト3)ということになります。

世界最貧国の多くは内戦状態などで経済が壊滅的なダメージを受けていることを考えると、紛争下でないにも関わらず最貧国のひとつに数えられるマラウイが、いかに脆弱な経済状況かということがわかります。


ザレカ難民キャンプ

首都リロングウェから車で1時間程度北上すると「ザレカ難民キャンプ」があります。ここでは近隣国での内戦(主にコンゴ内戦)から逃れてきた難民とその家族、およそ8万人が生活しています。

難民キャンプというと着の身着のままで逃れてきた人々が住むところもなく・・・
と想像しがちですが、1994年から存在するザレカ難民キャンプには商店や学校、病院などが徐々に整備され、一つの町として機能しています。もちろん生活は質素なものですが、多くの支援団体に支えられながら難民のみなさんが生活しています。

理科実験ショーにはたくさんの人が足を運んでくれました

協力隊活動時にここで理科実験ショーを開催したことがあり、それをきっかけに難民キャンプを知りました。またその時に難民キャンプを支援する住民団体「Community For Better Life」の存在を知りました。

ザレカ難民キャンプについてさらに知りたい方はYouTubeで検索するとヒットします。是非ご覧ください。YouTube検索「Dzaleka refugee camp」


住民団体「Community For Better Life (CFBL)」

難民キャンプに生活する人々は子どもからお年寄りまで様々な人がいます。ザレカ難民キャンプが設立されたのは1994年ですが、難民として逃れてきた人々が家族を持ち生活する中で、現在では8万人を超える人々が暮らしています。

住民は共助のための団体を作って、難民キャンプに住む人たちの生活支援を行っています。

現地で知り合った「Ndende Muholeza(ンデンデ・ムホレザ)」さん(24歳)を紹介します。自らも難民としてキャンプに住みながら、キャンプ内の学校で理科を教えています。また住民組織「Community For Better Life (CFBL)」の青年部リーダーとして難民のために積極的に活動を行っています。

Ndende Muholezaさん

住民に対して聞き取り調査を行い必要な支援を行う

CFBLは難民キャンプの住民に必要な物資や食料の提供を行うなど、住民の共助のための活動を行っていました。しかし、新型コロナウイルスはザレカ難民キャンプにも深刻なダメージを与えています。

以下にNdendeさんからのメッセージを掲載します。

Ndendeさんのあいさつと自己紹介

私はザレカ難民キャンプに住むNdende Muholezaといいます。コンゴ難民コミュニティーのリーダーとしてここに住み、普段はキャンプ内の学校で理科を教えています。

最初に新型コロナウイルス(COVID-19)がアジアで流行し始めた時、多くの人々が苦しみ命を落としていると聞き、ザレカ難民キャンプのことを思わずにはいられませんでした。なぜならここには狭い地域に8万人もの難民が暮らしており、一度でもウイルスが入ったら簡単に流行が拡大し多くの命が失われることになると思ったからです。

感染拡大を少しでも食い止める為に、住民への啓もう活動(手洗い・ソーシャルディスタンスなど)、感染予防物資(マスク・消毒液など)をそろえる必要がありますが、何からどのように始めたらいいのかわかりませんでした。しかし、何もせずに待っているわけにはいきません。私はとにかくできることから始めることにしました。

住民への啓もう活動や感染予防対策グッズの配布にはどうしても資金面での課題があります。難民キャンプに暮らす住民と、私たち支援団体のために、皆様のご協力をお願いします。


啓もう活動と支援物資の配布を行っている

高齢の難民も多い

Ndendeさんからのメッセージ

日本のみなさんこんにちは。

ザレカ難民キャンプは新型コロナウイルスによる混乱に直面し、あなたのサポートを必要としています。

ここでは8万人もの人々が狭いキャンプ内に生活しており、一度でも感染が拡大してしまうと大変な被害が予想されます。感染をさせない、そして感染を拡大させないための私たちの活動をサポートしていただけませんか。

この度、クラウドファンディングの機会をいただいたことに感謝しています。


実施スケジュール

迅速に支援を行うため複数の段階でクラウドファンディングを行いたいと考えています。

第1段階はとにかく素早く支援を行うために短い期間(1カ月弱)で比較的少額の目標金額を達成したいと願っています。
第1段階が成功したら、比較的長い期間(約3カ月)をかけて次の目標金額の達成を目指します。
皆様のあたたかいご支援の程、どうぞよろしくお願いします。

●第1段階(緊急支援)
合計目標金額:180,000円
(内訳)返礼品代・手数料等を差し引いた額が住民団体CFBLの活動費になります。
返礼品代:45,000円(支援者様への送料を含めて金額の25%程度)
返礼品輸送料:10,000円(マラウイから日本までの返礼品の送料)
決済手数料(9%):16,200円
決済手数料の消費税:1,620円
CFBLの活動費:107,180円(目標金額ー上記各種金額)
<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

●第2段階案(本格支援)
合計目標金額:500,000円
(内訳)返礼品代・手数料等を差し引いた額が住民団体CFBLの活動費になります。
返礼品代:125,000円(支援者様への送料を含めて金額の25%程度)
返礼品輸送料:20,000円(マラウイから日本までの返礼品の送料)
決済手数料(9%):45,000円
決済手数料の消費税:4,500円
CFBLへの活動費:305,500円(目標金額ー上記各種金額)
<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

活動費の使い道

本プロジェクトはCommunity For Better Life(CFBL)との共同プロジェクトであり、
集まった金額は返礼品代や手数料を除いた全額がCFBLの活動に用いられます。
活動費(第1段階:約10万円)の主な使い道は以下の通りです。

ーザレカ難民キャンプ住民団体の活動支援(主にCOVID-19感染防止のための支援):約4万円

繰り返し使える布マスクの購入費:18,000円(60円×300人)
手洗い石鹸の購入費:9,000円(90円×100個)
手洗い場の設置費用(蛇口付きバケツ):12,000円(400円×30カ所)

ー生活困窮者のための生活支援:約6万円

ロックダウンと経済活動の縮小に伴い職を失った生活困窮者や、戦争孤児、高齢者を中心に食料や生活物資の配給を行います。
およそ300円で、一人の1週間分の食費を支援することができます。

※集まった活動費は「Western Union」銀行を通じて、CFBLの口座へ届けられます。
すでに個人的な送金を行っており、安全性を確かめております。

リターン

ーリターンの紹介

元協力隊友人が現地マラウイで経営する「PENJANI malawi」さんにご協力いただき、主にマラウイ布(チテンジ)や木工商品を使った商品をリターンとして返礼いたします。
"The Warm Heart of Africa"とも呼ばれるマラウイのあたたかさがたっぷり詰まった品々は、ひとつひとつ現地の方々が手作業で作っています。
※商品の郵送は支援者様の注文確定、現地への発注、手作業による生産、国際配送を行います。新型コロナウイルスによる航空便遅延のため、半年程度の準備期間を見込んでおります。ご了承ください。

◎1,000円(返礼品の郵送はございません)
・お礼状
現地住民団体CFBLのメンバーおよび支援を受けた難民の皆様より感謝のメッセージと写真を含めたお礼状をPDFでメール送信いたします。

◎3,000円
①お礼状
現地住民団体CFBLのメンバーおよび支援を受けた難民の皆様より感謝のメッセージと写真を含めたお礼状をPDFでメール送信いたします。
②チテンジ布を使った「ハンカチーフ」「キーホルダー」または「木工カトラリー」からひとつ
ハンカチーフ

キーホルダー

木工カトラリー
(ティースプーンまたはバターナイフ1点のみ)

◎5,000円
①お礼状
現地住民団体CFBLのメンバーおよび支援を受けた難民の皆様より感謝のメッセージと写真を含めたお礼状をPDFでメール送信いたします。
②チテンジ布を使った「ブックカバー」「ぬいぐるみ」「あずま袋(S/M/L)」からひとつ
ブックカバーぬいぐるみ

あずま袋(S/M/L)


◎10,000円
①お礼状現地住民団体CFBLのメンバーおよび支援を受けた難民の皆様より感謝のメッセージと写真を含めたお礼状をPDFでメール送信いたします。
②マラウイオンライン講義(希望者)※有効期限:2021年3月〜2021年8月(原則:土・日・祝日)
希望者には私、竹本が青年海外協力隊活動経験をもとにマラウイについてオンラインのプレゼン形式で講義いたします。テーマはご自由に設定いただけます。
③チテンジ布を使った「エコバッグ」または「赤ちゃんよだれかけ(スタイ)」

エコバッグ

赤ちゃんよだれかけ(スタイ)

◎15,000円
①お礼状
現地住民団体CFBLのメンバーおよび支援を受けた難民の皆様より感謝のメッセージと写真を含めたお礼状をPDFでメール送信いたします。
②マラウイオンライン講義(希望者)※有効期限:2021年3月〜2021年8月(原則:土・日・祝日)
希望者には私、竹本が青年海外協力隊活動経験をもとにマラウイについてオンラインのプレゼン形式で講義いたします。テーマはご自由に設定いただけます。
③「ザレカ難民キャンプ」オンラインツアー(希望者)※有効期限:2021年3月〜2021年8月(時差の関係上、平日夜または休日午後に開催します)
住民団体CFBLのNdendeさんによる、難民キャンプのオンラインツアーをzoom接続にて行います。
言語は英語となりますが、適宜サポートいたします。
④チテンジ布を使った「ランチトート」または「small5 オリジナルTシャツ(大人用)」

ランチトート

small5 オリジナルTシャツ(大人用)


「PENJANI malawi」ホームページ

「PENJANI malawi」公式インスタグラム

支援してくださる皆さんにもマラウイを感じられる返礼品をお届けできたらと思っています。

最後に

ここまで読んでくださり大変ありがとうございました。本プロジェクトはマラウイ共和国のザレカ難民キャンプで難民の支援を行う住民団体をサポートしたいとの思いから始めました。新型コロナウイルスの感染拡大は全世界に大きな影響を与え続けています。マラウイのような開発途上国では感染対策に必要な物資が十分に行き届かず、一度感染が拡大すると多くの人々が深刻な影響を受けると予想されます。

現在マラウイでは「第2波」によって感染者数が増加しています。そのような中、難民キャンプでの感染拡大を何とか食い止めようと積極的に活動しているNdendeさんをサポートしたいと思いました。

どうか私たちに力を貸していただけないでしょうか。


皆様からのあたたかいご支援をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

企画責任者:竹本大起
共同責任者(現地スタッフ代表):Ndende Muholeza

返礼品提供:PENJANI malawi
「PENJANI malawi」ホームページ


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください