2018/11/18 22:38

こんにちは!


今回はスタディーツアーで触れ合った子どもたちについて紹介します!!


2018年の夏はタバーク小学校を訪問しました。そこでは子どもたちが小学校の外まで迎えに来てくれてとても嬉しかったです。また、お別れする時も最後まで手をつないで帰ってくれ私達が乗っているバスが見えなくなるまで見送ってくれました!


ラオスの子どもたちはとても明るく元気で人懐っこい子が多いです。初めて会った一回生にもすぐに打ち解けてくれました。


過去の記事でも紹介していますが、そんな明るくて純粋なラオスの子どもたちが勉強している環境はとてもいいものとは言えません。


また子どもたちは日本に比べると環境は良くありませんが一人ひとり将来の夢を持って限られた環境で夢を叶えるために勉強をしています。


私たちは小学校の電気、水道等の付帯設備にも焦点を当てて活動しています。


これからもラオスの子どもたちのより良い教育環境へと繋げるためにもI-RISメンバー全員で全力で活動していきます!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?