2019/11/11 18:12

クラウドファンディングのお約束として進めている廃炉冊子の進捗についてのお知らせです。

当初、10月完成を目途にしておりましたが、現在12月以降の出来上がりで進めております。
大変長い時間お待たせしてしまい、申し訳ありません。

中高生向けの廃炉冊子をどの様なものにするか。
福島第一原発の廃炉を解き明かすだけに収まらず、そこ「福島第一原発」に秘められた歴史やストーリーが「知ってみたい」という動機に繋がる。それを表現しなくてはならないと、悩む中で考えつきました。

また、これからの子供たちにとって大切に思ってもらえるか。読み応え(面白さ)を感じてもらえるか
普段高校生たちとの対話をもった廃炉講座をしている中で、大人目線では上手くいかないことを痛感し、これまでにないユニークさを取り入れることにしました。

とてもバランスが難しい作業ですが、現在いわき市在住のイラストレーター(湯淺瑞樹さん)と一緒に頭を悩ませながら1p1pの作りこみを行っています。

福島第一原発の成り立ち~発電期~事故時~廃炉作業の現在~未来へ

このストーリーを追いながら、廃炉とは?を考えられる冊子を目指しています

既に大量のイラストが散りばめられた冊子の様相になってきました。原子力や福島第一原発が分からない大人の皆さんが、読み聞かせ出来るようなことをも想定して、誰にとっても手に取りやすいものを目指しています。

原子力安全神話が出来てしまったこと。原発事故により何が生まれてしまったのか。そうした大切なことにも触れていきます。

世の中にない、たった一つの冊子が出来るようそこに力点を置き作成してまいります。

何卒、進捗が遅れていますことお許しください。

鋭意進めてまいります。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?