Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

子どもたちに「好き」「興味」を継続的に深められる活動の場を届けたい!!

パトロン数
0人

NPO法人Kacotamは、札幌市内を中心に子どもたちの学習支援・居場所づくりをしています。周りの環境により「やりたい」ことができない、挑戦する機会さえない子どもたちに、大学生や社会人に教わりながら、自分の好きなこと、興味のあることを継続的に深められる活動「カコタ部」を届けます

カコタ部発表会

カコタ部の、最後の発表会を開催しました。
イラストサークルの活動紹介、写真部の作品展示、軽音部のライブ演奏がありました。
写真部の作品には、それぞれに撮影した子どもが考えたタイトルがつけられており、作品の魅力を引き立たせていました。また、写真部へのコメントカードには、たくさんの温かいメッセージをいただきました。
軽音部のライブでは、J-POPの人気曲を3曲演奏しました。客席からは手拍子も起こり、おおいに盛り上がりました。
出展、出演した子どもたちも、やりきったという表情で、大満足でした。

この発表会をもって、カコタ部の活動は終了となります。
今後はカタチ化プロジェクトの中で、子どもの「好き・興味」や「やりたい」の声を実現させていきます。
これまでの多大なご支援、誠にありがとうございました。


9月・10月活動報告

【軽音部】
10月は、久しぶりにバンドメンバー全員が揃ってのスタジオ練習ができました。
各自が練習してきた課題曲について、スタジオで合わせ練習を行いました。子ども同士で意見を出しあって、ドラムパターンの工夫やギターのパート割りなどを話しながら練習を進めていました。
なかには、最近好きになったバンドの曲のフレーズを自主的に練習して来る子がいたり、休憩中にメンバーが適当に弾いたフレーズに即興で伴奏をつける子がいたりと、楽器の楽しみ方のバリエーションが広がってきました。

【イラストサークル】
9月のイラストサークル活動は、iBisPaint(アイビスペイント)という、デジタルでイラストを描けるスマートフォンアプリでお絵かきをしました。
北大のカコタムサークルエルムから、マスコットキャラクターを作ってほしいという要望があったので、「北大なのでイチョウ並木の黄色の身体にしよう」「博士っぽい帽子をつけよう」「メガネかけてるかもね」と考えて下がき。それを写真で撮り、アプリで線を引き、色つけを行なっていきました。
パソコンで描くデジタルイラストと同じように、レイヤーを分けて色を塗ることもできるので、楽しく簡単に色塗りができました!

【写真部】
 9月は、北海道の短い秋を探して「大学村の森」で撮影会を行いました。すがすがしい秋晴れとはなりませんでしたが、秋の風物詩の赤とんぼ、クルミなどを見つけていました。「クルミなんて落ちてるの初めて見た」という道外のメンバー。「よく子どもの頃は落ちてるのを割って食べたよ」という道内のメンバー。子どもからも「割って食べたよ」や、「木になっている赤い実(オンコ(イチイ)の実)とかも食べたりする」と、恵みの秋の楽しみの話が出ていました。


 また、Kacotamのカタチ化プロジェクト企画「星空★大撮影会」にも参加しました。様々な国で天体撮影をされているてつやさんを招いての企画でした。今までに撮影した天体についてや、星空の撮り方を教えていただきました。当日はあいにくの天候でしたが、月が雲から顔を出す瞬間を撮ろうと、子どももメンバーも真剣にカメラを構えていました。

※Instagramにて、活動の様子や子ども・メンバーが撮影した写真を随時公開しています。
https://www.instagram.com/kacotam2017photo04/
※Twitterにて、活動の様子など最新の情報をお伝えしています。
https://twitter.com/kacotamphoto

 

6月活動報告

【イラストサークル】
6月のイラストサークルは、ゆるきちで5時間ほどお絵描きをしました。
今ハマっているもののお話をしつつ、アナログでのお絵描きを楽しみました!部員の子どもたちは以前よりも、顔だけでなく全身まで描けるようになってきました。
メンバーと趣味が合う子もいて、話が弾んでいました。
また、部員の子どものひとりが、藤女子大学のカコタムポランティアサークル、カコタム藤のキャラクターをデザインしてくれました!藤女子の学生たちのイメージぴったりの色をしたフクロウで、とてもかわいいものになっています。

【軽音部】
6月は、久しぶりにスタジオ練習を行いました。
参加者の中には、学校の文化祭に向けて有志バンドを組んだという子もいて、ライブで演奏予定の曲を練習していました。難しいフレーズの弾き方や、エフェクター(エレキギターの音色を変える機械)の操作方法を、メンバーに教わっていました。普段のゆるきちでも、ギターを持ってきて好きな曲や課題曲の練習に打ち込む子の姿も見られました。

 

【写真部】
6月は、「小さな自然や足元の美を写す」をテーマに撮影会を行いまいました。このテーマは、デジタル一眼レフカメラでの撮影手法がいろいろ紹介されている一冊の中にあったものです。その本に書かれていた、このテーマで撮影するときときのポイントを確認してから撮影を始めました。普段は、70-200mmのレンズを使うことの多い子も、「近づいて大きくとらえる」というポイントがあったからか、28mm単焦点のレンズを駆使していました。また、タンポポの綿毛が舞うシーンを撮るために、メンバーと協力して、撮りたい瞬間を作っていました。
また、5月のミーティングで子どもから上がっていた「プロカメラマンとの勉強会」に先立ち、樫本善太さん(AMVER inc.代表取締役・フォトグラファー)をスタサポ事業エルプラザ拠点にお招きし、ショートトークを行っていただきました。ショートトークの後、写真部の子どもは、最近撮った写真を早速見てもらっていました。

※Instagramにて、活動の様子や子ども・メンバーが撮影した写真を随時公開しています。
https://www.instagram.com/kacotam2017photo04/
※Twitterにて、活動の様子など最新の情報をお伝えしています。
https://twitter.com/kacotamphoto

 

5月活動報告(写真部)

カコタム写真部です。
5月はなかなかスケジュールが合わせられず撮影会は実施できませんでしたが、今年のこれからの活動で取り組みたいことの話し合いをしました。
 「プロのカメラマンを呼んで勉強会をしたい」「本を使って写真の撮り方を学びたい」「チ・カ・ホ (札幌駅前通地下広場)で写真の展示をやりたい」といった、もっと写真の技術を磨きたい、撮った写真を多くの人に見てもらいたいという内容の「やりたい」が挙げられました。「プロカメラマンとの勉強会」は、実施に向けて現在調整を進めているところです。
 撮影会はできていませんが、スタサポ事業(エルプラザ拠点)では、活動の様子を伝えるための写真を撮り続けてくれています。写真部以外の子に撮らせてあげている場面も見られました。メンバーから子どもへ、子どもから子どもへ、写真の魅力を広める輪が大きくなってきているようです。

※Instagramにて、活動の様子や子ども・メンバーが撮影した写真を随時公開しています。
https://www.instagram.com/kacotam2017photo04/
※Twitterにて、活動の様子など最新の情報をお伝えしています。
https://twitter.com/kacotamphoto

4月活動報告(イラストサークル)

カコタ部イラストサークルです。
4月のイラストサークルは、ゆるきちの二階でイラストを描きました。


下描き、ペン入れ、コピックによる色つけを行いました。だんだんと、子どもたちの作業ペースが早くなってきました。以前は2時間で下描きだけで終わってしまう場合もありましたが、色をつけるところまでいっています。早いことだけが良いことでは決してありませんが、慣れてきたこともあるのだと思います。

動きのある線や、透明感のある色使いもできてきました。来月もみんなで楽しくイラストを描いていきたいと思います。