Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

外食が困難な方に向け、『楽しい食事』を提供する 【食で繋がる樹の会】

パトロン数
0人

足腰が悪い等の身体的な事情や、大きな声を出してしまう等の適応能力の不足が理由で、外食が困難な人はたくさんいます。飲食店を営む私達が、福祉施設等にこちらから出向き、『楽しい食事』を無料で提供します!皆さんが食事を通して私たちを支援してくださることで、外食困難者に美味しい料理を届けます!

▼はじめにご挨拶

はじめまして!東 優一(あずま ゆういち)と申します

身長168cm  体重68kg(ダイエット中)

食べることが大好きで、現在飲食店で働いています

今の勤務先【四季つづみ  樹】で働かせてもらうようになって2年

その前は自分でBarを5年間経営していました

ですので、飲むことももちろん大好きです!

 

▼このプロジェクトで実現したいこと

それは社会貢献を主とした《四方良し》の実現です!

 
▼プロジェクトをやろうと思った理由

まず第一に、高齢化が進む世の中、様々な理由で外食が困難な方がたくさんいることに気付きました

僕の勤務する店は兵庫県姫路市にあります

姫路といいましても、栄えているのは駅前や姫路城のあたりくらいで、姫路駅からたった2駅(5km)離れただけの当店がある地域は田畑に囲まれています

和食店という業態と土地柄が相まって、お客様の年齢層は若くて50代、中には90歳を超える方もいらっしゃいます

そんな中いつもよく見る光景が、杖をついて来られる方や、座席への立ったり座ったりすら苦労されている大変そうな姿です

 

そして僕はさらにその奥を想像しました

飲食店は数あれど、そこまで自分でたどり着けたり、中に入ること自体がムリな方がおられるのではないかと

美味しく楽しくご飯を食べたい気持ちは誰にでもあると思います

家庭ではなかなか出来ないような、手間のかけ方や食材へのこだわりをもって料理をつくり上げ、最高の味と環境でご提供させて頂くのが我々飲食店の仕事です

でもそれを体験して頂けるのは、店まで足を運ぶ事が出来る方のみです

なんとかできないかなと考えました…

そして、「よし!それならこちらから足を運び、現地で作らせて頂こう!」と思い付いたのが、このプロジェクトを立ちあげた一番の動機です

これによってまず1つめ、【外食困難者へ美味しい料理をご提供し、楽しんで頂く】という事が実現できます

↓現場での調理実演

↑実際にご提供させて頂いた料理

~~~~~~~~~~~~

次に2つめ                                     

それは、自分を今雇ってもらっている店への恩返しです

僕は「30歳までに脱サラし、自分の店を持つぞ!」という夢を持ち、そしてその通りに実現させる事ができました

ですが、なかなか経営はうまくいかず、日々の試行錯誤と努力の結果も実ることなく、5年で閉店する運びとなりました

店をしたことに何ひとつ後悔はありません

ですが、一番頭をかかえたのが再就職です

35歳(当時)にして、普通免許を持っている以外に特にこれといった資格や武器はありません

そんな時に、「東っち一緒に頑張ろうぜ!」って言ってくれたのが、今の店【四季つづみ  樹】のオーナー小林です

こちらもまだ当時は立ち上げて1年未満の個人店でした

客として僕が食べにいったのが二人の最初の出会いです

嬉しかった…    まさか今からまた飲食業に携われると思っていなかったからです

しかも個人店     自らも個人で店を経営していた経験や知識・人脈を、また新な場で活かせるチャンスをもらえた事がめちゃくちゃ嬉しかったです

四季つづみ  樹は20席ほどの小さな店ですので、基本的にはオーナーと僕の二人きりで営業しています

歳も近く、お互い色々似ているとこもあり、本当にいつも楽しく働いています

もちろん全力でぶつかる事も多々あります(笑)

そんな最高のオーナーにこの無料食事会プロジェクトを提案させてもらったところ、「なるほど!東っちが言うんやったらやってみよう!」とOKをもらいました!

ただ!ここからが一番大事!

個人の飲食店に、ボランティアでこのような食事会をし続ける余裕はありません!

ですが、このようなプロジェクトを単発で行ったとしても、それは《イベント》であって《社会貢献》ではない!というのが僕の考え方です

「あそこの施設はやってもらってたのにうちはしてもらってない…」そんなさびしい気持ちや不公平感は、せめて自分の手の届く範囲ではなくしたい!

これは『四方良し』のテーマとは少しずれた文章になってしまいますが、継続してこの活動を行っていきたいと思ったのが、一回終了型のクラウドファンディングではなくファンクラブ型にさせてもらった最大の理由です

話を戻します

継続的な支援を行って行くには、継続的かつ安定した元手が必要です

でも、例にもれず、当店もそこまで儲かっているわけではありません    オーナーも、贅沢にはほど遠い暮らしをしています

そこで思い付いたのが、クラウドファンディングを使った支援者集め、つまり、販路の拡大です

インターネットの力を借り、創意工夫をこらせば、地元地域だけで営むよりも、確実に売上をあげられると思いました

このクラウドファンディングシステムを使うことにより、今より1つでも2つでも商品が売れれば、売上という形でオーナーに恩返しが出来ますし、なによりも、この支援活動を継続してくことが出来ます

これが四方良しの2つめ【自分を雇ってくれたオーナーへの恩返し】です

~~~~~~~~~~~~

四方良し3つめは支援者さんへです

まず身近なところでいくと、僕・オーナー共に、交友関係のある人が店に来ることはなかなかに難しいです

駅前等の店が密集している所ではなく、完全に郊外にある店なので、「ちょっと顔見にきたよ」というパターンもなかなかに難しい

また、自分達が30代半ばということもあり、「店行きたいけど子供の事とかでバタバタしてるし   あとは気もつかうんや…」と

でも、そんな友人知人達が自分達の店を応援してくれているのは凄く伝わります

ならば、リターンの1つを《定期購入型通販》のような形にすれば良いのではないかと思い立ちました!

『店に足を運ぶ』というハードルを取り除きました!

(↓ご自宅でハモを堪能して頂けるセット)

 ※鍋の写真は調理例

(鍋本体・野菜は、セットに含まれておりません)

 

また、遠方支援者さんにおきましても、自らの日常である食事が、こういった形で社会貢献につながっていることを感じてもらえるのであれば、本当に気持ち良いお食事をして頂けるのではないかと思っています

私たちの店の名前は【四季つづみ   樹】と申します

樹(木)のように地域に根づき、食を通して、枝葉のように笑顔を繋げていく

そんな想いでオーナー小林がつけた名前です

地元の皆さん、遠方支援者さん、全て方のご支援という養分が、幹である我々を通じ、外食困難者はもちろんたくさんの方の笑顔に繋がっていきます

無料食事会プロジェクト分をリターン金額に余分に上乗せしているということはごさいません

当店の通常価格に基づいて、直接購入の場合とほぼ同等の金額設定にしています

~~~~~~~~~~~~

最後の4つめは自分です

社会貢献恩返しがテーマとなったこのプロジェクト

〔四方良し〕の最後の1つが自分?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

説明させて下さい

この【福祉施設での無料食事会】、支援者の集まり具合に影響されることなく確実に行う為に、僕自身のお金もストックしていきます!

もちろん、優しさのかたまりのような当店のオーナー、企画提案時は店の利益から資金を出させてもらう事を快諾してくれました

ですが、このクラウドファンディング並びに無料食事会を提案したのは自分です

企画に対してきっちり責任を取りたい!

「資金が集まったらやります」じゃなくて、きっちりと定期継続させたい!それが本当の社会貢献だ!

そう思いました

定休日の中でオーナーが体をあけてくれる事をOKしてくれたのが2ヶ月に1回     よって年6回の開催

施設での食事会一回あたりの予算2万円     2万円×年6回=12万円

ということで、毎月1万円ずつ僕の給料から天引きしてもらって、無料食事会用に貯めていってもらいます!

↓    社労士さん立ち会いのもと、作成した協定書

あとは頑張って、いろんな方法で、共感者・支援者を集めるのみです!

もちろん、1万円の天引きで僕自身が困るような給料・経済状況ではありません

ですが、自らもしっかりリスクを背負います! 

何より、実働で一番大変なのは、料理人であるうちのオーナーですし!

僕以外の三方が良しになった時に、僕にも返ってくると思ってます!                                               

~~~~~~~~~~~~             

 

▼これまでの活動

第1回としまして、8月6日に、同じ姫路市にある就労継続支援事業所『なのはな』さんで、無料食事会をさせて頂きました!

やはり利用者さんは、普段は外食が難しいそうです

この日はだし巻きや握り寿司の実演で凄く盛り上がりましたし、「美味しかった!」ととても喜んで頂けました!

また、利用者さんのご家族からもお礼のメッセージを頂きました

利用者さん・施設の職員さん・利用者のご家族様、もちろん私達自身

企画に携わった全ての人達が本当に幸せな気分になりました

~~~~~~~~~~~~

▼資金の使い道

集まった資金のうち、年間12万円を、姫路市内にある福祉施設への無料食事会に充てさせて頂きます

また、残りの金額は、リターンの材料費及び配送料・施設へご提供するメニューの開発費・施設での事前打ち合わせ時の諸経費として使わせて頂きます

▼リターンについて

生ものクール便にてご発送させて頂くリターンもございます

獲れ立ての物をこちらでさばいて、翌日に到着する形で手配させて頂きます

必ず当日中、遅くても次の日にはお召し上がり頂けるようよろしくお願い致します

リターン到着のご希望日はメールにてやり取りさせて頂くことが可能となっておりますので、こちらから連絡をさせて頂いた際には、商品の到着希望日等に関してのやり取りにご協力下さいませ

 

また、私たちの活動内容に関しましては、活動報告書の同封・メール配信・Facebookページ外食が困難な方に向け『楽しい食事』を提供する 【食で繋がる樹の会】Instagram【ユーザーネーム tatsuki_no_kai】等でご覧頂けるように準備致します

▼最後に

「自分たちだからこそ出来る社会貢献は何だろう」

日々目の前でおこることだけではなく、見えていないところにこそ大切なものが隠れている

そこに気付けた時、自分たちの【働く意義】自体が何段階か上がったように思います

私たちは、食事を通して、自分達ならびにご支援頂いた皆様の気持ちを社会貢献に役立てます

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください