はじめに

新型コロナウイルスにより辛い思いをされている方々に心よりお見舞い申し上げます。
未だなお新型コロナウイルスの収束が見えない中でのファッションショー開催に、ご心配な面もおありと拝察しております。そのため当日会場では、三密を避け、ウイルスの感染予防対策に万全を期してのご対応をさせていただきます。この状況が一日もはやく収束を迎えることを祈っております。またこのページ内に不快なことばを含む文章がありましたことを、お詫びさせていただきます。可能な箇所は編集いたしました。大変申し訳ございませんでした。(更新日:2021年6月21日)

もくじ

1.プロジェクトの概要と私たちの団体説明
2.コロナ禍でのショー開催という決断
3.なぜ横須賀なのか?なぜファッションなのか?
4.ファッションショーを通じて実現すること・出演者の方々の思い
5.ファッションショーの詳細
6.実施スケジュール
7.リターン
8.最後に


1.プロジェクトの概要と私たちの団体説明



※1  株式会社 LGBT 総合研究所(博報堂DYグループ)の「LGBT意識行動調査2019」より出典元リンクhttps://www.daiko.co.jp/dwp/wp-content/uploads/2019/11/191126_Release-1.pdf


写真上段左から清水一紀、髙野裕大、田中直幸
下段左から高信和康、山口祥太郎、山川莉奈

2.コロナ禍でのショー開催という決断

ReCropのメンバーには大学に入学したときから、一年以上もの間ほぼオンライン授業しか経験したことのないメンバーがいます。現在も新型コロナウイルスの影響で対面授業やサークル活動はなく、大学に通える状況ではありません

そんな状況下で私たちは、ネット環境さえあれば地方でも仕事や教育に困らない時代ではないかと考えるようになったのです。そして2020年8月に清水と高信が中心となり、この地方創生団体を立ち上げることになりました。コロナ禍の今だからこそ各地域に密着することで、地方の魅力を発信できるのだと思います。


設立から一年弱がたった今では多くの人に支えられて、私たちの活動ができています。今回はその方々への恩返しの思いも込めファッションショーの開催をいたします。

新型コロナウイルスによって大変生きづらさを感じる状況ではありますが、LGBTQの方々をはじめとした出演者の皆さん、協力者の皆さん、そして私たちReCropを応援していただければ嬉しいです。


3.なぜ横須賀なのか?なぜファッションなのか?

 神奈川県の南東部に位置する 横須賀市はかねてからの国際都市です。江戸時代にはペリーが来航し、開国後は日本の玄関口として、また国防の要所として日本の近代化を支えてきました。第二次世界大戦後は、東京や横浜のベッドタウンでありながらも、アメリカ軍や自衛隊の拠点として発展しました。このような国際色豊かな横須賀は異国との交流に加えて、LGBTQの人たちにとっても居心地のよい場所として有名なのです。横須賀市は「守る、支える、育む、繋げる」という施策方針のもと、LGBTQ向けの施策が日本でもっとも多い都市です。また横須賀市では異性のパートナーシップ制度に加え、「横須賀市パートナーシップ宣誓証明制度」が導入されています。ReCropはそんな横須賀の一面を取り上げて、LGBTQについて知る機会を全国的に広めていけることを願っています。

 ファッション世界共通の自己表現の方法です。人は知らず知らずのうちに、感情や理想の姿をファッションを通じて周りに伝えていると言われています。だからこそファッションをきっかけとすれば、LGBTQの人たちがもっと自己発信をしやすい世界を作ることができるとReCropは考えます。ファッションという共通項で自己表現をし、多様な人が住みやすい街であることを日本、そして世界にアピールしていきます。


4.ファッションショーを通じて実現すること・出演者の方々の思い


※出演予定者でしたが出られなくなってしまった方は、ページ内の編集不可の箇所に掲載されている場合がございます。

5.ファッションショーの詳細

・開催日時  8月31日(火)
・開催場所  横須賀芸術劇場小ホール
・入場料   3,000円(クラウドファンディングのリターンの他にも当日券あり)
・出演者   30名ほど(出演者は全国各地から応募がありました!)
       ※特別枠として、難波遥さんも出演します。
・入場客定員 500名
・その他   どなたでもお越しいただけます。お子さま連れの方、学生、横須賀市以外からもお待ちしております!

※また特別枠として一般社団法人NELDのプロデュースする「GEMs projectのイメージリーダー」の方々も出演していただくことが決定いたしました。イメージリーダーは横須賀市をPRするためにSNSを中心に発信しており、今回はReCropとともに横須賀市を発信していくことになりました。なおReCrop公式ページなどに「地元アイドル」、「横須賀イメージリーダー」と表記されていますが、これからは同一のものを指し今後は「GEMs projectのイメージリーダー」という表記をしていくことになりましたので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

GEMs projectのイメージリーダー

感染予防対策について

入場時の検温で37.5°C以上の方のご入場をお断りさせていただきます。また三密回避を徹底するため開演の一時間前に開場いたします。関係者ならびにスタッフも、検温で37.5℃以上の者や体調不良者の活動停止 、会場入室時の手指の消毒マスク着用と咳エチケットの徹底を行ってまいります。

行政よりイベント自粛要請が発令された場合、もしくは状況により観客を受け入れない方が良いと判断した場合には、中止もしくは延期またはライブ配信による無観客のオンライン開催をすることがあります。その際の対応についてはメールにてご連絡させていただきます。ご了承いただけますと幸いです。


横須賀市の市民部人権・男女共同参画課からの後援をいただきました!

資金の使い道
皆さまからいただいた支援は、リターンのための準備費用をはじめとして、当日の会場費や、全国各地からおいでになる出演者の方々の交通費に使わせていただきます。

用途の詳細

・リターン準備費用    約10万円
・会場費(施設利用料)  約10万円
・出演者交通費      約8万円
・広告宣伝費       約5万円
・感染症予防対策費用   約1万円
・GoodMorning手数料    約6万円(14%+税) ※早期入金サービスを利用させていただきます。


6.実施スケジュール

【8月31日】
ファッションショー開催    
14時開場 15時開演
【9月18日】
リターン品(感謝のメッセージ動画)送信開始
リターン品(サイン色紙、直筆寄せ書き)発送開始
リターンサービス(横須賀案内)開始 ※案内者とお客様の都合によって日程調整します。
リターンサービス(打ち上げ)実施  

<All-or-Nothing方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。



7.リターン

¥2,000ー【応援枠】
①出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画
(応援枠はすべてのリターンに含まれます)

¥3,000ー【250名限定】
ファッションショーチケット&②出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥5,000ー【50名限定】
①ファッションショーチケット &②会場で出演者との記念チェキ&③出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥5,000ー【20名限定】
①ファッションショーチケット &②イベント運営を一緒に作り上げる枠(学生向け)※昼食付&③出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥5,000ー【250名限定】
①イベント出演者のサイン色紙&②出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥7,000ー【50名限定】
オリジナルTシャツ&②出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥10,000ー【15名限定】
①ファッションショーチケット &②ファッションショーのフォトアルバム付、出演者とスタッフ による直筆の感謝メッセージ寄せ書き&③出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥10,000ー【10名限定】
①後日行われる打ち上げイベント参加券&②出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥20,000ー【20名限定】
①GEMs projectのイメージリーダーとスタッフが案内する横須賀観光&②出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画

¥50,000ー【10名限定】
【企業様におすすめ】
チラシ・パンフレットへの名前掲載&②オリジナルTシャツ&③出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画 

¥100,000ー【10名限定】
【企業様におすすめ】
ウォーキングの際にご紹介&②エンドロールでお名前(御社名)、ロゴの掲載&③チラシ・パンフレットへの掲載&④ファッションショー当日の物販スペースの確保(ご希望の場合)&⑤ReCropのSNSでご紹介の投稿掲載&⑥出演者とスタッフによる感謝のメッセージ動画



8.最後に

新型コロナウイルスによって生活に不自由を感じる状況ではありますが、LGBTQの方々をはじめとした出演者の皆さん、協力者の皆さん、そして私たちReCropを応援していただければ嬉しいです。

メンバー紹介

地方創生団体ReCropメンバー紹介
清水一紀(しみずかずのり)    慶應義塾大学法学部政治学科2年 20歳
田中直幸(たなかなおゆき)青山学院大学教育人間科学部心理学科3年 20歳
高信和康(たかのぶかずやす)   慶應義塾大学法学部法律学科2年 19歳
髙野裕大(たかのゆうだい)     玉川大学観光学部観光学科3年 20歳
山川莉奈(やまかわりな)   上智大学総合人間科学部心理学科3年 20歳
山口祥太郎(やまぐちしょうたろう) 玉川大学観光学部観光学科3年 20歳


ジェンダー・セクシュアリティ分野での活動

性のあり方について学ぶ大学での講義に加え、日々メンバー間でも議論をしています。地方へ訪問する際は、相手の年齢を問わず次世代の生活スタイルや働き方と性との関係などについてお話をさせていただく機会が多く沢山の意見をいただいてきました。このような大きなイベントは今回が初めてですが、成功に向けて関係者一丸となって取り組んでまいります。


ページ作成・文責 高信和康

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください