2019/06/06 22:26

 こんにちは。シューレ大学の脊尾花野です。今回は前回の続きです。

 私は人前で発表することや発言することには時間が必要でした。安心感が募る中で、私も自分の切実なこと、考えたいことを発表するようになり、自分が何に囚われていたのか、自分はどのように生きていきたいのかが少しづつ分かっていく時間となりました。自分の話を人に聞いてもらえること、人の話に頭を悩ませながら考える時間、こんな貴重な時間はないなと思います。今後の私の人生にも取り入れていきたい人との向き合い方だなと感じる経験になっています。私は人を変えられないけど、私は私を変えることができる。私の人生を生きていいんだと思えたことは、自分から始める生き方を創ることにも繋がっているなと感じます。

 社会に合わせるのではなく、私はどうしたいのか、今、私は何を感じているのか、考え合える、そんなシューレ大学という場所で積み重なって来たものと、そんなシューレ大学に反応してくださっている人たちをお呼びして、今後の人生が少しでも豊かになるような、そんなイベントに出来たらなと思っています。限られた資金の中で、なんとかイベントを開催をしようと試みています。ぜひ、お力添えくだされば幸いです。


クラウドファンディングチーム:古谷寛世、脊尾花野、豊雅俊

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?