はじめに

NPO法人Love Eco 周南は、これまで培ってきた青少年育成事業で、コロナにより外遊びを制限されている子どもたちへ自然体験を提供します

解決したい社会課題

1年以上続くコロナ禍はこれまで経験のしたことのない社会の変化をもたらしました。これまであたりまえだった子どもたちが外で遊ぶことさえも制限しなければならなくなりました。

夏休みには海や山、公園、プールで遊べていた子どもたちは今、ただじっといつ終わるかもしれないコロナの終息を待つしかありません。

私たちNPOでも10年以上にわたり毎年企画していたこどもキャンプを中止せざるを得ない状況です。

しかしワクチン接種がすすみ、ようやくアフターコロナとよべる時が間もなく到来しようとしています。

また、自然体験からこどもたちが学び得られることはとても貴重な経験となります。

自然の中でたくさん遊んだこどもは、自分の頭で考え、実際に体験し、工夫してあそびます。そんなこどもは大きくなると自分で仕事を創り出せる、そんな大人へと成長するそうです。

今こそ子どもたちへ自然で遊べる機会をあたえてください。

このプロジェクトで実現したいこと

コロナに対応した自然体験プログラム

子どもたちの参加費無料で以下のデイキャンプを最大10人で行います。こども一人につき5000円。ご支援いただいた金額に応じて複数回開催します。

9時集合 自己紹介とアイスブレイク 場所 周南市須金

9時30分 野鳥観察 ブッポウソウを双眼鏡で探してみよう

10時30分 ツリークライミング 樹の上から鳥の気持ちになってみよう

11時30分 野外炊飯 たき火を使って調理してみよう

13時 森のアーチェリー 森を散策しながらアーチェリーを楽しもう

15時 生き物観察 虫かごもって虫を探そう

16時 こども哲学 体験したことを考え、話してみよう

16時30分 感謝の手紙を書こう 最後にご支援くださった方へありがとうを伝えよう

17時 修了式後 解散

※1回の開催を感染症予防のため最大人数10名までとし、飛沫感染防止に努めます。

※開催場所は周南市須金周辺の自然を活用します 弊社は10年以上毎年こうした体験イベントを行っていますので設備と備品、安全性は確保しています。

※雨天の場合、代替プログラムは用意していますが、終日悪天候の場合は延期とさせていただきます。延期の目安はおよそ2週間後。

※安全性について 各プログラムに専門性のある外部講師を招いています。ツリークライミングはツリークライミングジャパンの公式ファシリテーターである福田陽一が担当します。森のアーチェリーは常に業務として営業している専門スタッフが指導を行います。またボランティアスタッフが子どもたちと同じ目線で仲間であり、安全を見守る大人の役割を担います。



資金の使い道

ー目標金額の内訳、具体的な資金の使い道

【例】支援金5万円、10人で開催の場合
講師謝金:2万円 5000円×4人
昼食材料費:1万円
広報費:0.5万円
体験材料費:1万円
手数料:0.5万円 9パーセント+消費税

実施スケジュール

ープロジェクト自体の実施スケジュール
10月上旬 募集チラシ配布
10月中旬 プログラム講師調整、体験材料購入等準備
10月31日(日) 事業開催 
事業開催後1週間以内にリターンの発送
 以降、集まった金額により随時開催

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン
体験した子どもたちから感謝の手紙と当日の体験の様子を報告します。

最後に

どうか、こどもたちに最高の思い出をつくらせてあげてください。

ご支援をよろしくお願いします。

チーム/団体/自己紹介・活動実績など

NPO法人Love Eco 周南…これまで10年以上毎年たくさんの支援機関から青少年育成事業を行ってきました。例)ダンボールコンポーストを使った野菜を園児と体験。いなかの学校。里山サスティナブルスタディ。森のハロウィン。などなど

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください