Logo

日本ヴィーガンコミュニティ(NPO法人設立申請中)

スクリーンショット 2018 09 02 22.20.04
パトロン数
11人

このプロジェクトは、ファンクラブ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

「今日からヴィーガンになろう」と思ったら、簡単に、そして楽しくヴィーガンを実践できる"Hello Vegan!" な社会を共創するコミュニティのNPO法人化のサポーターを募集しています!

①はじめに

はじめに、このページをご覧いただきありがとうございます。

日本ヴィーガンコミュニティ代表理事の工藤柊(Kudo Shu)と申します。

2018年6月にこのコミュニティを設立し、更に幅広く活動するためにNPO法人の設立申請を行っております。

 

 

ヴィーガンを実践しやすい社会を創る協同組合モデルのコミュニティ、日本ヴィーガンコミュニティについて紹介しようと思います。

 

目次

①はじめに
②Vision(目指す未来像)について

③Mission(果たすべき使命)について
④事業内容について
⑤協同組合モデルについて
⑥このプロジェクトで実現したいこと
⑦リターンについて
⑧代表理事の挨拶

 

②Vision(目指す未来像)について

③Mission(果たすべき使命)について

 

日本ヴィーガンコミュニティのMissionは『"Hello Vegan!"な社会を共創する』です。

 

Visionである『World Peace』を実現する為には、一人ひとりが世界中の人々や動物、自然環境に優しい選択をすることが重要です。

 

その選択の1つであるヴィーガンというライフスタイルは、現在の日本では実践するハードルが非常に高くなってしまっています。

ヴィーガンを実践しにくい理由は、ヴィーガン対応の飲食店や商品が少なかったり、そもそも認知度が低いなどです。

 

しかし、ヴィーガン対応の飲食店や商品が少ないのはそれを購入する人が少ないことや、ヴィーガンの認知度が低いのは飲食店や商品、実践する人と交流する機会が少ないから。

つまりヴィーガンを実践しにくい環境なのは、ヴィーガンを実践する人が少ないという理由になります。

 

そして、ヴィーガンを実践する人が少ないのは、実践しにくい環境だからなのです。

 

この負のループを改善するために、『ヴィーガンを実践しにくい環境』から『ヴィーガンを実践しやすい環境』へ変えることで、生のループを生み出します。

それによって、平和な世界へ貢献します。

 
④事業内容について

日本ヴィーガンコミュニティはMisiion『"Hello Vegan!"な社会を共創する』を果たすために、5つの事業の運営を予定しています。

(1)コミュニティ活性化事業

日本ヴィーガンコミュニティに所属するメンバー同士の交流を促進し、多くの意見やアイデアを集積することで、より良い事業運営やコミュニティの活性化を図ります。

 

(2)レシピ開発・発信事業

ヴィーガンを実践するにあたって、変化が大きいものの1つが食生活です。
日本ヴィーガンコミュニティは、オンラインシェアレシピサービス『V-COOK』を開発・運営し、メンバーを始め世界中のヴィーガンを実践する人や実践したい人に役立ちます。

※来年2月(予定)に一般公開するまで、日本ヴィーガンコミュニティのメンバーのみが使用することができます。

 

(3)商品開発・販売事業

メンバー主体で数人でプロジェクトを作って、ヴィーガン対応の商品の企画開発から販売まで行います。
ヴィーガンをより簡単に実践することができる、便利な商品を開発して行く予定です。

 

(4)各種イベント事業

ヴィーガン料理を食べる機会を頻繁にイベントとして開催します。
多くのヴィーガンを実践する人はもちろん、ヴィーガンを知らない人にも参加していただくことで、認知度の向上を図ります。
ヴィーガンを身近に感じる人が増えることで、ヴィーガンを実践する精神的なハードルを下げることができます。

 

(5)メディア事業

ヴィーガンを実践するのに有益な情報や、ヴィーガンを実践する人の紹介を行います。
このメディアを通して、より多くの人にヴィーガンのことを知ってもらう機会を作ります。

 


⑤協同組合モデルについて

④で紹介したように、多くの事業を展開しますが、これは全て日本ヴィーガンコミュニティに所属するメンバー主体で行います。

ここが、日本ヴィーガンコミュニティが「協同組合モデル」としての特徴です。

協同組合とは、同じ課題を共有するメンバーが協同してお金を出し合い、事業運営に参加し、それを利用することで、メンバー全員の生活の向上を目指すコミュニティです。

 

 

★お金を出し合う

メンバー全員でコミュニティへお金を出し合い、事業の運営資金とします。
学生(18歳以下、もしくは大学生、大学院生)は月会費800円、19歳以上の学生でない方は月会費1500円からメンバーになることができます。
このお金が、日本ヴィーガンコミュニティの血となり、全ての事業費、管理費に使用されます。


★事業運営に参加する

メンバー全員が運営に参加できる仕組みを作ります。
フェイスブックグループによる意見や情報の交換、プロジェクトを発足し商品企画から販売まで行ったり、料理が得意な方は「V-COOK」にてレシピを投稿したりなど。
一人ひとりのメンバーができる範囲で運営に参加し、活動できます。


★利用する

メンバー全員がお金を出し合い、事業運営に参加することによって生まれた商品やサービスを、メンバー自身が利用することができます。

 


⑥このプロジェクトで実現したいこと

日本ヴィーガンコミュニティは、現在NPO法人化に向けて準備中です。

活動を継続していくための資金が必要になります。

 

そこで、このプロジェクトを通して、NPO法人化までの活動の支援をお願いしたいと思っております。

 

◆学生サポーターメンバー(18歳以下、もしくは大学生・大学院生):月会費800円から

◆一般サポーターメンバー(19歳以上、もしくは社会人の方):月会費1500円から

 

日本ヴィーガンコミュニティのメンバーになりたい方は、こちらの入会フォームの送信をよろしくお願いします。

(※NPO法人設立後、メンバーは再度入会手続きを行っていただくことをご了承ください)


⑦リターンについて

パトロンになった人は、以下のことが出来ます。

1. Facebook秘密のグループへの招待
2. 商品・サービスの優先利用

今後、どんどんメリットは増やしていく予定です。
しかし、メリットがあるから支援するのではなく、自分自身で次の社会を創っていくという意思を持ってのコミュニティへの参加をよろしくお願いします。

主体的な人が思いを行動に移し、理想を実現していけるコミュニティにしていきましょう。

 

⑧代表理事の挨拶

最後になりましたが、代表理事 工藤柊の挨拶です。

3人の理事のうち真ん中の人が、僕、工藤柊です。

 

僕は2016年11月にぺちゃんこの猫を見てヴィーガンになりました。

 

それから、ベジタリアンやヴィーガンを実践する人から、世知辛さがあるという話をよく聞きました。

中には、友人から理解されず涙を流す人もいました。

 

大学に入り、僕と話をしてヴィーガンを実践してくれた人が数人いましたが、全員ハードルの高さを感じて辞めてしまいました。

中には、自分の中の葛藤に涙を流す人がいました。

 

心優しい彼ら彼女らに、辛い思いをして涙を流して欲しくはない。

もっと簡単に楽しくヴィーガンを実践する社会を創り、笑顔で幸せに生きて欲しいという思いから、この日本ヴィーガンコミュニティは始まりました。

 

目指すのは「今日からヴィーガンになろう」と思ったら、簡単に楽しく実践できる"Hello Vegan!"と迎え入れることができる社会です。

 

しかし、色々な人と出会い、色々な経験を経て、そんな"Hello Vegan!"な社会を創るためには、一人では不可能だと思い知りました。

そして同時に、日本中に同じ思いを持って活動したいと思っている人が多くいることも知りました。

 

それならば、志を共にする仲間を集めて、同じ目的に向かって一人ひとりができる最大限のことをすれば、最速で最大の結果が出る。

そう確信しました。

 

多くのメンバーと、企業や行政など様々なセクターとも協同し、より良い社会を共に創っていけることを楽しみにしています。

よろしくお願いします!

 

<<注意事項>>

・このプロジェクトは日本ヴィーガンコミュニティがNPO法人化し、会費の決済システムが構築された段階で終了します。来年2月を予定しています。(終了する際は30日以上前にメールにて通知致します)
・フォームの記入なしにパトロンになった場合、入会をお断りをする場合がありますが、その際の支払いの返金はできません。
・コミュニティから退会する際は、メッセージにてその旨を説明したのち、パトロンでなくなることで退会することができます。
・当組織にとって不利益と見なされる行動を取った場合、または2ヶ月以上会費を支払わなかった場合、除名となります。
・退会や除名した場合、Facebookグループからも退会となります。