2020/05/16 00:17

本プロジェクトとしてお約束となっていました。冊子が完成いたしました。

当初2019年内を完成の目途としておりましたが、AFWとして世に出す意味のある冊子とはどの様なものか、また誰もが語れるものとして福島第一原発があるにはどの様な内容が良いのか

次の世代を担っていく子供たちに伝えるものとは・・・・

それを突き詰めていくことに相当なお時間をいただき、また冊子を作りながらもニュートラルな視点とは?、分かり易さだけでなく面白さや様々な立場の方が読まれた時に、手に取って頂ける表現とは、何より誰にとっても普遍的な学びや気づきがどうしたら生めるだろうか

何度も何度も、イラストを手掛けてくださったmizDesigh Studioのユアサミズキさんとイラスト、文章、細部に渡る作りこみに拘ってきました。

結果としまして半年以上の時間を頂いてしまったことをお詫び申し上げます。

この冊子は、福島第一原発とその周辺地域の歴史を戦後、現代(震災前)、震災後、現在、未来へと歴史を辿っていく旅を豊富なイラストと共に描いています。

私は、福島第一原発事故と震災を経験し人生観や遠い未来を想うようになりました。どの様な未来でどの様に暮らしたいか、そして未来の人達にとって良き未来が生まれることを願っています。

原発が出来る前の時代の人が願った未来は今です。そして今は誰かの過去になります。だからこそ、過去からの歴史を知り、今が未来に繋がっていることを知り、出来得ることをしていこうという思いを持っています。

福島第一原発と地域の歴史が誰かの人生や地域を豊かにする歴史に繋がっていく、そのことが普遍的に話され続けていく、語り合える存在そのものと信じ、創り上げました。

最後のページには、様々な世代、地域の方がご自身の未来、誰かの未来を考えてくださったらと願い、未来に向けたページを作りました。

コロナ禍の時代においても通じる「教訓」もあると思っています。

最後になりますが、ユアサミズキさんが手がけた本冊子の表紙作成過程のタイムラプスのリンクを張ります。

歴史は上書きされていっても必ずその背景にあります。震災・原発事故を超えて先の未来はどの様な未来がまっているか。

一般社団法人AFW自身もこれからも「伝承」の在り方について追及してまいります。



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?