はじめに

私たちの目的は、リサイクル率を高めて循環型経済を実現することです。そのために、私たちは3つの柱からなる独自のアプローチを行っています。




- Gomimap: 私たちの地図アプリケーションは、利用可能なリサイクルスポットの最新情報を提供するだけでなく、新しいリサイクルスポットのプラットフォームを提供します。ユーザーは、リサイクルする廃棄物の種類を選択すると、正しいリサイクルスポットへの最寄りのルートが表示されます。


- 廃棄物教育:廃棄物を正しく分別し、リサイクルするための知識。私たちの目標は、リサイクルセンターやパッケージメーカーから直接情報を提供し、廃棄物に第二の人生を与え、新しい革新的な方法を見つけられるようにすることです。

  -製品の見直し。持続可能なパッケージを推進し、リサイクルできないパッケージに挑戦することで、消費者に製品パッケージに関する独立した情報を提供します。

 

情報は英語と日本語で全て提供されます。






解決したい社会課題

- リサイクルに関する意識と知識の向上

正しいリサイクルの方法や、廃棄物の分別が効果的であることを示す情報を提供します。

- 産業界がより費用対効果の高いリサイクルサイクルを行えるようにする

既存のリサイクルスポットの情報を提供するだけでなく、業界と協力して新たなリサイクルスポットを作るよう努力します(例:透明または白色のポリプロピレンは、包装メーカーのみが回収する等の新しい可能性の提案)。

- 環境に配慮したパッケージを評価し、持続可能性のないパッケージを削減する

製品の包装や持続可能性に関するレビューを提供することで、持続可能な包装をしている製品を促進し、環境に配慮していない包装をしている製品には代替品等の情報提供します。



このプロジェクトで実現したいこと


- 公的機関だけでなく、民間機関のゴミ収集ポイント、ルート、ゾーンのマップアプリケーション

 - 災害、休日などによる収集スケジュールの変更や中止についてお知らせ

- ニュース・イベント

 - 日本語と英語での情報提供

 - 製品レビュー - パッケージの持続可能性のレビュー

 - ユーザーの参加により、全国規模で最新のコンテンツを提供


資金の使い道

ー目標金額の内訳、具体的な資金の使い道

NPO設立費用:                        約40万円 

マーケティング費用:                         約60万円  

コンテンツ作成費用:                         約40万円

サーバー・ライセンス費用:                 約60万円 


実施スケジュール

ープロジェクト自体の実施スケジュール
06月上旬 HP開設

07月30日 国際的なスポーツイベント開催に向けて、東京エリアの主要スポットの地図とコンテンツを英語と日本語で作成(新宿、渋谷、目黒(目黒、中目黒、自由が丘)、千代田(大手町、丸の内、秋葉原、遊楽町)、港(お台場、新橋、麻布)、品川、台東(上野、浅草)

09月30日 電子書籍としてのリサイクル・廃棄物処理の総合ガイド

2021年10月下旬 リターン発送

2022年10月下旬 Gomimapのサポートにより、新種類(例:生ゴミ、白色のポリプロピレン)のリサイクルスポットを設立する。


電子書籍としてのリサイクル・廃棄物処理の総合ガイド 

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



リターン

ー プレミアム・パートナー 50万円(プレミアム・パートナーは、メインドネイターとして、12カ月間、当社のホームページおよびソーシャルメディアサイト(Twitter、LinkedIn、Facebook)で宣伝されます。

ー パートナー 10万円(パートナーは12ヶ月間、メインドナーとしてホームページ上で宣伝されます。

ー リサイクルと廃棄物管理のための電子ブック 2千円(効率的なリサイクルのための包括的なガイド、リサイクルしやすいパッケージの製品レビュー、その他のプレミアムコンテンツを作成し、支援者全員に送付します)。

ー 支援金 1千円(支援者には、感謝のメッセージと、より持続可能な日本の構築に積極的に参加する機会を提供します)。


最後に

ー未来の世代、そしてより良い環境づくりのため、ご支援お願い致します


チーム紹介

ーRaphael Niecko:

データを使って世界をより持続可能にするという個人的な目標。

ドイツとポーランドの会計監査業務に従事し、その後、ドイツと日本において財務会計アドバイザリー業務に従事。ドイツ語、ポーランド語、英語および日本語の4カ国語でのビジネス対応が可能。ドイツ基準、日本基準、IFRSで国際的なクライアントに業務提供した豊富な経験があり、ツールの開発や決算プロセス改善等の業務に従事している。

企業のサプライチェーン全体の温室効果ガス排出量を透明化するために、温室効果ガス排出量に関するプロセスマイニング技術を適用したのは世界で初めてです。

Association of Process Mining Japan: プロセスマイニングを活用して持続可能性の目標を行動に移す方法

CO2排出量対策万全ですか? プロセスマイニングがCO2削減目標管理を一歩先に進める


ーBrian Pham:

神奈川県に3年間住んでいたこともあり、クラウドテクノロジーとサステナビリティの愛好家でもある。

Corplite Technologies社の代表取締役。WebサイトやWebアプリの制作、ITやブランディングに関する総合的なソリューションを提供するデジタル総合企業。

Lightweight Corporate Solutions | Corplite Technologies

COVID-19トレーサーを開発し、オーストラリア国内の2万社以上の企業にCOVID-19との付き合い方や管理の仕方を教えている。

COVIDTracer | Contactless Community Tracing - Australia's gold Standard


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください