2021/06/20 07:00

弁護士の柿本悠貴と申します。


私も、成年後見業務で、要介護者の方と接することがあります。

恥ずかしながら、細川さんと出会うまで、訪問美容の必要性を認識しておりませんでした。


細川さんから聞いた、要介護者の方のエピソード。


本当は髪をきれいにしたいのに、“これ以上家族に負担をかけたくない”といって、塞ぎ込んでしまう方がいる。


しかし、細川さんが施術することで、暗かった表情が、ぱっと明るくなる


「すごくかわいくなりましたね。」と声をかけて、ますます、うれしそうな表情をされる。

その笑顔にさそわれ、ご家族までもが幸せな気分になれる。


すごく素敵なお話でした。


だれもが、清潔でいたい、きれいでありたい、と思っていることに気付かされました。

しかし、その声が、必ずしも届いていない現状も知りました。


支援の輪が広がり、一人でも多くの方が、美容サービスを享受できればと思います。

ささやかですが、支援させていただきます。


健闘をお祈りしております。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?