Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

山形市山寺に伝わる、高橋由一の息子・源吉が描いた明治時代の油彩画を修復したい!

現在の支援総額
1,417,000円
パトロン数
65人
募集終了まで残り
終了

現在117%/ 目標金額1,210,000円

このプロジェクトは、2017-09-20に募集を開始し、65人の支援により1,417,000円の資金を集め、2017-10-31に募集を終了しました

山形県山形市にある旧山寺ホテルは大正時代に建てられ、現在は有志によって管理・公開されています。その旧山寺ホテルに伝わってきた明治時代の油彩画《最上川(本合海)》は損傷が著しく、今回修復をしようとしています。絵の作者は高橋由一の息子・源吉。山寺の近代化の歴史に関わる貴重な文化財を、後世に遺します。

東北芸工大・卒展での展示のお知らせ

(株)文化財マネージメントの宮本です。

東北芸術工科大学の文化財保存修復研究センターで修復中の《最上川(本合海)》、お陰様で順調に作業が進んでおります。
このたび、修復された《最上川(本合海)》を同大学の卒業/修了研究・制作展で展示いたします。
作品とともに、作品や修復に関係する研究(学生の卒業研究)も展示いたしますので、ぜひこの機会にご覧くださいませ。


*****************************************************************************

東北芸術工科大学 卒業/修了研究・制作展での高橋源吉《最上川(本合海)》の展示

会期:2019年2日6日(水)-11日(月) 10:00-17:00
場所:東北芸術工科大学 文化財保存修復研究センター4階(下記マップのI)
   https://www.tuad.ac.jp/sotsuten/map/index.html
料金:無料
アクセス等: https://www.tuad.ac.jp/sotsuten/index.html

山形ビエンナーレ出展のお知らせ

(株)文化財マネージメントの阿部麻衣子です。

 

9月1日(土)から開催される「山形ビエンナーレ2018」で、《最上川(本合海)》関連展示をおこないます。

 

山形ビエンナーレの展示のひとつとして、「山のような100ものがたり」と題し東北芸術工科大学敷地内を会場に、山形にまつわる100点以上もの作品が展示されます。
その中の企画展「現代山形考」で、これまでの修復過程をパネルで紹介します。
作品の実物は現在、芸工大・文化財保存修復研究センターで修復中のため展示できませんが、取り外した額も展示します。

 

また、明治44年(1911)の山寺油絵展覧会にされ出展された高橋源吉作品の中から、《とら》《山寺全景》《立谷川 対面石》の3点も展示します。
当時の展示の様子を体感できる貴重な機会になります。
さらに、源吉の父であり日本洋画の礎を築いた高橋由一の作品も展示されます。

 

会期中の9月22日(土)には、《最上川(本合海)》をはじめとした高橋源吉作品を調査・研究している大場詩野子(油彩画修復家)さんのギャラリートークも開催されます。
この機会にぜひご覧くださいませ。

*************************

山形ビエンナーレ2018
https://biennale.tuad.ac.jp/

山のような100ものがたり「現代山形考」
https://biennale.tuad.ac.jp/100story

会場:東北芸術工科大学本館7階ギャラリー THE TOP
日時:2018年9月1日(土)~24日(月・祝)
   ※期間中の金・土・日・祝日のみ開催
入場料:無料
主催:東北芸術工科大学

《最上川(本合海)》の搬出

(作品を箱に入れている)

(株)文化財マネージメントの宮本です。
今回は、先日おこないました《最上川(本合海)》の搬出の様子についてお伝えします。

 

搬出作業は、修復をおこなっていただく東北芸術工科大学・文化財保存修復研究センターの中右恵理子先生と、長峯研究員、西洋絵画修復ゼミの学生によっておこなわれました。

 

作品は旧山寺ホテル2階の大広間に展示されています。
損傷が大きく、壁に掛けて展示すると危険であるため、床に置いて立て掛けてある状態です。


(安全のため作品を立て掛けて展示している)

 

これを作品サイズに合わせて制作してきた輸送用の箱に入れ、紐を掛けて固定します。


(作品を箱に入れている)


(作品を箱に入れている)


(作品の入った箱に紐を掛けたところ)

 

箱に入った作品を旧山寺ホテルから搬出し、車に載せ、東北芸工大・文化財保存修復研究センターの西洋絵画修復室に運びました。


(旧山寺ホテルから運び出している)


(東北芸工大・文化財保存修復研究センター)

 
(西洋絵画修復室に運んだところ)

 

これから損傷状態などの詳細な調査をおこない、その後に修復作業に入ります。
修復完成までには1年2、3ヶ月ほどの期間を要する予定で、だいぶ時間が掛かってしまいますが、気長にお待ちくださいますよう、よろしくお願いします。

 

この活動報告では調査や修復作業の各工程をお知らせしていく予定ですので、お楽しみに。

将棋むら天童タワーの高橋源吉作品

(高橋源吉《立谷川 対面石》明治44年)

(株)文化財マネージメントの宮本です。
今回は、山形市山寺のお隣、天童市に伝わっている高橋源吉作品についてご紹介します。


山形市から天童市へ向かう国道13号沿いに、「将棋むら天童タワー」はあります。

(将棋むら天童タワーの特徴的な外観)

 

人工知能や藤井四段の活躍、ひふみんの人気など、最近大きな話題を呼んでいる将棋ですが、実は天童市は将棋駒つくり日本一の町。
天童タワーはそんな町にちなんだ、巨大な将棋駒形の看板が目を引くドライブインです。
中に入ると、山形県の特産品やお土産をはじめ、将棋をモチーフにした民芸品などを買うことができます。
また、書き駒やそば打ちなど、天童ならではの観光体験もできる楽しいスポットでもあります。

将棋むら天童タワーHP

 

しかし、今回ぜひ注目してほしいのが、奥のレストランの壁に飾ってある高橋源吉の油彩画です。

(レストランの奥の壁に高橋源吉の作品が飾られている)

 

作品の名前は《立谷川 対面石(たちやがわ たいめんいし)》。
これも「山寺油絵展覧会」で展示されたものの一つです。

(高橋源吉《立谷川 対面石》明治44年)

 

遠く見えるのは「楯山(たてやま)」で、青白く光る「立谷川(たちやがわ)」をはさんで、手前には不思議な形をした巨岩の「対面石(たいめんいし)」が描かれています。

山寺を開山した慈覚大師円仁は、楯山の向こうの芦沢峠を経て山寺に入り、対面石の前で地元の狩猟民の長、磐司磐三郎(ばんじばんざぶろう)と対峙したといわれます。
山寺村長・伊澤栄次は、このような開山伝説がのこる場所を山寺の観光地として再生し、源吉に描いてもらうことで、観光客にアピールしたのだと思われるのです。


株式会社 天童タワー
〒994-0012 山形県天童市大字久野本1273-2

山形新聞に掲載

(株)文化財マネージメントの宮本です。


今回のプロジェクトに関する記事が、昨日の山形新聞に掲載されました。
《最上川(本合海)》はもちろん、イケメンな高橋源吉の顔写真も掲載されました。
昨日の掲載で恐縮ですが、山形新聞を購読されている方は昨日の新聞をご覧くださいませ。