Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

トランプ政権下、米国の「コミュニティ」はどうなる? 低所得層・障害者の生存を追う

現在の支援総額
295,284円
パトロン数
41人
募集終了まで残り
終了

現在14%/ 目標金額2,000,000円

このプロジェクトは、2017-02-15に募集を開始し、41人の支援により295,284円の資金を集め、2017-03-30に募集を終了しました

2017年1月に発足した米国のトランプ政権は、オバマケアの廃止など、福祉と社会保障を削減する政策を次々に打ち出しています。米国の低所得層と障害者の暮らしは、どのような変化にさらされ、どのような対応が行われ、結果はどうなるのでしょうか? 政権発足から概ね2年間、現地で調査研究するプロジェクトです。

匿名のご寄付・リターンなしのご寄付が可能になりました

本プロジェクトの言い出しっぺでやりだしっぺ、ライター・みわよしこです。
おかげさまで、ご寄付が20万円を突破しました。
米国東海岸への往復フライト+ドミトリー宿泊1週間 が可能な金額です。
それだけの活動を、ご寄付で賄えるだけでも、たいへん助かります。
ご寄付や情報拡散でご協力いただいている皆様に、心より感謝申し上げます。

 

匿名でのご寄付・リターンなしのご寄付が可能になりました

リクエストをいただいていた、匿名でのご寄付・リターンなしのご寄付を、3000円のご寄付に追加しました。

匿名あるいはリターンなしでのご寄付を希望される方は、3000円のご寄付メニューのうち「匿名・リターンなし」の方をご選択のうえ、ご希望の金額を入力ください。

 

クラウドファンディングを始めなければわからなかった、寄付する側のニーズ

私がふだん行っている寄付は、顔の見える関係にある誰かの具体的活動を対象としていることが多いです。「人となり、ふだんの活動を知っているからこそ、信頼してお金を託せる」ということです。

ジャーナリスト・ライター・研究者の活動への寄付を行うこともありますが、私にとっては顔の見える関係の中にいる方々です。直接の面識はなくても共通の友人・知人・編集者等が何人かいる上に、過去のお仕事を見て「応援したい」「共感するなあ」と思えるから、寄付したいと思えるわけです。

このたび、私自身の活動のためのクラウドファンディングを、はじめて行い、
「寄付する側の心理やニーズとして知っていたのは自分ひとり分だけだった」
と気づきました。
「匿名で寄付したい」「リターンいらない」というニーズの存在は、意識したこともありませんでした。

私が些少ながら寄付をしてきた個人や団体は、公開するしないは別として、誰がどういう寄付をしているのかを把握し、きっちり活動報告を行い、あるいは受けた寄付をどう使ったのかを何らかの形で明らかにしています。

寄付する動機は、どこかに自分の名前を載せて欲しいからではなく、リターンが欲しいからでもありません。でもやはり、活動報告や会計報告がなされていることは、その個人や団体に対する信頼の土台を形作るものの一つだと思います。さまざまな団体から頂戴する活動報告・会計報告が、私にとっては「リターン」です。

 

匿名顕名実名有名無名を問わず、信頼に応えたい

本日のトップ画像は、私が今感じているクラウドファンディングのイメージです。

夜空の下、雲の中を、翼の生えた資金と一緒に、鳥たちが飛んでいます。
先頭の鳥は、オリーブの枝をくわえています。その目指す先では夜が明けようとしています。
「お金に羽が生えて飛んでいく」という言い回しがありますが、クラウドファンディングで皆様にいただくご支援は、資金や情報拡散のご協力をいただいた皆様のお気持ちに翼をつけて飛び立たせ、ともに何かを見つけるためにあるというイメージを抱いています。

しかし、車にメガネを忘れてしまうという大ボケをやらかしてしまいました。メガネが戻ってくるまで、イラストはちょっと無理。というわけで文字だけの手抜きイメージで、すみません。

 

目がそろそろ限界

ここまで書いたところで、眼の根性がそろそろ限界に達してきました。
パトロンの皆様へのお礼は、本日もおやすみします。

 

夢もあります欲もあります(c)中島みゆき

ドミトリーでいいから2週間は滞在したいし、米国内での移動もあまりケチケチしたくない、いややはり、宿にバスタブがあったら毎日の疲労を回復させて翌日に臨めるなあ……とか、やはり思ってしまいます。
せめて、手元に25万円はあるところでスタートできればと思っております。

次の活動報告では、そろそろ具体的なプランについてお話しようと思います。
既にご寄付いただいた方も、ご検討いただいている方も、「お金は出せないけど情報拡散なら」という方も、どうぞ引き続き、残り10日間、応援をよろしくお願いします。