自己紹介

はじめまして!学生団体TAPESです。

私たちは琉球大学で出会い、殺処分を減らすという同じ目的のもと活動しています。

 

4か月前、私たちは生後3か月の弱った子猫を保護する機会がありアパートの大家さんに確認を取り、引き取り先が見つかるまでの間、飼育してきました。

しかしSNSや張り紙で里親を探しても見つからず、大変な思いを体感しました。

このまま里親が見つからず、保健所に連れていかなければならない未来があるかも...と不安が頭に浮ぶことも。

県内の愛護団体を訪ね、シェルターや保護猫カフェにアドバイスを聞きに行くと保護猫カフェNyanguskさんの譲渡会に参加させてもらうことになり、無事、里親を見つけることができました。



よかったと思う反面、今まで見てきた保健所、シェルター、保護猫カフェにいる里親が見つかっていない猫を考えると言い表せない気持ちになります。

私たちは里親を探す大変さや世間の保護猫に対する関心の低さを深く実感することになりました。

思い返すと里親を探している間、「見つかるといいね」やSNSでの拡散はありましたが、誰一人として里親として名乗り出てくれる方はいませんでした・・・

 

実際に猫を保護し里親を探したからこそ保護猫の現状を知り、力になりたいと深く考えるようになり、似たような志の仲間を集め、学生団体TAPESを立ち上げました。

 

メンバーは現状3人で内2人は高等専門学校(通称:高専)から琉球大学に編入した工学系のプロフェッショナルです。

私たちTAPESは、保護猫の現状に対してITなどで解決することを目指す団体として活動しています。

 

猫の殺処分減少って本当はどうなの?

近年、猫や犬の殺処分が減少したような報道がありますが、

それはここ数年で多くの愛護団体が増えたことによる受け入れであり,

里親の数が劇的に増えたわけではありません。

現状、愛護団体の抱える悩みとして飼育頭数の限界が挙げられます。

つまり里親の増加は保護猫問題で最も重要な課題の1つと言えます。

 

 

 

・保護猫団体の悩み

動物愛護団体の共通の問題として挙げられるのが、資金人手の不足です。

国から助成金が出ない団体が多く活動資金はほとんど寄付で運営しています。

 

また、保護した猫に関してすぐにシェルターで生活できるわけではありません。

野生の猫を引き取った後、猫エイズ白血病といった感染症の検査が終わるまでは、

ほかの猫と同様にシェルターには入れることができません。

そのため2週間前後は必ず狭いケージに閉じ込めてしまうことになります。

シェルターでの世話だけで手がいっぱいになることも多く、一時的にでもケージの猫を預かってほしい時がたびたびあるそうです。

(※猫エイズなどの感染症は人に感染しませんが猫同士のケンカなどで感染する場合があります。)


 

・一般の方と里親

私たちは団体を創立しすぐに保護猫と里親に関するアンケートを集め、

里親が増えない原因を探しました。

ありがたいことに、

猫好きな方にSNSなどを通じて全国から137件の回答をまとめると下記の意見が多く集まりました。 

 ・好きだけど飼育経験がなく、上手に飼えるのか不安

 ・里親になる手続きが複雑そう

 ・保健所に探しに行くと選ばなかった子が殺されると考えてしまう

 ・子猫から飼いたい 

              

総じて里親への関心を持つ方は多いが、猫の飼育や里親の条件など未体験な部分に対して壁を感じてしまい躊躇してしまう割合が高いです。


私たちTAPESの考え

保護猫に関して私たちに何が出来るのか考えました。

学生三人でやれることなんて限られています。

だったら、保護猫活動を頑張る方々をサポートする立場になろう!!!

私たちの強みは高専で高1から学んだプログラミングなどの技術。

それらを使って貢献しよう!!

そうして生まれたのが「里親体験サービス PAWS」です。

 

 

PAWSではテーマを”里親への壁を取り除く”と”愛護団体に対して継続的な支援システム作り”に定めて開発しています。

「PAWS」は、里親体験マッチングサービスを開発運営する保護猫プロジェクトです。

里親体験に出る保護猫は愛護団体が一時的に保護してほしい猫にすることで、愛護団体の需要である一時保護についても同時に満たすことができます。

利用1回につき、保護猫が在籍する愛護団体に寄付金(固定金額)をいただく形にすることで愛護団体の活動資金の足しにすることができます。

保護猫に対して十分な配慮が絶対条件であるため、様々なサポートを考えています。

まず個人登録を行い猫を飼える環境なのか判断できるようにします。保護猫団体は里親に適している人を診断することができるので、情報をこちらで集め保護猫団体が判断しやすいように準備していきます。また猫の飼育の説明書や動物病院の場所やアレルギーなどの問題についても対策を行っています。

 

サービスの流れ

 


https://pawsbytapes.studio.site/

 

サービスの狙い

このサービスにおいての理想は、利用者の里親へのハードルを下げることはもちろん、

里親体験した保護猫に対して愛着が湧きそのまま里親になることです。

もともと里親を希望する際に愛護団体は1週間~2週間のトライアル期間を設けています。

しかしこのサービス自体で利用者の飼育能力は判断できるので、その手間も省けます。

こういった裾を広げ、里親になる気持ち面や手続き面のハードルを下げ、

保護猫の譲渡率を上げることがPAWSの狙いになります。

 


2021年2月22日に里親体験サービスPAWSは正式にリリースし、

微力ながら保護猫団体の力になっています。

しかし、SNSやチラシを活用した広告を無料で行うには限界があり、

より多くの人に知ってもらうために資金が必要になってきました。

私たちの予算だけでは難しい部分をクラウドファンディングで募りたいと考えています。


里親体験サービスPAWS公式サイト

paws-tapes.com


広告費25万円で

SNSの広告をメインに活動していき、予算が余ればチラシやポスターを用意する予定です。

現在20万円までは私たちで準備できる予定ですが、

どうしても足りない部分の5万円をご支援いただきたいです。

キャンプファイヤー様へ対しての手数料9%を足して55000円を達成目標にしています。


本プロジェクトのスケジュール(予定も含みます)

2020年11月 プロジェクト設立

2021年2月  プロジェクト完成 リリース開始

   ※2月22日 沖縄タイムスに掲載される

   4月  県内のペット可マンションにチラシ投函

   5月  インスタグラムにてSNS広告

   〜9月 広告の継続とサービスの改善、里親増加率などのデータを整理

   10月 ビジネスコンクールなどに参加



最後に

私たちTAPESは保護猫活動の前線で活躍されている方々を全力で応援します。

保護猫団体が安心して活動できる仕組みをめざして私たちも頑張ります。



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください