2019/07/24 13:14

2号機原子炉建屋ジオラマ完成の報が届きました!

これまで中身と外見が上手くイメージが繋がらなかった方々へ
届けることが出来ます

実寸のかなり正確な1/200スケールになります

拘りは中が見せれること、半面は3Dジオラマ、半面は2D(画像)です

全てを3Dで作らなかったのには分けがあります。

現在、原子炉建屋の内部全容は明らかになっていません。というのも放射線量が高いからです。溶け落ちた燃料がある原子炉内はこれから少しずつ調査が進んでいきます。
毎年情報が変わる、ですので可変出来るように2Dにしています

このサイズの2Dをどうするかはとても大変な作業でした。写真では、ぱっと見分からないくらい綺麗にはめ込み画像を作っていただきました。これにCGで溶け落ちた燃料デブリや、水の流れを書き込めば、現状を伝えることが出来ます。

明日、奈良県に行ってピックアップするのが楽しみです

思いを形にしてくださった株式会社大和工藝さん、黒木製作所さん
公共目的のためにと、全面的に情報協力してくださった経済産業省、東京電力
また、資金面や今後の使い方に不安を抱えた中、ご支援してくださった皆さんに感謝の思いで一杯です


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?