2017/08/26 10:08

8月10日から16日にかけて開催されたネパール・ヘルスキャンプ2017は、無事に終了することができたことをご報告いたします。

ネパール・ヘルスキャンプ2017を応援、ご支援くださった皆さま、ありがとうございました。心からお礼申し上げます。

今回のヘルスキャンプには日本人鍼灸師7名、ネパール人鍼灸師7名が参加し、新患(受入期間8月10日〜15日)男性179名、女性282名、旧患(受入期間8月11日〜16日)878名、合わせて総計1340名の患者に対して鍼灸治療を行うことができました。

患者たちの主な主訴は、頭痛・腰痛・膝痛・頚部痛・半身麻痺・リウマチ・めまい・耳鳴り・神経痛・糖尿病などがあり、肉体労働と栄養の偏り、衛生環境の悪さが原因となっている病が多く、ネパールにおいて疼痛緩和の効果がある鍼灸の需要と必要性を感じました。

雨季のネパールはヘルスキャンプを開催した期間中、雨が降らない日はなく、バスや徒歩で何時間もかけて治療を受けに来られていた方もおられました。
何年も悩んでいた痛みが治療を重ねるごとに減っていき、痛みで歪んでいた顔が日一日と穏やか顔になっていく方が大勢おられ、私たちも嬉しくなりました。

また鍼灸学校を卒業した後、スキルアップをするための勉強の機会が少ないネパール人鍼灸師に対して、日本人鍼灸師による勉強会も開催されました。

IVAAとして引き続き、ネパール人鍼灸師たちに対して技術支援も行っていきます。



また現地の経済団体から要請があり、2018年5月にネパールのポカラでヘルスキャンプを開催することが決まりました。
引き続き私たちの活動を応援、ご支援いただけますと幸いです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?