はじめに・ご挨拶

はじめまして。認定非営利活動法人桜ライン311と申します。
私たちは、東日本大震災で学び、感じた想いを教訓として未来に伝承するため桜を植樹しています。桜を植樹する場所は、岩手県陸前高田市内の津波到達点です。距離にして約170㎞に、17,000本の桜並木を作ろうと、2011年10月団体として活動を始めました。

「私たちは、悔しいんです。」

私たちが活動を始めた強い想いです。
団体設立から10年、植樹した桜に込めた想いは人それぞれかもしれません。
しかし「もしまた津波が発生した時、この桜並木より高いところに逃げて命を守ってほしい」という願いだけは揺るぎません。

桜の植樹活動を通して、津波を経験していない世代や、未災地の方にも災害は「他人ごと」ではなく「自分ごと」として感じてもらえるよう普及啓発活動の一環として講演活動なども行っています。


桜ライン311 | 陸前高田市の津波到達点上に桜を植樹し、震災を後世に伝える為のプロジェクト (sakura-line311.org) 







このプロジェクトで実現したいこと

桜の植樹地は、351カ所(2021年1月時点)。そのうち、設置許可をいただいた市有地および民有地の30カ所に、桜ライン311の活動や桜の意義を表示した看板(サイン)を設置したいです。

また、桜にも複数の種類があります。苗木を植樹し花が咲くまで数年、花を確認するまで桜だと気づかないケースもあり、苗木にも樹名板を設置したいと思います。

看板(サイン)や樹名板を設置することで、地域住民だけでなく陸前高田市を訪れた人々にも興味を持っていただき、より広く活動の意義を、そして避難の目安として周知して未来へとつないでいきたいです。

「この桜より高い所へ避難」といったメッセージを、初めてみた人でもわかるよう言葉にすることで、一人でも多くの命を守ります。


【看板(サイン)】

《デザインイメージ》

サイズ:W394mm×H294mm







【樹名板】


《デザインイメージ》

サイズ:W175mm×H120mm



私たちの地域のご紹介

岩手県沿岸部の最南端にある陸前高田市。県内では温暖で冬の降雪量も少ないことから「岩手の湘南」とも呼ばれています。三陸海岸に面しており、ワカメ・ホタテ・カキ・イシカゲ貝などの養殖も盛んで海からの恩恵を多く受けています。
海からの恵みだけでなく、市を流れる気仙川は鮎の遡上でも知られ全国からの釣り人が訪れます。
高田の町の背後には氷上山(海抜875m)が控え、市内小中学校の遠足コースにも選ばれるほどのハイキング登山にはもってこいの山があります。ほどよい汗をかきながら登った山頂からは、復興最中の市街地や太平洋、宮城県の唐桑半島まで見渡すことができます。

2011年3月11日に陸前高田市を襲った津波は最大17.6m。被災世帯数は、地震と津波の被害を合わせ8030世帯(全世帯の99.5%)。死者・行方不明者数は人口のおよそ7.2%にあたる1806名に上りました。

震災前は約7万本の松による白砂青松「高田松原」で有名でしたが、震災後は津波でも倒れなかった「奇跡の一本松」(現在はモニュメント)で知られ、高田松原の松を再生する植樹活動もほぼ終了しています。隣接している県の施設の東日本大震災津波伝承館(いわてTSUNAMIメモリアル)からつながる防潮堤に登ると、植樹した松の苗木畑の先に砂浜が見えるようにもなりました。

2020年12月時点で約9,000本の松の植樹が終了し、かつて白砂青松の名勝に讃えられた高田松原に人々の笑顔が戻る日が近いのかもしれません。

そして、将来的には桜ラインが咲き誇る桜の町として紹介できたら嬉しいです。


プロジェクトを立ち上げた背景

2011年3月11日、東日本大震災による津波到達。

私たちが桜を植樹する場所は、津波の到達地点です。植樹させてもらう土地の所有者(以後、地権者という)さまは大なり小なり被害を受け、その土地を離れた方、同じ土地に住み続けている方もいます。
震災で受けた心の傷は計り知れないものがあり、「桜を植えた場所」=「津波が来た」と連想し辛い思いをする方もいました。また、私たちが植えた桜は桜ライン(桜並木の一つ)として管理するものの地権者さまに帰属するものでしたので、プライベートな場所への立ち入りなどの懸念や先に述べた住民感情なども考慮し、あえて団体としての看板設置は遠慮してきました。

あれから10年。

復興とともに人々の心にも余裕が生まれ、10年前に植樹した桜が満開となれば見上げる住民も増え、癒やしを与えられるようにもなりました。また世間では風化が叫ばれるようになり、震災を体験しなかった世代も増えてきました。 団体としても10年を機に桜の意義を広く伝え、桜を避難の目安にしてもらえるようにと今回の看板(サイン)設置プロジェクトを立ち上げました。




これまでの活動

2011年11月の植樹開始から約9年半で市内351カ所に1789本の植樹ができました。それは目標の1割に当たります。活動に参加していただいた方は延べ6576名。全国の方を対象とした植樹会は35回、小中高校生対象の学校植樹会は39回行っています。(いずれも2020年末時点)

「もしまた津波が発生した時、この桜より上に逃げて命を守ってほしい」

このメッセージを伝えるべく、津波を経験していない世代、未災地の方にも「自分ごと」として感じてもらえるよう、県内の小中高生をはじめ全国から参加者を募る植樹会という形で桜を植えています。

2020年の植樹シーズンは新型コロナウイルスの終息が見えず、全国の方を対象にした植樹会は中止となりました。しかし、陸前高田市・大船渡市・住田町在住の方による小規模な植樹会を16回、県内の小中高6校の学校植樹会を実施し、84本の苗木を植えるにとどまりました。

現在、2021年春の植樹シーズンに向け植樹会開催の準備をしています。
緊急事態宣言の状態にもよりますが、皆さまのお力を借り活動を継続していきます。


資金の使い道・実施スケジュール

皆さまからいただいたご寄附は、クラウドファンディングで看板設置にかかる費用として充てさせていただきます。

≪費用の詳細≫

看板(サイン) @¥54,450- × 30基     ¥1,633,500-(税込)
樹名板     @¥3,227- × 100枚      ¥322,700-(税込)
送料                      ¥25,000-
設置工事費   @¥10,000 × 30基      ¥300,000-(税込)
看板デザイン費用               ¥150,000-(税込)
看板設置に係る事務費・消耗品費       約¥380,000-(税込)
クラウドファンディング手数料         ¥279,000-
----------------------------------------------------------------------------
合計                    ¥3,090,200-


☆☆☆看板設置スケジュール☆☆☆

クラウドファンディングが終了しましたら、看板を発注し、すでに設置の許可をいただいた市有地及び民有地に設置をいたします。6月下旬には10か所予定。14箇所は只今交渉中で、こちらも6月下旬頃を目標に設置予定です。残る6箇所は今後の植樹地の為確保し、許可をいただき次第設置いたします。
樹名板についても同様に許可をいただいたところから設置をしていきます。


          (許可済み)     
4月上旬       看板発注
5月中旬       看板到着
6月下旬       設置工事を実施


リターンのご紹介

3,000円/5,000円    心のこもったお礼メール+寄附金受領書
10,000円       上記+活動報告書への氏名掲載(任意)  
30,000円       上記+マンサポ会員限定会報誌「とびゃっこ通信」春号・秋号
50,000円       上記+市内の設置場所を巡る桜ラインをご案内(任意)
          代表岡本またはスタッフが、看板を設置した植樹地をご案内いたします。
          直接、接することがないスタッフとの交流をすることができます。
100,000円      上記+看板(サイン)への氏名掲載(任意)30基限定
          例)〇〇〇〇様のご支援のもと設置されました。
          文言が変わる場合がありますが、希望された方のご氏名を記載します。
          数量に限りがありますので、先着30名とさせていただきます。

=リターン予定=
🌸 5月頃 -------- 心のこもったお礼メール、寄附金受領書、「とびゃっこ通信」をお届けいたします
🌸 6月頃 -------- 看板(サイン)が団体に届きましたら、植樹地へ設置いたします。
🌸 11~12月 --- お名前の掲載(任意)がある活動報告書をお届けいたします。
🌸 2021年7月~2022年6月末日 ------ 市内の設置場所を巡る桜ラインをご案内(任意)
          期間中、ご都合の良い日を選んでいただき(後日、要相談)
          代表岡本またはスタッフが看板を設置した植樹地をご案内いたします。


私たちからのお願い

2021年3月11日で東日本大震災から10年が経ちます。
時間が経過するごとに災害に対する風化が懸念されています。さらに、世間の関心は新型コロナウイルスの拡大に向いています。私たちは災害に対しての関心がさらに薄れる危機感を抱いています。これから10年、100年、1000年先まで17,000本の桜並木の意義が、後世の人々に正しく伝わっている未来。私たちが経験した悲しみを2度と繰り返さない未来を実現するために、皆さまの温かいご支援、ご協力よろしくお願いします。


税制優遇について

個人が非営利の特定の法人に対し、事業に関連する寄附をした場合には、 所得税(国税)の計算において、
寄附金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けられることがあります。
税制上の優遇措置がこのプロジェクトにあるかどうか、また優遇措置の試算の詳細は当団体にお問い合わせください。
※「寄附金控除」「税額控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、当団体が発行した「領収証」(寄附金受領書)の提出が必要となります。
 領収証(寄附金受領書) は年に一度、確定申告時期にお送りしています。すぐに領収証(寄附金受領書) が必要な方はご連絡ください。
※領収証(寄附金受領書) はGoodMorning又はCAMPFIREではなく当団体が発行・郵送いたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください