2021/01/17 17:44

思春期のころ、僕はひとりでした。


世間の差別的な目から自分自身も逃れることはできませんでした。自分は間違った存在、いてはいけない存在だと思い込み、それを正してくれる大人はいませんでした。それどころか、会う人会う人、「このまま生きてたらあんなことになるんだ」と思わせる人ばかり。そして僕は孤独感から抜け出すことなく、クローゼットの中に閉じこもりました。


もしあの時、正しい考えを持ったまともな人たちに出会えてたら、僕の人生は変わっていたかもしれません。


あれから30年経ちました。社会は変わりました。カムアウトして表舞台で活躍する人も大勢います。でも、クローゼットに閉じこもって苦しい日々を送っている人がいる状況に変わりはないと思います。


自分みたいな人も存在してもいい、そう言ってくれる人たちがいる場所が今ではあります。そらにじひめじは、そんな小さくとも大きな場所だと思います。どうかこれからも続いていって欲しいです。


映画「ウィークエンズ」サイト

http://www.jpweekends.com/

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?