2019/07/07 19:10

先日、30冊の大変素敵で可愛い絵本をいただきました。

タイトルは、"Miracle of the Moringa Tree"(モリンガのきせき)。 

ケニアを舞台とし、飢饉の村の子どもたちが食料を探しにちょっとした旅をする物語。
アメリカのHank BruceさんとTomi Jill Fokさんによって英語で書かれました。作画をしたのは日本人のMiho Komatsuさん。

その作画担当の妹さんが私たちのCampfireの投稿を見てくれ、「ケニアを舞台にした本なので、ケニア人の子どもへ読んでもらえないか」という思いから連絡をいただき、今回の寄贈が実現しました。この方の仲介のもと、アメリカから直接ケニアまで送っていただきました。

モリンガの奇跡とは。
ケニアの飢饉の村から話はスタート

この本の主人公は、不作で飢饉に苦しむ村の二人の姉弟。 
村に食べるものがない中、食料になるものを見つけようとこの二人が旅立ち、そこで奇跡の木「モリンガ」に出会います。その木は一見なんともない木なのですが村を救う力があるということを二人は理解しはじめます。

そして、彼らはこのモリンガを村に持ち帰り、食料として活かすことで、この村の危機を救い村のヒーローとなります。

モリンガとは

モリンガ

モリンガとはヒマラヤ山脈南麓を原産とした木で、近年スーパーフードの一つとして注目されています。葉、花、実全て食することができ、ビタミンやミネラルが含まれていて高い栄養価があります。種からは油を抽出すつことができます。さらに果実には、水を浄化させる力も備えています。

アフリカでは、多くのNGOや援助機関が飢餓対策の一つとして、モリンガの育成と食料としての利用を推進しています。
このモリンガの奇跡は、上の事情を踏まえて制作されたと思っています。

ミゴリ地域農村部は比較的食料がある地域ですので、この本の舞台のような飢饉地域とは違うかもしれません。ただ子どもたちがこの本を読んで、貧困とどう戦うのかを知るよいきっかけになってくれればいいなと思います。


寄贈していただき誠にありがとうございました!
すぐにでも、保護シートをつけて農村で配れる体制にします!子どもが読んでくれることが楽しみです!

旅する二人



※イラスト写真は作者の許可を得て掲載しています。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?