はじめに

「(認定)特定非営利活動法人ラオスのこども」は、ラオス出身のチャンタソンが日本の仲間たちとともに、1982年に活動を始めた団体です。私たちは、子どもたちが自らの力を伸ばし、人生を主体的に選択できるよう、日本とラオスの人々が共同しながら、読書に親しむ環境をつくることをめざしています。
おもに、「ラオス語図書や紙芝居の出版」「学校・地域での図書室の開設」「教員向けの図書室運営と図書活用の研修」「作家の発掘と育成」子どもが集い遊び学べる「子どもセンター」の運営支援などを行なっています。

このプロジェクトで実現したいこと

【ラオスの教育の現状、課題】
ラオスでは植民地時代の教育政策やベトナム戦争の影響など、歴史的・経済的・地理的なさまざまな要因で、教育環境の整備が不十分です。近年、ラオスの経済は首都ヴィエンチャンを中心に急速に成長していますが、教育の質の改善はまだ十分には進んでいません。とくに地方では書店や図書館がほとんどなく、家庭で本を読んだりする習慣もないため、子どもが本に親しむ機会が限られています。このような中、子ども達が十分な読み書きの能力や思考力、表現力を身につけることは難しく、子どもたちが人生を主体的に生きることが困難な状況が続いています。

【学校を拠点に子どもの読書の機会を拡げる】
私たちは、1995年からラオスで学校図書室の開設支援に取り組んでいます。ラオス国内に小中学校は11,000校あり、図書室が設置されている学校は10%程度とまだまだ圧倒的に少ないのが現状です。このプロジェクトは、学校を拠点に読書の機会を拡げ、読書の習慣を根付かせることで、子どもたちの成長を支援し、教育の充実に貢献するものです。

【ラオスの小中学校2校で図書室を開設】
当会ラオス事務所にはラオス各地から、学校に図書室を開設して欲しいというリクエストが寄せられています。その中から、中部のカムアン県またはヴィエンチャン県の2か所で学校図書室を開設します。学校の選定にあたっては、管轄する県の教育スポーツ局と連携し、「図書室とするための充分なスペースを確保できるか」「図書室を運営する担当教員を配置し、研修を実施できるか」「校長をはじめととした学校関係者が責任を持ち運営できるか」「近隣の図書室の設置状況」などの基準をもとに、最終的に図書室を寄贈する学校を選びます。



図書室にする部屋は、必要に応じて簡単な補修します。本棚、読書用の椅子などの家具、書籍400~450冊、図書室の運営に必要な文房具、本の補修に必要な道具を提供します。子どもの年齢に併せた図書を準備する他、教員や地域住民も活用出来るように大人向けの図書も入れます。
ラオス語図書、本棚、椅子、文房具を提供して、図書室を整備

開設にあたり、図書室運営を担当する先生やボランティア生徒(=図書委員の役割)を対象に、図書室運営と図書の活用方法を理解し実習するセミナーを2日間に渡り実施します。先生も生徒も、教科書以外の本に触れたり図書室を利用した経験がほとんどないため、図書室の役割や運営方法を基礎から学んでもらいます。具体的には、本の登録や貸出カードの記入法、本の補修の仕方や、貸出の練習を繰り返し、子どもの興味をかき立てるための読み聞かせやゲームなどのノウハウを伝え、練習します。

このプロジェクトをやろうと思った理由

6歳になれば小学校に入り、卒業すれば中学校に入学出来るのが日本です。しかしラオスでは状況が違います。学校が遠い、授業がつまらない、先生の話す言葉(公用語であるラオ語)と自分が家で話す言葉(民族の言葉)が違い理解できないなどの理由から、十分に学べずに学校をドロップアウトしてしまうこともあるからです。小学校の卒業率は全国平均79.8%で(ラオス教育スポーツ省2019-2020)、入学した子どものうち5人に1人は卒業できずにいます。地方部では66%のところもあり、そのうちの約半数は低学年の1~2年生のうちにやめてしまっています。その結果、子どもたちは、社会で生きてゆく術を持てず、限られた仕事しか選べないなど、可能性を広げることがむずかしいまま育つことになります。この状況を少しでも改善するために、そして、ラオスの子どもたちの「学びたい」に応え、彼らがいきいきと成長することが出来るようにと、本を手がかりに教育環境を改善したいと思いました。

これまでの活動

1982年に仲間と始まった活動は、多くの皆さまのご支援により、これまでに、ラオス語図書226タイトル、約92万冊をラオスで出版し、配付してきました。また、329 校で図書室の開設を支援して、先生や生徒たち向けに図書室運営研修を行い、本を読む楽しさを伝えてきました。
実施した学校からは、「読書によって、子どもが授業を理解するのが早くなった」「文字の習得がスムーズになった」「図書活動があることで、子どもたちが学校を欠席しなくなってきた」「ラオス語はもちろんほかの教科の成績も伸びた」という効果を感じる声が寄せられています。

私たちが今取り組んでいるのは、子どもたちの「もっと読みたい」「もっと学びたい」を支える活動が、ラオスの人々自らにより担われ、広がりと深さを持つようになることです。

資金の使い道

【学校図書室開設費用2校分】以下の費用が含まれます
図書購入費(400~450冊)
本棚・椅子・床マット購入費
看板作成費
図書室管理用文具費
図書室運営開設セミナー実施費(図書輸送費、ガソリン代、講師料、講師スタッフ宿泊費等
事業管理費(手数料)

実施スケジュール

2021年6月~7月:学校の選定(県行政機関と共に、 候補校から選びます)
2021年7月~8月: 図書・備品購入、図書登録準備作業
2021年9月~11月:図書室の開設
           (ラオスの新学期は9月から。学校と相談し開設日を決定します)
2021年12月:報告書(リターン)発送

最後に

身近にいつも本がある環境が出来ることで、子どもたちが新しい本、いろいろな種類の本を読むことができ、読書習慣を持つことができます。読書を通して、生きる上で欠かせない識字能力を獲得し、自分の可能性を広げることにつながります。子どもたちの生きる権利を守り、育つために必要な環境をつくる活動は、多くの皆さんにご支援をいただいて初めてなし得るものです。

ラオスの子どもたちの「学びたい」に応えるべく、ご支援ください。

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

<寄付型クラウドファンディングの税制優遇について>
個人が非営利の特定の法人に対し、事業に関連する寄附をした場合には、 所得税(国税)の計算において、寄附金控除(所得控除)又は税額控除のいずれかを選択して確定申告を行うことにより、所得税の控除を受けられることがあります。税制上の優遇措置がこのプロジェクトにあるかどうか、また優遇措置の試算の詳細は当団体にお問い合わせください。
※「寄附金控除」「税額控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、当団体が発行した「領収証」の提出が必要となります。領収証は2021年12月頃にお送りする予定です。すぐに領収証が必要な方はご連絡ください。
※領収証はGoodMorning又はCAMPFIREではなく当団体が発行・郵送いたします。

【お問合せ先】
(認定)特定非営利活動法人ラオスのこども゙事務局
 E-mail: alctk@deknoylao.net

  • 2021/05/31 18:30

    5月30日をもって、私たち特定非営利活動法人ラオスのこどものクラウドファンディング「ラオスの学校に図書室を!」が終了しましたので、ご報告いたします。今回、目標金額の60万円を大きく上回る、合計804,000円ものご寄付をいただきました。ご寄付をいただいた方の人数は53人にもおよび、日本各地のた...

  • 2021/05/27 22:46

    たくさんの皆さんに、この活動を応援いただき本当に嬉しく思っています。今日は、現地ラオス事務所に併設している図書室の様子を紹介します。事務所併設図書室の日常風景今はコロナウイルスのため、事務所付近はロックダウンとなっていることから、図書室も閉じていますが、通常だと、近所の中学生たちがよく利用しに...

  • 2021/05/24 10:41

    5月21日(木)19時~、この取り組みをもっと良く知っていただくための特別企画として、オンラインイベントを開催し、16人の方にご参加いただきました。ラオス現地から、代表のチャンタソンと駐在員の渡邉が参加し、まずは、図書室をどのように開設するのか、その手順を写真で具体的に説明。さらに図書室ができ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください