※2021年9月29日追記※

クラウドファンディング終了まで残り1日となりました。支援者様、プロジェクトに興味を持っていただき訪問してくれた皆様ありがとうございます。


Kanasaとは?

このページに興味を持っていただきありがとうございます。女性生活支援Kanasaです。

※現在一般社団法人設立準備中ですが行政書士の先生に設立登記依頼をしてますが他社様の給付金申請手続きなどを優先してもらっているので8月中には登記が完了出来るかと思います。




2020年から、女性の生活支援活動をしており2021年から本格的に活動しています。

2021年6月には第一回クラウドファンディングに挑戦し、3名の支援者様から11,500円のご支援をいただき、シェルターの寝具を増やすことができました。

2021年度現在の相談・保護実績

相談件数実績:84件 
シェルター入居人数:21名(退所含む)
食品支援送付件数:42世帯。

【Kanasa女性スタッフ撮影】

なぜこの活動が必要なのか

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が、広く深く生活困窮者を追い詰めています。
会社が倒産した、経営悪化で雇い止めになった、お店が自主休業で働けない、

そんな事情で、寮を追い出された、明日寝る場所が無い、明日食べる物がない、今日食べる物を買うお金がない、生理用品が高く思えて買えないといった困窮者が増えています。

(kanasaスタッフ撮影)

それに伴い、歌舞伎町などの繁華街で今日泊まれる所や今日の食事を提供してくれる方を求める女性がコロナウイルス発生前よりも増えています。そのような女性に声をかけてくるのは何かしらの見返りを求める方が多く寮付き違法風俗店斡旋や性的搾取などの被害が多く発生します。

Kanasaの活動で被害を少しでも減らし女性が安全な場所で睡眠を取り、また食事をちゃんと食べ明日に歩き出せるよう継続して支援の活動をしていきます。



このプロジェクトで実現したいこと

現在、Kanasaのシェルターはアパート2部屋の運営で、部屋数が不足しています。

シェルターが可能な物件を毎日探していましたら条件にあった物件を見つける事ができ、現状販売を条件に交渉していき420万円の破格で購入することができました。

ここしかないと購入しましたが、シェルター増設資金として、応援をお願いしたく、このページを立ち上げました。

また、食品や生理用品の支援物資を手紙のように84円では送れないので1箱送るのに1390円程発生しております。
シェルター含め応援をして頂ければ幸いです。

【Kanasaスタッフ撮影】

※シェルターは現在18歳〜の女性を対象に運営しています。シェルターでは定期的に女性スタッフが訪問し安全の確認や相談などを行います。現在は行っていませんが、シェルターで女性スタッフと入居者で食事会を行う予定です。

自主性を尊重しているため、ルールは利用者たちで決め、食事づくりやゴミ出しなども自分たちで行います。管理者は常駐しませんが、いつでもスタッフがすぐに駆けつけられる体制をとっています。ここで生活する間に、生活スキルを身に付け仕事をしてお金を貯めたりし、一人暮らしなどの自立を目指します。


資金の使い道

物件費:420万円(印紙など諸経費除く)
リフォーム費:約15万円(内装設備の資格保持の代表が施工するため材料費のみで人件費は0円です)
室内生活備品:約9万円
郵送費:1390円✖️1ヶ月平均21世帯=29,190円
リターン作成費+クラウドファンディング手数料(9%+税)

上記の合算額の半分の額を応援して頂きたいです。
支援額が2,240,000円以上になった場合は超えた分を生活備品購入に当てさせてください。


【Kanasaスタッフ撮影】

実施予定スケジュール

8月中旬 物件引き渡し(都内※シェルターの観点から住所詳細は非公開)
8月下旬 リフォーム開始(キッチン交換・襖交換・クロス張り替え・クリーニング)
9月上旬 家具家電購入及び搬入(冷蔵庫・洗濯機・テレビ・ベッド寝具・食器・入浴用品)
9月月上旬 シェルター提供開始
10月上旬 リターン発送

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



リターン

ご支援金額に応じてお礼をお贈りさせていただきます。

また、1万円ご支援いただいた方を「シェルター1日オーナー」、3万円で「3日オーナー」、7万円で「1週間オーナー」10万円で「10日オーナー」とさせていただき、オーナー証を発行、ご希望の方には活動報告書にお名前を掲載させていただきます。



最後に

Kanasaでは、シングルマザーを初め様々な理由で食べ物・生理用品や寝る場所に不自由している女性を支援しています。

現在、性別に関係なく住まいや生活に困っている方の支援も計画しています。私たちは、出会った一人ひとりに対して何が必要か、安全や安心が守られる暮らしづくりのために何ができるかを考え、枠にとらわれずに支援の道を作っていきたいと思っています。

活動は現在公的な資金援助を受けず代表者からの活動資金提供で運営しています。

みなさま一人ひとりの応援が、直接的な力になります。
一人でも多くの方が安心して過ごせる場所を提供するために、そしてこの活動が継続していけるよう、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。



代表理事について

沖縄県出身で定時制高校を中退後建設業と夜の接客業を掛け持ちしながら19歳の時に埼玉県に移住。
仕事の紹介予定者と連絡が取れなくなり埼玉県初日に住む場所や仕事の当てを失い財布も盗難されたため数日間公園での生活を経験。一年間寮付きの仕事に従事し資金を貯め独立。現在は建設関係・WEB関係・サロン運営・家や食べ物に不自由した経験から生活支援を行っている。

■特定商取引法に関する記載

 ●事業者名:デサフィオグループ・ホールディングス合同会社
 ●事業者の住所/所在地:〒164-0013東京都中野区弥生町2-43-2アーバンプラザビル2F
 ●事業者の電話番号:現在相談者専用の番号のみ用意しているため請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/09/29 00:11

    クラウドファンディングが残り1日となりました。支援者様ありがとうございます!昨日は1日支援物資の購入と配送伝票の宛名書きを行いました。今回は様々な食品を入れたので感想が楽しみです!

  • 2021/09/16 00:34

    ご支援者様、活動報告書ページに来てくださった皆様ありがとうございます。kanasaです。日付変わって昨日は1日12世帯分の支援物資の購入や箱詰めや発送伝票を書いていました。お子様が居るご家庭にはお菓子も送っていますがお菓子の種類が多すぎていつも迷ってドンキのお菓子売り場に1時間は居ます…美味し...

  • 2021/08/24 13:19

    今日は千葉県と沖縄県と神奈川県に送る支援物資の梱包発送をしました。コロナ禍で配送が忙しいと思いますが、迅速にお届けしてくださるクロネコヤマトさんには本当に感謝してます!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください