2021/10/22 21:45

(株)文化財マネージメントの宮本です。


本プロジェクトで修復を担当していただく吉備文化財修復所の代表・牧野隆夫さんが立正大学のオンライン(オンデマンド配信)公開講座に登壇されました。
基調講演およびパネルディスカッションで、日本の仏像文化全般の歴史、その保護・保存の理論、そして実例として平戸の大仏や本プロジェクについても講演なさいました。
パネルディスカッションでは、立正大の秋田貴廣さんと廣原美登里さんから、平戸の大仏と同じく熊谷市にある、星宮地区の愛染明王・愛染堂の保全と地域活性化の取り組みも紹介されています。
期間限定となりますが、ぜひご覧くださいませ。


令和3年10月20日(水)10:00〜10月27日(水)18:00まで
オンデマンド配信(YouTube)
仏教文化の継承と意義

◆主催者挨拶
髙橋 堯英(立正大学仏教学部長)
◎以下のURLをクリックし、ご視聴ください
 →https://youtu.be/oqVWnCgCyAI


◆第1部 第740回 日蓮聖人御会式法要
導師:望月 兼雄(立正大学学園理事長)
◎以下のURLをクリックし、ご視聴ください。
 →https://youtu.be/HJDaWmgSijI


◆第2部 公開講座 「仏像の維持継承における課題と展望」
○基調講演
講師:牧野 隆夫(吉備文化財修復所代表)
◎以下のURLをクリックし、ご視聴ください。
 →https://youtu.be/r-IsYmgINpY
 →講演資料はこちら


○パネルディスカッション
パネリスト:牧野 隆夫(吉備文化財修復所代表)
      原 美登里(立正大学地球環境科学部准教授)
コーディネーター:秋田 貴廣(立正大学仏教学部教授・立正大学法華経文化研究所長)
◎以下のURLをクリックし、ご視聴ください。
 →https://youtu.be/qDP15IJebvc

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?