2018/03/23 15:34

 

こんにちは。プロジェクトチームの山崎光です。

昨日、映画の仮サイト(http://bosaifilm.ifdef.jp/)を公開し、上映会のお申込受付も開始いたしました。同サイト内に申し込みフォームがございます。
 

 さて、久しぶりの活動報告になってしまいましたが、今回はクラウドファンディングのリターンの一つ、おいしい非常食である『安心米』(アルファ化米)をご協賛いただいている、アルファ―食品株式会社様のご紹介です。

 

 

 アルファ―食品株式会社様は島根県出雲市に本社を置き、50年以上アルファ化米を主体とした米加工食品の製造・販売をしているメーカーです。アルファ化米を家庭の炊飯器で簡単に調理できるお赤飯やおこわ、学校給食など、おいしく食べられるよう商品化されています。だから、非常食のイメージを覆すぐらい、とてもおいしいんですよ!大きな災害が発生した時には、まずその瞬間を生き残ることが大切です。そして生き延びることができたら、しばらくの間は備蓄していた食料を食べる必要があります。そんな時にも普段と変わらずおいしいものを食べることができたら、体も心もきっと支えられますね。

 

 

アルファ―食品株式会社様について知るために、社員の方にインタビューしてみました。

―商品の開発にあたり、大切にされていることは何ですか?

 縁結びの神様として知られている出雲大社のお膝元で、私たちはお米を通して人と人とのご縁をつなぎます。ごはんを作ることは、食べる人への愛情表現であると考えています。労を惜しまず開発・製造した商品を私たちは「愛情ごはん」と呼び、その商品を召し上がる方のご家庭が「笑顔あふれる食卓」になることを心から願っています。

 そしてもう一つ、近年人びとの趣向や生活スタイルが大きく変わり、私たち日本人の食卓風景も様変わりしました。お米の消費量が年々減少している今こそ、和食文化の一端を担うお米の加工メーカーとして、「日本の田園風景」と「ごはんのある食卓」を守っていきたいと考えています。

 

 

―主力商品のアルファ化米とはどんな商品ですか?

 簡単に言うと、炊いたり蒸したりしたお米を、熱風で急速に乾燥させておいしさを閉じ込めたお米です。アルファ化米は、生のお米から炊飯したご飯と同じデンプン構造をしているため、おいしさもそのままなんです。アルファ化米は乾燥しているため腐りにくく長期保存が可能で、備蓄食として最適です。さらに洗米・つけ置きが必要無く、通常のお米に比べてより早く楽に炊くことができるので、調理に時間や手間がかかるお赤飯やおこわなどを、家庭用商品や学校給食、業務用としても幅広くご利用いただいております。

 

 

―安全・安心の取り組みについても教えていただけますか? 

 食品に関する認証を取得し、徹底した品質管理に取り組んでいます。全工場で原料の受入管理、施設・設備の衛生管理、機械・器具類の衛生管理、従業員の衛生管理、教育訓練等、食品衛生管理にかかわる総合的な基準を設定し、運用しています。

 商品の原料を選ぶにあたっては、原産地に赴き、安全性・味・色彩などを確認しており、原料の安全について自信を持っています。原料原産地につきましては、お客様相談室やホームページでご確認いただけるよう体制を整えています。

 また、より安全・安心をお届けするため、アレルギー対応商品については特定原材料等(アレルギー物質)27品目の食物アレルゲンを使わない、持ち込まない、専用工場にて製造しています。この商品については表示義務7品目のアレルギーチェックをアルファ化米と具材の各々行い、問題のないものを製品化しています。さらにこの製品を再チェックするダブル管理体制を実施しております。

 これからも安全・安心に関するこれらの取り組みを継続し、安心して召しあがっていただける商品づくりに励んでまいります。

 

 

―本日は、どうもありがとうございました!

  

 

公式ホームページ:http://www.alpha-come.co.jp/index.html
オンラインショップ:http://www.alpha-come.co.jp/ec/index.html
Facebookページ:https://www.facebook.com/alphacomefoods/

 

 クラウドファンディングプロジェクトのリターン発送は2018年6月からを予定しております。少し先になってしまいますが、どうぞ楽しみにお待ちください。

 引き続き、良い映画を作ることができるようにプロジェクトチーム一員、全身全霊を尽くして製作に邁進します。

 

山崎光

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?