Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

ネパール、大地震で倒壊した村で唯一の公共施設であるコミュニティハウスの再建!

現在の支援総額
392,000円
パトロン数
58人
募集終了まで残り
終了

現在114%/ 目標金額343,000円

このプロジェクトは、2018-12-30に募集を開始し、58人の支援により392,000円の資金を集め、2019-01-29に募集を終了しました

3年前のネパール大地震によって倒壊した村で唯一の公共施設であるコミュニティハウス。村人自らの再建や一部再建の支援を経ましたが、完成には達していません。村人の大切な思い出が詰まったこのコミュニティハウスを憩いの場だけでなく冠婚葬祭の場としてもう一度使えるように “村人と共に” 完成を目指します。

【キャンパー紹介⑨ 西南学院大学1年 田原優佳】

こんにちは!
私は大学に入って出会ったこの団体で、本気でプロジェクトに励む先輩キャンパーに影響を受け、自分もネパールキャンプに参加しました!



夏のネパールでは、普段の生活では決して体験することができないようなワクワク感、そしてリアルな現実を肌で体験しました。
私たちの活動する村は雨季には毎日のように土砂崩れが起こるなど、自然災害と隣り合わせの生活を強いられています。それでも、私たちを迎えてくれた村の方たちは本当に温かく、そして強く、楽しい方たちばかりでした。この村で彼らと生活していると、何か自分を見つめ直させてくれるきっかけを与えてくれる気がします。



長老の方々たちからコミュニティハウスへの思いを聞きたとき、通訳を通してですが、彼らがどれだけ震災前に存在していたコミュニティハウスを大事にしていたか、愛着を持っていたか、そしてたくさんの思い出が詰まっていること、その思いが私たちまでしっかり伝わりました。柱と屋根だけの未完成のコミュニティハウスをどこか悲し気な様子で見つめる村人たちの表情が胸に刺さりました。



自分がこの村で良い影響を与えてもらったように、今度は自分たちが村のために何かしたいと心から思います。
このコミュニティハウスはきっと、村人たちにとって良い影響を与えてくれます。そしてこの再建したコミュニティハウスが村の発展に繋がると私たちは信じています。




挑戦するからにはクラウドファンディング、しっかり成功させ、支援していただいた方々にプロジェクト成功のご報告をしたいと思っております!
どうかご支援のほどお願い致します!!

そして、支援していただいた方々には心からお礼申し上げます。


田原優佳(西南学院大学1年)