世界一熱い男が東南アジアにて笑顔を届け、日本中に笑顔バトンを。

集まった支援総額
¥3,000
パトロン数
1人
募集終了まで残り
終了

現在3%/ 目標金額86,000円

このプロジェクトは、2017/08/10に募集を開始し、1人の支援により3,000円の資金を集め、2017/08/25 23:59に募集を終了しました

みなさん毎日ワクワクしていますか?笑顔で居れていますか? 《世界一熱い男》がウクレレを持つバックパッカーとして東南アジアに行き、笑顔を収めた写真を現地の人にプレゼント!! そしてその笑顔写真を日本にも届け、笑顔になって欲しいと思う人に繋げる笑顔バトンに。

◯はじめの挨拶

こんにちは!

《世界一熱い男》の岡見悠平です。詳しくはWebで検索していただければTOPに出てきます。

私は現在、都内に通う大学四年生で2016年度は世界をバックパッカーで旅もしていました。

トルコのクーデターの後にウクレレでの路上ライブをしたり

中東からの難民と関わったりと、命の大切さを学びました。

今回の舞台は東南アジア。

多くのストリートで生活する人たちに笑顔を届けにいきます。

そして、日本にも笑顔を届けます。

 

 

 

◯このプロジェクトで実現したいこと

 

①東南アジアに笑顔を届け、笑顔写真を現地の人にプレゼント

私は今回チェキを持っていき笑顔になった方の写真を撮り、

現地の言葉で「辛くなったらこの写真を見て」というような言葉を書きプレゼントをします。

チェキのHPはこちら

自分の笑顔を永遠に忘れないような最高のプレゼントを贈ります。

 

②日本に笑顔バトンをを届けます。

現地の方からのメッセージなどを

写真の裏に書いてもらい、就活生や今を生きる社会人

電車内で悲しい顔をしている人にプレゼントします。

目の前の人から幸せにしていきます。

そしてその人が笑顔になり次に笑顔にしたい人がいたら次の人に渡してもらいます。
笑顔写真バトンは日本中に広がっていきます。

 

③後輩の今後の未来を切り開く。

現在大学三年生の後輩から突如、今回の旅に同行したい。と連絡があり

一緒に行くことが決定しました。

基本シャイで、海外経験も多くない彼に今後の将来にプラスになるような

経験をさせてあげたい。あげる。

 

そしてウクレレを持っていくので各国での歌会を開きます。

クーデター後のイスタンブールでは

各ゲストハウスを周り、人を集め大掛かりな路上ライブをしました。

上手い、下手。そんなことではなく全員が誰よりも楽しんだ結果、

本当に多くの人が集まってきました。

 

プロジェクトをやろうと思ったキッカケ

 みなさんは毎日ワクワクしていますか?
1日が始まることの楽しみで起きれていますか?

 

仕事に学校に行く前に

『行くのだるいなー』などネガティブな感情を抱いていませんか?

 小学校の時の運動会の日の朝の感情。

修学旅行の前夜の感情はどちらもワクワクが止まらなかったはずです。

私たち日本という国は非常に恵まれています。

世界には生まれた時からその子の将来が決まり、

路上で生活や、学校に行けない子も多くいます。

またはインターネットが使えない環境でも、楽しく暮らしている人が多くいます。

私はそんな人たちから多くのパワーを貰えるはずだと確信しています。

笑顔は、幸せは伝染する。

 

 

東南アジアの人たちに笑顔を。

日本の人たちに笑顔を。

その二つを繋がるきっかけを提供いたします。

 

 

◯これまでの活動

これまでは20ヶ国に訪れてきました。

昨年はアメリカに半年間の留学生活、バックパッカー生活。

どこにいても多くの人たちに恵まれきました。

 

 

今回の旅も出逢う人に感謝を忘れず、毎日楽しみながら旅を進めていきます。

 

◯資金の使い道

チェキカメラ本体代(生産終了商品) ¥13000

チェキフィルム代(200枚)        ¥15000

旅券(東京-ベトナム,タイ-東京)   ¥45000

宿代(13日分)          ¥13000

上記の内訳に使わせていただきます。

チェキカメラに関しては通常のチェキとは異なり

二枚同じ写真が出てくるタイプの商品です。

◯リターンについて

皆様と共に笑顔を届けにいきたいと考えております。

お礼として、笑顔バトン、Gopro5で撮影したムービーや手書きでのお礼。

私のアポなどもご用意しております。

何かありましたらFacebook 【yuheiokami】でメッセージください。

◯最後に

今回の旅の模様や以前の旅の様子など、

yuheiokami.com と検索していただければブログを更新して

いきますのでチェックお願いいたします。

皆様の思いを乗せて笑顔を届けにいきます。

小さい頃からの夢である"世界中を笑顔に"を少しずつ実現していきます。