はじめまして
ueda_ysa です
初めてのプロジェクト
はじめに・ご挨拶

 はじめまして、私は有限会社上田ワイ・エス・エー代表取締役の須﨑祥史と申します。弊社は長野県上田市にて1974年に学習塾として創業し、塾・大学予備校・通信制高校など教育事業を展開して参りました。私は2018年に入社し、昨年代表に着任しました。46歳です。趣味はモータースポーツ観戦。好きな食べ物は刺身です。
 現在、会社運営とともに通信制高校技能教育施設にてパソコンの操作を学習する授業も担当しております。


このプロジェクトで実現したいこと

子どもたちが安心して楽しく通える教室を目指して

①不登校の子たちを対象に、少しでも前向きな気持ちを持ってもらうことを目的とした「パソコン教室」の立ち上げ。
②eスポーツを楽しみ、技術と人間性を養う「eスポーツ教室」の立ち上げ。

いずれもパソコン操作を通じて、子どもたちと一緒に学びつつ寄り添っていきたいです。


 私は、不登校生の子どもたちを対象とした「パソコン教室」を立ち上げたいです。今まで通信制高校でパソコンの操作を教えてきました。実は私自身も一時期外に出れなかった苦しい時がありました。その経験から様々な事情を抱えている子を支援したいという想いは日に日に増しています。
 そして私が立ち上げたい新たなパソコン教室は不登校の子に完全個別で行い、安心して来やすい教室にしたいです。パソコンの操作はこれからの進学や就職にむけて重要だと思ってます。私ができるのはパソコン操作を通じ課題をクリアしていく達成感を感じ取ってもらい、前向きな考えを持ってもらうためのお手伝いができればと思っております。そしていずれかは社会に出ていけるきかっけになれればと思います。講義については、ワードとエクセルの基本的な操作をのんびりと学ぶスタイルにします。

 それにプラスして今注目されているeスポーツ教室も取り入れます。専門家による指導の下、子どもたちがゲーミングパソコンで楽しくプレイすることを通じて、切磋琢磨し、eスポーツのメリットである「コミュニケーション力」を身につけたりするなど、自身を成長させてもらいたいという想いがあります。

 昼間は「ワード・エクセル教室」、夕方からは「eスポーツ教室」の2本柱で立ち上げる予定で、いずれの教室も同じ校舎で行い運営していく予定です。

新しく使用する校舎


高校生をサポートしてきて

 私は約4年間通信制高校でパソコンの授業を担当させていただき、多くの生徒と関わりました。そこで感じたことは、生徒一人ひとり様々な事情を抱えていても、高校を卒業したいという目標達成は皆同じで、自分なりに頑張っている様子を多く見ました。
 今まで登校できなかった生徒があるきっかけで少しずつ学校に来れるようになった。それを継続させる。継続することは大変なことですが、自分のペースでコツコツと前向きに頑張っている姿に感動しました。 そして私は生徒が登校できたわずかな時間にパソコン操作を教えることで、その生徒に合ったコミュニケーション方法や学習ペースを考え、実行してきました。また悩んでいる生徒がいれば寄り添って話を聞いて少しでも気持ちを落ち着かせることなど意識してきました。時には授業にならないこともありました。それでも私なりのスタイルで対応しております。


「私自身、一時期外に出ることができず仕事もできずに苦しんだ時がありました。」

 私はある事がきっかけで何もする気力もなく家にこもる日々がありました。外出した時に人と会うのがこわいと思ったり、店舗や駅などの人の多いところに恐怖感を感じたりし、人とのコミュニケーションを嫌う日々でした。「仕事に行かなければ」と思えば思うほど苦しかったです。そのような私でしたが、周りの方々の理解と支えがあり、苦しいけど前向きに考えようと思うことが多くなってきました。そして少しずつ外に出ることができるようになりました。やがて 時間はかかりましたが自分のペースで復帰することができ、現在は普通に暮らしています。苦しい時に行動に移すのは難しいです。嫌なことや不安になってしまうことから逃げたいという気持ちはありました。しかし何かのきっかけで、がんばりすぎずに前向きな考えを持てるようになれば克服できると私の経験から思います。少しでもその達成感をぜひ今苦しんでいる子に知ってもらいたいです。今度は逆の立場になり、苦しんでいる子を支えていきたい。
 もし私の経験と同じ場面に境遇している子がいるならば、「あせらずに、長い人生こういう時もあるものだ。前向きに考えましょう。」と伝えたいです。
 今回立ち上げるパソコン教室は「少しやってみようかな」という気持ちの時に「気軽に通える教室」になれればと思っております。


自分のペースで

 私は生徒とのコミュニケーションを大事にする中で、授業を通じて自然と会話が生まれ、お互いくだらない話をする。生徒が安心して学校に登校しやすい環境を作る。今日もしかしたら教室に入ることができないかもしれない。しかし私は学校に来てくれたことに嬉しさを感じます。学校に登校するという前向きな考えがあったからです。
 これから今回立ち上げる教室も今までと同様に、受講生が安心して授業を受けてもらえるよう、話をゆっくりと聞きたいです。授業のペースが遅くなってもかまわないです。悩みがあればいろいろな話を聞かせてもらいたいです。どちらも一方的にならず「お互い」にゆっくりと自分のペースで歩んでいきましょう。

 


「自信がつきました」
 ~在籍する生徒からのメッセージを紹介します。~

 「僕は今までパソコン経験のあまりない状態でのスタートでした。小学生の頃パソコン操作があまりできず、つらい経験をしました。しかし今は授業でしっかりと習得できています。今までの分を取り返せていて充実感があり、自信がつきました。
 授業はワードの基本的な部分から学習をはじめて、様々な課題をクリアしてきました。そして絶えず興味を持ち、意欲的に学習できたのは、先生が学ぶ内容一つひとつをわかりやすく丁寧に教えてくださることにあると思います。
 課題の中には難しく理解に時間がかかる内容があります。しかし生徒のペースに合わせ理解できるように工夫して教えてもらえるので学習の終わりには教えてくださった知識と技術を用いて応用的な部分もこなせるようになります。
 自分自身の成長を実感でき、その嬉しさが次の学習へのモチベーションにもつながりました。このパソコン学習で得られた知識や楽しさは将来に活きるものだと思います。」


私が保護者の方へお伝えしたいこと

 私は不登校生の子をもつ保護者の方とお話をする機会に何度か参加させていただきました。お話をさせていただく中で、保護者の方も「今の状況を何とかしたい」という気持ちと、「子どものために」という気持ちを強く感じました。保護者の方も苦しんでいるという状況が伝わってきました。私はカウンセラーなど専門の資格はございませんが、保護者の方と意見交換を行い、陰ながら支援させていただければという思いで取り組んできました。
 今回の教室は保護者の方をはじめとしたその子の周りのサポートに、ほんのわずかパソコンの操作を教えるという形ではありますが参加できればと思っております。静かな環境の中でワードの操作をひとつ覚えるだけでも今後に向けて前進できるひとつのきっかけになると私は思います。「今日は授業を受けたくない」というときもあると思います。その時は無理をしないでください。私はまた次来てくれる日を信じて待ちます。



eスポーツコースでは子どもたちが楽しく学べる場を

 さらになぜeスポーツ教室も同時に取り入れるかについてです。これは小学生から高校生を対象にして、子どもたちが楽しく学べる場を提供したいという想いがあります。
 私はeスポーツについては今まで関わってきたことがありませんでしたが、約2年前にeスポーツコースを導入している高校等、数校見学する機会がありeスポーツを知るきっかけとなりました。実際にプレイしている高校生の姿を見て、楽しみながら声を掛け合っている姿が印象的でした。また生徒がプロの指導者からアドバイスを受けている場面は、まさに私が理想としているすばらしいものでした。
 本校でも楽しみながら、ひとつのスポーツ競技として、専門の指導者の下で、豊かな人間性を持ったすばらしいアスリートになるための支援をしたいです。


私が感じたeスポーツの魅力

 eスポーツの学校を見学させていただき私が感じた魅力は、eスポーツのプレイを通じて集中力がついたりコミュニケーション能力が身につくことに関心させられました。チーム戦ならお互いに支え合い、同じ目標に向かってプレイするなど、eスポーツのメリットは私の目指すことと一致します。まだまだeスポーツについては初心者ですが、今後も専門家の方のご指導を受け、教室から一人でも多くの生徒がeスポーツの魅力を感じとってもらえたらと思います。


これまでの活動

 私は大学卒業後、8年間営業の仕事を経験し、その後約15年間教育関連業界に携わりました。その中で医療系専門学校と通信制高校でワードとエクセルの基礎操作を行う授業を担当し、多くの生徒と関わってきました。中には文字入力するのは面倒と言って拒否する生徒もいましたが、話を聞いてあげることを心掛けたりして、私なりのスタイルで取り組んできました。
 若い時の営業時代に培った「お客様の声をしっかり聴く」、そして学校現場にて身につけた「生徒との接し方」、ともにまだまだ完璧とは程遠いですが実行して参りました。
 さらに生徒と文化祭などの学校行事を共に過ごせたことも大きな財産です。準備から片付けまで一緒に作業すると、普段の授業とは違った姿を見ることができました。そして同じ達成感を共有できたことが今でもいい思い出です。
 これまでこれといった大きなことを行ってきたわけではございません。どちらかというとオモテに出るタイプではなく、裏方でいるタイプだと言われてきました。しかし今回のプロジェクトに関しては構想から2年半かけて少しずつ準備を進めてきました。実現にむけて、そして生徒のために精一杯取り組んでいきます。


45年以上培った教育関連機関として

 上田ワイ・エス・エーは学習塾と大学予備校など展開し45年以上の歴史があります。多くの生徒に対し今まで様々な先生方にご指導いただきました。そして多くの卒業生が現在、社会の第一線で活躍しております。このように我々が培った教育関連機関としてのノウハウをこれから始まる新規事業に取り入れ、一人でも多くの子を支援したいと思います。
大学予備校時代のユニフォーム



「共に学ぶ」

 私はこれまで教育関連の業界で、良いこともあればつらいこと、難しいことも経験してきました。様々な出来事が私自身を成長させ、今でも「共に学ぶ」という考えを持って行動しています。私自身まだまだ学ぶことは多くあります。今でも生徒一人ひとりから得るものは多いです。これからも一緒に学んでいきましょう。


現在一緒に生徒対応している先生からのメッセージ

 「須﨑先生は、毎日登校時間になると玄関に立ち、生徒にやさしく挨拶し、声を掛けている姿が印象的です。どんな時でも、どんな話でも穏やかに、耳を傾けてくださるので、須﨑先生の前でだけリラックスして話をしてくれる生徒が多くいました。
 パソコンの授業の指導力も確かで、指導を受けた生徒は基礎から始めて、社会人レベルまでスキルを向上させています。
 また、eスポーツの授業では、普段あまり会話をしない子供たちが、eスポーツのゲームを通して、会話ができ、共感し合い、笑顔が生まれる瞬間を見てきました。eスポーツは、コミュニケーション能力を伸ばすツールとして大変有効です。しかし、それには、自由にゲームをさせているように見えて、須崎先生の的確な声掛けや、導きがあって成り立っているのだと感じています。
 長年教育活動に携わり、特に通信制高校で、不登校、発達障害、引きこもりなどで悩んでいる生徒や保護者の方々を支えてこられた経験は、これから須﨑先生が中心となって始めるこの教室づくりに最大限に活かしていけると確信しています。
 生徒に寄り添い、共に学び、次のステップへと進むきっかけを生み出し、子供たちの前向きな未来を作る教室にどうぞご支援を賜りますようお願い申し上げます。」



資金の使い道

ご支援いただきました資金は、パソコン教室ならびにeスポーツ教室にて生徒が使用するパソコン5セット分と、建物が20年以上使用しておらず、教室整備の資金として大事に使わさせていただきます。

・ゲーミングパソコンセット5台分 約1,358,000円
・教室整備費 約428,000円
・手数料 約160,000円


リターンについて

ご支援いただいた方々には、
・心を込めて御礼のお手紙を発送させていただきます。


・開校した教室内に「ご支援いただいた方々」として、名前が書かれたプレートを作成し掲示させていただきます。(掲載期間2023年8月31日まで)

支援者プレート掲示予定場所


・ワードエクセルコース60分3回分(授業料サービスさせていただきます)
 初心者の方で教室にお越しいただける方ならどなたでも3回分受講できます。


・「子どもたちに激励のメッセージを」
新しく立ち上げる教室に通う生徒にメッセージを届けます。不登校でも前向きに頑張る生徒、さらに一方でeスポーツアスリートを目指して頑張る生徒にメッセージをお願いします。色紙を用意しますので直接お越しいただける方は直筆で、遠方の方は代筆させていただきます。いただいたメッセージが書かれた色紙は教室内に掲示させていただきます。


・「気軽に面談」
 学校でいう保護者面談のような雰囲気ですが、個別で気軽にお菓子でも食べながら意見交換します。不登校生をもつ保護者の方で教室にお越しいただける方となります。いろいろなお話を聴かせてください。話し、お互いの考えを共有することでもしかしたら一歩前進するかもしれません。私は専門カウンセラーではございませんが、いままで教育現場で多くの保護者の方と面談してきました。その経験からお話しできればと思っております。


・オリジナルステッカー(3枚)
 上田ワイ・エス・エーの新しいロゴステッカーをお送りします。ぜひパソコンに貼っていただけると嬉しいです。(サイズ縦50㎜×横153㎜)


・ホームページにお名前を掲載
 「ご支援いただいた方々」として新設するホームページにお名前を掲載させていただきます。


・名入れオリジナルマウスパッド



・オリジナルポロシャツ
 速乾性、型くずれしにくい、UVカット等の機能があり、左胸に「YSA」のプリントがあります。
サイズはS、M、L、LLからお選びいただけます。カラーはジャパンブルー。



・楯
 プレートに感謝の意とお名前を刻印した記念の楯を製作しお送りします。(サイズ175㎜×125㎜、重さ400g、画像はイメージ画像です)

恐れ入りますがリターン商品の発送は国内に限らせていただきます。


実施スケジュール

2022年8月上旬~パソコン購入等 開校準備開始

2022年8月下旬 開校

2022年9月~ リターン実施


最後に

 私はよく他人からおとなしい性格と言われます。こんな私ではありますが、困っている人を支援したいという気持ちは昔から強く持っていました。私自身もいわゆる引きこもりになった経緯があり、その経験から自分なりに不登校生の目線で支援できればと思い、構想から2年半でパソコン教室を立ち上げることを決意しました。
 生徒たちが楽しく学べる場を作りたいです。たとえ小さな規模であっても社会に役に立てればと思っております。
 「苦しい時は伸びる時」、この精神で困っている子のお手伝いをしていく覚悟です。微力ではございますが精一杯取り組んでまいりますので、ご支援の程何卒宜しくお願い申し上げます。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください