Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

山形市山寺に伝わる、高橋由一の息子・源吉が描いた明治時代の油彩画を修復したい!

現在の支援総額
1,417,000円
パトロン数
65人
募集終了まで残り
終了

現在117%/ 目標金額1,210,000円

このプロジェクトは、2017-09-20に募集を開始し、65人の支援により1,417,000円の資金を集め、2017-10-31に募集を終了しました

山形県山形市にある旧山寺ホテルは大正時代に建てられ、現在は有志によって管理・公開されています。その旧山寺ホテルに伝わってきた明治時代の油彩画《最上川(本合海)》は損傷が著しく、今回修復をしようとしています。絵の作者は高橋由一の息子・源吉。山寺の近代化の歴史に関わる貴重な文化財を、後世に遺します。

《最上川(本合海)》の搬出

(作品を箱に入れている)

(株)文化財マネージメントの宮本です。
今回は、先日おこないました《最上川(本合海)》の搬出の様子についてお伝えします。

 

搬出作業は、修復をおこなっていただく東北芸術工科大学・文化財保存修復研究センターの中右恵理子先生と、長峯研究員、西洋絵画修復ゼミの学生によっておこなわれました。

 

作品は旧山寺ホテル2階の大広間に展示されています。
損傷が大きく、壁に掛けて展示すると危険であるため、床に置いて立て掛けてある状態です。


(安全のため作品を立て掛けて展示している)

 

これを作品サイズに合わせて制作してきた輸送用の箱に入れ、紐を掛けて固定します。


(作品を箱に入れている)


(作品を箱に入れている)


(作品の入った箱に紐を掛けたところ)

 

箱に入った作品を旧山寺ホテルから搬出し、車に載せ、東北芸工大・文化財保存修復研究センターの西洋絵画修復室に運びました。


(旧山寺ホテルから運び出している)


(東北芸工大・文化財保存修復研究センター)

 
(西洋絵画修復室に運んだところ)

 

これから損傷状態などの詳細な調査をおこない、その後に修復作業に入ります。
修復完成までには1年2、3ヶ月ほどの期間を要する予定で、だいぶ時間が掛かってしまいますが、気長にお待ちくださいますよう、よろしくお願いします。

 

この活動報告では調査や修復作業の各工程をお知らせしていく予定ですので、お楽しみに。