皆様の応援のおかげで、なんとプロジェクト期間の前半にして、当初の目標だった【介助2人分の渡航費 86万円】達成しました。あたたかいご支援やコメント、本当にありがとうございます。

しかし、プロジェクトの最終目標は、普段、障害者の社会問題に直接かかわりのない方々にも、障害者権利条約や、そこで保障されているインクルーシブ教育の権利について知ってもらうことなので、私がジュネーブに出発するギリギリまで、プロジェクトは続けたいと思います。

第3目標は、私自身の渡航費を含めた【川端本人と介助者2人の渡航費 129万円】とします。

どんな障害があっても、障害のない同級生と同じ教室で過ごす権利が国連で認められていること、そして、インクルーシブ教育の権利を含めた、障害者の権利が日本で保障されているか、この夏、国連が審査することを、多くの人に知ってもらうきっかけになればと思っています。
引き続きのご協力、よろしくお願いいたします。



はじめまして、川端舞です。
私は障害がありながら、普通学校に通いました。障害者権利条約では、どんな障害があっても、必要な支援を受けながら、普通学校・普通学級で学ぶインクルーシブ教育の権利を認め、障害児でも過ごしやすいように、普通学校の環境を整えていくことを各国に求めています。

障害者のあらゆる権利を定めた障害者権利条約は、「障害者のことは障害者抜きに決めないで」を合言葉に世界中の障害者が参加して作成され、2006年に国連で採択されました。この夏、日本を審査する国連の委員も、ほとんどが世界中から選ばれた障害者です。日本からも多くの障害者が国連に向かい、日本の障害者の権利についての現状を訴えます。

私も国連ジュネーブ本部に行き、日本では分離的な環境で学ぶ障害児が増え続け、普通学校では必要な支援を受けられないことも多い現状を伝えます。審査結果次第では、日本の障害者施策が改善されることが期待されます。国連が日本の教育をどう審査するかを見届け、審査結果をもとに、普通学校に通う障害児やその保護者を支援し、どんな障害があっても普通学校に通えるよう、学校の環境を変えていきます。

小学校入学式当日に自宅にて

小中学校時代、私は学校でほとんど話せませんでした。私には言語障害もあり、私の言葉は聞き取れないと思われたのか、私が話しかけても、話を聞こうとしてくれる先生は少なかったです。
当時は、障害のある自分が悪いのだと思っていました。しかし、大学卒業後、障害のある仲間とともに障害者権利条約を学び、自分は悪くなかったと気づきました。権利条約では、ただ障害児を普通学校に通わせることがインクルーシブ教育ではなく、障害のある子とない子がともに過ごしやすいように、普通学校の環境を整えたり、必要な支援を提供することが大切だとされています。当時の私が学校で話せなかったのは、私の言語障害が原因ではなく、先生が私と直接話さない学校の環境が原因だったのです。

小学校時代の運動会

高校に進学すると、一転して、先生たちが私に話しかけてくれるようになりました。そんな先生たちの様子を見ていたのか、次第に、同級生も私に話しかけてくるようになり、学校生活が楽しいものに変わっていきました。
障害者権利条約では、障害のある人とない人が平等に生活できるインクルーシブ社会を実現するために、インクルーシブ教育は重要だとされています。私は高校時代、同級生と日常的に話せるようになったおかげで、卒業後10年以上たった今でも、久しぶりに会うと、当たり前に私の言葉を聞き取ってくれる友人もできました。もし、私が特別支援学校に通っていたら、友人たちは言語障害のある人と自然に話せるようにはならなかったかもしれません。障害児として普通学校に通ったことが、私と友人たちを対等な関係にしてくれました。

高校の卒業式で友人と

 

文部科学省によると、2020年度の特別支援学校在籍者数は約14.5万人(2010年度の1.2倍)、特別支援学級在籍者数は約30.2万人(2010年度の2.1倍)*と、日本では分離的な環境で学ぶ障害児が増えています。実際に障害児の親御さんから、「普通学校を希望すると、教育委員会と交渉する必要があったり、保護者の付き添いを求められたりする」という話を聞くことがあります。この状況は、どんな障害があっても、必要な支援を受けながら普通学校に通う権利を保障する障害者権利条約とは離れてしまっています。

*出典:「学校基本調査」(文部科学省)(https://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/chousa01/kihon/1267995.htm)(2022年7月7日に利用)

障害者権利条約を一緒に勉強した仲間

 

私は普段、つくば自立生活センターほにゃらで活動しています。自立生活センターとは、「障害者のことは障害者が一番分かっている」という信念のもと、障害者が地域で生活することを障害者同士で支援し合う団体です。私は大学卒業後、自立生活センターに出会い、必要な支援を受けながら地域で堂々と生活している先輩障害者の姿を見ることで、障害があることを引け目に感じる必要はなく、苦手なことは手伝ってもらいながら、どんな生活がしたいかを自分で決める権利があることを知りました。「障害のためにできないことを過度な努力で補う必要はなく、ありのままの自分で生きていい」と言ってもらえたようで、安心すると同時に、障害者だからこそ周囲に伝えられることがあると学びました。

つくば自立生活センターほにゃらの仲間と

子どもの頃、「あなたも障害のない友達と同じように、普通学校に堂々と通う権利があるんだよ」と、障害のある大人に言ってもらえたら、私はもう少し安心して学校生活を送れたでしょう。
今回、国連ジュネーブ本部で、日本や世界の障害者リーダーたちが自分たちの権利を話し合う場に私も参加します。自分の子ども時代の経験や、現在、普通学校に通っている障害児の親御さんから聞いた情報をもとに、日本ではまだ障害児が普通学校に通うのは難しく、普通学校に通えても必要な支援を受けられないことが多い現状を国連の審査委員に伝えます
また、私は東京インクルーシブ教育プロジェクトの運営委員として、インクルーシブ教育の権利を障害児の親御さんたちに伝えたり、「NPO法人NEWSつくば」のライターとして、障害者の社会課題などを中心にウェブ記事を書く活動をしています。 今回、日本の教育が変わる後押しとなる審査結果を国連に出してもらうことで、帰国後は、より一層、障害児や親御さんに、普通学校に通う権利があることを伝える講演会や執筆活動をおこない、必要に応じて親御さんや学校と一緒に支援体制を考えるなど、どんな障害があっても、必要な支援を受けながら普通学校に通えるように、普通学校の環境を変えていきます

重度障害のある私が10日間、海外のホテルという不慣れな環境で生活するためには、夜間も介助が必要なため、2人の介助者に交代で介助してもらいます。皆様から頂いたお金は、介助者の航空券代と宿泊費に使わせていただきます。第1段階として介助者1人分の旅費を目指し、第1目標を達成後、介助者2人分の旅費を第2目標とします。

※追記
予想をはるかに超える多くの人からご支援をいただき、介助者2人分の旅費を達成することができました。そのため、私自身の旅費も含めた129万円を第3目標にさせていただきます。

【第1目標】介助者1人分の旅費 43万円
※内訳
介助者1人分の航空券代    :約31万円
介助者1人分の宿泊費     :約7.5万円
リターン発送料       :約5千円
クラウドファンディング手数料:約4万円 (9%+税)

【第2目標】介助者2人分の旅費 86万円

【第3目標】川端本人と介助者2人分の旅費 129万円

8月19日は、日本から向かう障害者たちが国連の審査委員に日本の現状を伝える「ブリーフィング」の時間が設けられ、私も参加します。その後、8月22日と23日に、日本の障害者施策について、国連の審査委員と日本政府による質疑応答がおこなわれ、傍聴します。

2022年
8月14日 クラウドファンディング終了
   16日 日本出発
   17日 ジュネーブ到着
   19日 ブリーフィング参加
     「現地速報メール」配信開始
   22日~23日
      国連審査傍聴
          「現地速報メール」配信終了
   24日 ジュネーブ出発
   25日 日本到着

9月 「報告レポート」「報告動画」作成開始
10月 リターン「私と筑波山散策」 実行開始
12月 「報告レポート」「報告動画」完成
    リターン「私と筑波山散策」 実行終了  

2023年1月 
「現地速報メール」「私と筑波山散策」以外のリターン発送・随時実行

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

ご支援くださる方にも、障害者の社会的な問題を身近に感じてもらえるようなリターンを考えました。報告レポートや報告動画は、誰でも分かりやすい内容を心がけます。

1,000円 【お礼のメール】

3,000円 【お礼のお手紙】

5,000円 【現地速報メール】
8月19日から23日まで、ブリーフィング参加や国連審査傍聴を通して感じたことを毎日メールで配信。ジュネーブのバリアフリー情報も合わせて配信。

7,000円 【報告レポート】
ジュネーブで日本政府の審査を傍聴した報告レポート(A4用紙5枚程度、写真を含む)を作成し、郵送。

8,000円 【現地速報メール+報告レポート

9,000円 【報告動画】
ジュネーブの報告動画をネット上で限定公開し、URLをメールで共有します。約30分の動画を作成し、2023年1月から3月までの間、視聴可能にします。

10,000円 【ジュネーブ報告3点セット】
現地速報メール、報告レポート、報告動画のセット。

30,000円 【オンラインでおしゃべり】 ※ジュネーブ報告3点セットつき
川端と最大1時間、ビデオ通話でおしゃべりする権利。2023年1月から12月までの間に、1回のみ可能。2023年1月に日程調整の連絡をします。

50,000円 【一緒にランチ】 ※ジュネーブ報告3点セットつき
2023年4月から6月の間に1回、川端と一緒にランチをする権利。つくばエクスプレス線の各駅から徒歩圏内のレストランで、現地集合・解散。川端の介助者1名が同行します。交通費・食事代は各自自己負担。詳細は2023年1月に連絡します。

80,000円 【一緒に筑波山散策】 ※ジュネーブ報告3点セットつき
2022年10月から12月の間の平日1日、川端と一緒に筑波山散策ができる権利。つくば駅集合・解散。川端の介助者1名が同行します。交通費・昼食代は各自自己負担。詳細は2022年9月に連絡します。 

どんな障害があっても普通学校に通うことが当たり前の日本にする。そのために、他の障害者リーダーとともに、日本の教育の現状を国連の審査委員に伝え、日本の教育が変わる後押しになる審査結果を国連に出してもらうように努めます。日本が変わるターニングポイントになるこの夏を、一緒に見守ってもらえませんか。

つくば自立生活センターほにゃらで、障害児者の支援や、障害者の権利に関する活動をしています。2018年から東京インクルーシブ教育プロジェクトの運営委員として、どんな障害があっても普通学校・通常学級に通う権利があることを、障害児の保護者等に伝える活動もしています。また、2020年から「NPO法人NEWSつくば」のライターとして、障害者の社会的な課題などを中心に記事を執筆中。

  • 2022/09/04 08:49

    昨日は東京インクルーシブ教育プロジェクト(TIP)の仲間である田丸さん、向山さんと一緒に、海老原さんのご実家に伺い、ジュネーブのご報告をさせていただきました。本当ならジュネーブ出発前に伺う予定でしたが、コロナ感染者が予想以上に増えてしまったため、帰国してからの訪問になってしまいました。で、訪問...

  • 2022/09/01 08:00

    皆さん、お久しぶりです。私はやっと時差ボケから解放されつつあります。9月25日(日)、私が普段活動している「つくば自立生活センターほにゃら」で、障害のあるお子さんを普通学校に通わせている、または通わせたいと思っている親御さんを対象にしたインクルーシブ教育座談会を開催いたします。今回は、つくば市...

  • 2022/08/27 13:19

    おかげさまで一昨日の夜、ジュネーブから帰国いたしました。私自身の経験を記したカードは、国連の委員18人のうち半数以上の方と、日本から向かった全国各地の障害者団体の方など、合計50名以上の方にお渡しすることができました。リターンの1つである「現地速報メール」を選んでいただいた方々、楽しんでいただ...

このプロジェクトの問題報告はこちらよりお問い合わせください