Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

阿部梨園の100件を超える小さい改善ノウハウを公開するオンライン知恵袋を作りたい

現在の支援総額
4,463,000円
パトロン数
325人
募集終了まで残り
終了

現在446%/ 目標金額1,000,000円

このプロジェクトは、2017-11-13に募集を開始し、325人の支援により4,463,000円の資金を集め、2017-12-25に募集を終了しました

【達成!&ストレッチゴール中】農家の『こんなこと恥ずかしくて人にきけない!』をまとめて解消したい!阿部梨園は東大卒マネージャー佐川と二人三脚で400件以上の改善を実施しました。結果、直売率99%超のブランドと、合理的な経営に至りました。この小さいノウハウを、同じ個人農家のためにウェブ上で公開します。

クラウドファンディング&制作ブログを作りました

クラウドファンディング&オンライン知恵袋制作の進捗状況を一か所にまとめておきたいなと考えていたのですが、以下の理由で独立したブログを設置しました(本サイトです)。プロジェクトページと合わせてこちらもよろしくお願いします!

阿部梨園の知恵袋(設立ブログ|クラウドファンディング)

1. CAMPFIREの「進捗報告」はあまり使いやすくない
2. 阿部梨園のウェブサイトで頻繁に更新しすぎると、お客様にとってノイズになる懸念がある
3. 佐川や阿部の個人SNS発信では拡散方向が小さく偏ってしまう

【メディア掲載】農ledge(ノウレッジ)様

農業系ウェブメディアの「農ledge(ノウレッジ)」様に本プロジェクトについて取り上げていただきました。ありがとうございます!

日本初!個人経営の梨農家が100件を超える経営改善ノウハウを公開するためにクラウドファンディングでプロジェクト開始。既にわずか7日で達成! | 農ledge

---

農ledge(ノウレッジ)

農ledgeとは農業に関する役立つ情報を発信していくメディアです。
農業の「農」と知識、情報、学識を表す「knowledge」とをあわせて「農ledge」というメディア名にしました。

様々なメディアが乱立し、農業について誤った情報がメディアを通じて拡散されていることから農業界で働く人が肩身の狭い思いをしている状況が散見されています。例えば、有機農業が流行っていることもあり、有機農業は安全、農薬を使用した野菜は危険というイメージが先行していますが、実は農薬を使用した野菜よりも危険な有機野菜があることをご存知でしょうか?F1種という種が多く使用されていますが、F1種は危険だ、という認識が広がっていますがF1の種が人体に害を及ぼすという科学的根拠はないことは実は今だにありません。

このようなイメージ先行して正しい情報が消費者、関係者に届いていないという状況もあり農ledgeでは農業界隈のニュースや、国内外の学術論文をわかりやすく要約した記事、農家さん農業関係者さんのインタビュー記事などを掲載していきます。

 

【メディア掲載!】AGRI JOURNAL様

農業系ウェブメディア&フリーペーパー「AGRI JOURNAL(アグリジャーナル)」様に本プロジェクトについて取り上げていただきました。『梨農家の想いに支援続出』というタイトルの文言は、私たちの願いを代弁していただいた思いです。本文も、プレスリリースの内容を汲み取って洗練していただきました。

便利なコツをシェアします!梨農家の想いに支援続出 | AGRI JOURNAL

---

AGRI JOURNAL(アグリジャーナル)
農村を元気にしていく次世代の農業の担い手たちに向けたwebメディア。トレンドの農業ウェアや農機具、6次産業化のアイデア、ICT活用事例、マーケット動向など、役立つ最新情報をわかりやすくお届けします。

 

ポッドキャストで紹介していただきました

株式会社ラウンドナップ(中小企業専門ウェブコンサルティング)様が、Podcastにて弊園の取り組みを紹介してくださいました。今どき月間1万ダウンロードのPodcastって多いですよね!!社長の中山様が弊園のプレスリリースをご覧になり、ご共感いただいて、さっそく話題にしていただきました。農業界以外の方にも注目していただけて大変光栄です。

本CFプロジェクトでも実際にご支援いただいています。中山社長、どうもありがとうございます!

音声セミナーラジオ「ウェブマーケティングPodcast」 第131回:梨農家の改善ノウハウをクラウドファンディングで公開?など11月第4週トピックス

株式会社ラウンドナップ

このように、弊プロジェクトをご紹介いただきましたら可能なかぎり紹介したいと思いますので、ぜひご一報ください(mail@abe-nashien.com)。

【メディア掲載!】下野新聞(12月5日)

12月5日の下野新聞13面に、本プロジェクトについて掲載していただきました。多くの方の目に止まって、仲間が増えるとうれしいです。

---

阿部梨園(宇都宮市下荒針町、阿部英生代表)は4日までに、インターネット上で資金を集めるクラウドファンディング(CF)を活用し、同園で実践している経営改善のノウハウを無料で公開するサイトの開設に乗り出した。

同園は計約2.7ヘクタールの土地でナシ「にっこり」や「幸水」などを生産している。2014年から積極的な経営改善に取り組んでおり、オンラインショップを開設したり、販売データに基づき品種ごとのPRを工夫したりして、16年はネットや店頭などでナシをほぼ完売した。手探りで進めながら、労務管理や販売ノウハウなど、さまざまな改善策を蓄積してきたという。他の農家にも経営に役立ててもらおうと、これらの情報を無料で公開するサイトを開設することにした。

資金集めはCFサイト「CAMPFIRE(キャンプファイア)」を活用する。同サイトで11月13日から支援を呼び掛けていたが、当初の目標金額100万円を7日目で達成した。現在は目標金額を300万円に引き上げて12月25日正午11時59分まで募集している。経営ノウハウの無料公開サイトは来春の開設を目指す。同園の佐川友彦マネージャーは「農業経営の大規模化や機械化は教科書で学べるが、実践しやすい身近な経営改善策は参考書にも載っていない場合が多い」と話し、200〜300件前後のノウハウを公開する予定。

【CF/メディア掲載】下野新聞(12月5日、13面)

プロジェクトの進捗状況

213.5万円/300万円(71.2%)