はじめまして、和歌山でスポーツ・学習支援 寺子屋を運営致しております代表の柳と申します。

今回、我々が実現したいこと、それは、家庭事情や経済事情から学習したくても学習できない子供達に勉強やスポーツを学べる場所をより多く提供したいと考えております。

なぜ、このような考えを起こしたかと言うと、ある子供の声を聞いたからです。

それは、『あのなあ、私ん家なあ、みんな塾行ってんのにお母さん、行かせてくれへんねん、ずっこいやろ(ずるいだろ)私も塾行って勉強したらみんなに負けへんねんけどなあ』原文ママ

その子の家は、先日、親の都合で離婚が決まり、金銭的にゆとりが無い状態で、お母さんは、パートで子供と向き合う時間があまり取れないというシングルマザーの家庭では、珍しくない光景でした。

その言葉を聞いた当店のスタッフと私は、子供達の為に何かできることないかと考えました。それが、現在の活動を始めるきっかけにもなり、たまたまテレビで見かけた和歌山県の全国統一テストワースト2位という結果が私達の心に火を点けました。

これまでの活動は、ほかの団体さんが行っている活動に参加して子供達と一緒にスポーツをして、コミュニケーションの取り方や人との接し方を指導するだけでした。

今回、この場で活動資金を集めることができたならば、少しでも多くの子供を受け入れ学習できるように本棚や机、ボランティア先生の育成費、教材の購入などに使いたいと考えております。まだまだ、若輩者の私達ですが、NPO活動をされている先輩方に、情熱とやる気だけは負けていないと思います。

リターンに関しましては、これと言ってご提供できる物がなかったため、私が普段、経営している当店自慢の和歌山県産の産品各種をご提供させていただきます。

どこまで通用するかは、まだまだ未知数ですが、かならず永続的に運営ができる仕組みを構築してまいりますので何卒、ご理解、ご協力のほど真鍮よりお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください