2019/07/25 18:10

「未来を考えるために、福島第一原発を誰もが語り合えるものにしたい」
こちらクラウドファンディングもあと7時間になりました

最終日の今日はジオラマ作成をして頂いている株式会社大和工藝さんからお届けしています

クラファンで2つの取組
1.福島第一原子力発電所の全体ジオラマの更新
2.2号機原子炉建屋ジオラマの作成

今日完成しました!素晴らしい出来上がりになっています

冒頭の写真、左側にあるのが発電所全景のジオラマです

変化し続けるタンク群を現在の状況に近づけました

北側エリアに現在建設中の減容化処理施設群、そして切り開いた山を再現

2号機原子炉建屋ジオラマは左反面が3D、右側は現状に応じて可変が効く用2D

クラファン中、最後の投稿は製作者の皆さんのご紹介でしめたいと思います

・2号機原子炉建屋の中心部を作ってくださった、株式会社黒木製作所黒木さん
中心部が出来上がらないと先へは進めない。大変なプレッシャーの中、卓越した3D技術で作ってくださいました。
情報も明らかにしにくく、ましてや人が基本入らない場所(東電社員だとしても知らない場所)を作りあげるのは大変なことです。技術資料と格闘しながら、何度も修正してくださいました。
「きっとこれがあるとリアリティが出るよ」と、建屋内の小物も作ってくれました。

・発電所全体ジオラマの更新を手掛けてくださったのは、株式会社大和工藝谷さん
ジオラマを最新の状態に仕上げるだけでなく、新たに実地現場調査やヒアリングを通して得た知見(例えば旧飛行場跡だったの記念碑)など、またも地元の人達が会話が弾むアイディアも反映してくれました。いつも私の「これ会ったら現場の人も、町の人も喜ぶよね(^^♪」という無茶ぶりを叶えてくれます。
モノづくりの中で「思い」というものに拘ることをいつも教えてくれました

・2号機原子炉建屋のジオラマ外観および内部構造を作ってくださったのは株式会社大和工藝香川さん
渡した情報は平面情報、それを立体に組み直しすのは簡単な様に見えて大変な作業です。そして先に作られた中心部構造とぴったりと合わせるのは至難です。
「半分に切って中身が分るといいよね!」私の思い付きともいえるアイディアをここまでのクオリティで仕上げる技術に脱帽です。

今回、世の中に二つとしてないものが出来上がりました。

高い技術力
物づくりへの拘り
クライアント先への思い

それを有した株式会社大和工藝さん株式会社黒木製作所さんに感謝の思いでいっぱいです

素晴らしい方々と作ったジオラマ、どんどん活用していきます

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?