2018/12/18 00:34

開催まで・・・あと2日

まぢな追い込みです。

もう作業しながら笑うしかありません。

人が集まれば色んなアイデアが生まれて

今年も楽しい装飾が出来上がって来ました。



今日は活動を支える裏方のご紹介第4弾!

ファッションショーの衣裳部門のご紹介です。


①今回のショーではどんなことを伝えるのですか?

がんや病気になった時に外見変化がともなった場合、治療の苦しさ・辛さも感じると思います。ウイッグやメイク、小物使いにより工夫次第で少しでも前向きになれるように、多くの方に情報の共有と発信をします。



 ②フラワー&ウイッグショーはどういう目的ですか?


ウイッグはかぶるだけでいいと言う訳ではありません。より自然に、自分に似合う形に整えるのが大切です。また、ウイッグの毛質によっては、ウエイブを付けることも可能です。それを踏まえて、今回は「ハレの日」のお祝い事でもオシャレにできるスタイルをテーマにモデルさんに生花を飾り仕上げる姿をご覧いただきます。



 ③ファッションショーは何のために行うのですか?


一般的なスタイルがいいモデルさんが綺麗な衣装を身にまとってウオーキングするのとは違い、100均グッズを使ったアイデア小物の作成方法や自分が好きなモノ・コトにより幸せを感じる大切さ、またいつもと違う自分に変身してみる挑戦力。心の中のワクワクをお伝えしたいです。


④ファッションショーのモデルさんはどういう人が出ているのですか?


モデルさんには病気経験者、治療中の方、それ以外にいつもは治療に携わる医療者やこれから医療の道に進む学生さんなど色々な方が登場します(今年は会場である札幌医大病院の医師や看護師さんもモデル登場します!お楽しみに)誰が病気であるとかの区別はなく、みなさんキラキラの笑顔です。また、モデルを務めた経験により、今まで家に引きこもりがちだった生活から外に出るようになったとか前向きな気持ちへ変化してくれた嬉しい声もたくさんあります。

今回モデルさんとして初参加してくださる方が、先日の仮試着の時に赤い着物を着て「還暦の時に治療により大変で感じることが出来なかった気持ちが、今こうやって年数を経て元気に着れることは頑張ってきたご褒美と思う」と語ってくれました。自分の中の喜びって急に花咲くことがあるのですね。


 ⑤ファッションショーの衣装は、どういうものを紹介するのですか?


衣裳提供をしてくれているのは「簡単三部式キモノのきらく小町さん」着物を着るのはしんどいイメージですが、服の上からでも数分で着られるようになっています。体が不自由な方や高齢者の方も着られるように工夫されていて、ボランティア活動もしています。今年もステージ上で

数分で着付けを披露してくれます。




そして、着物をリメイクして素晴らしいドレスを作成している「普玖見実さん」

今年で4回目の参加になります。プロのステージ衣装としても使用される衣装はゴージャスで毎年フェスタの華としてモデルさんを引き立ててくれます。


プロの技も私たちの活動支援です。


今年もファッションショーからみなさんに笑顔のお福分けを目指します!


クラウドファンディングもたくさんのご支援ありがとうございます。

更なる活動の広がりのため、ぜひみなさんのご支援をお願いします。



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?