2018/02/05 09:17

今回当法人がクラウドファンディングでご紹介している

スプリング・アドベンチャーin大島について

この場にて
もう少し詳しくご紹介させていただきます。 


〈スプリング・アドベンチャーin大島について〉


スプリング・アドベンチャーin大島の一番のテーマは


「本気になる!!」


です。

 

このコースでは
全てが子どもたち主体で進められていきます。

班決めから
リーダーや様々な役割決め、
大島一周のオリエンテーリングも
どんなポイントに立ち寄り
どんなコースにするのかも
全て子どもたちが話し合い
決めていきます。


自分たちで真剣に話し合い、決めたことを
本気で取り組み、やり遂げる。

 

だからこそ得られる経験と達成感は
将来、彼らの夢をかなえる力となる…


私たちは、誰もが日々懸命に生きていますが
時に様々な困難に遭遇したり
これをやろう!と決めたのに
心が挫けそうになる… 
なんてこと、よく起こるのも事実です。


そんな時、コースに参加した子どもたちが
コースでの体験を思い出し
自分たちが成し遂げた尊い経験を思い出し
挫けそうになっている自分にもOKを出して
自ら一歩踏み出す力を発揮していって欲しい…


そんな想いも込めてこのアドベンチャーを
10年以上に渡り開催してきました。

 


これまでの参加で一番小さい子どもは小学校1年生。
上は大学生まで参加したこともあります。
ここ最近では、子どもたちの忙しさから高学年の参加は減り
小学生だけのコースとなることも多くなりました。


全てを自分たちで決めたとは言え
天候を含め、思うようにはなかなか進みはしません。
当然、子どもの間で問題が勃発する、なんてこともあります。

そんな時でも
子どもたちは、チームみんなで話し合い、
自分たちで考え、解決し、ゴールを目指します。
悪天候でオリエンテーリングを中断せざるをえなかった以外で
これまで、途中で断念したチームは
一つとしてありません。

 

そのチャレンジしている姿は
我々サポートしている大人達からすると
感動の連続であると共に
何か問題が起きたとしても
子どもたちの中には、それらを解決する力が
しっかりと宿っているということを確信します。

 

身体が小さいからと言って
あるいはまだ学年が長名だからと言って
“子ども扱い”するのではなく
一人の立派な“人”として尊重することこそ
彼らの力は存分に発揮され、成長していくのだと
毎回子どもたちから教えられています。

 

〈参加者の声〉


小3 BOY

三原山登山では、
はじめて会ったばかりの人たちとみんなで協力して、
本気でがんばった。
みんなで▲ちゃんのことを、まってあげたり
つかれている人を、はげましてあげたりもした。

だからこそ、みんなで、三原山を
おりてこられたのだと思います。

大島一周のオリエンテーリングでも、
みんなが強力することができた。
とくにサイクリングでは、
やっとのぼりを終えたと思ったら、
またのぼりだったり、
おりられると思ったら、
強風に押し返されたりもした。


でもみんなで、そんなけいけんをしたからこそ、
思い出にのこっていくのだと思います。

■ちゃんは、動物園でハワイガンや、ラクダで
とても、こうふんしていた。
でも、一ばんこうふんしていたのは、
やっぱりバーバリーシープというと、
はんのうしてしまってわらいが止まらなくなる。

ぼくは、そんなみんなをわすれません。



〈参加した子どもたちのその後〉


スプリング・アドベンチャーin大島の
活動自体はまだ10年ほどですが
子どもの健全育成を目的とした野外体験活動自体は
24年に渡り実施してきました。


当時参加してくれた子どもたちは
今や成人し、社会人となり、家庭を持ち、すでに親になって
子育てしている子どもたちもいます。

そんなかつての参加者から頂いたメッセージです。

 

30代後半 男性

1期生の僕が参加していた頃には
スプリング・アドベンチャーin大島はまだなかった
参加していたのは、夏のキャンプ
本当に楽しかった
それまで体験したことのなかった冒険の連続
新たな友達とのつながり

4人の子どもの父親となって
自分の親がどんな想いで
キャンプに送り出してくれていたのか
ようやく分かるようになった
人として生きる力を身に付けさせたかったのだと思う
キャンプのアシスタントの人たちのように
自分の子どもにもしっかりその背中を見せていける
父親になれるよう頑張ります

 

30代半ば 女性

気付けば自分も3児の母
キャンプで体験した様々なこと
仲間との出逢い
アシスタントとの関わり
その全てが
親として、人として、とても大切な
自分の原動力になっています
だからこそ自分の子どもたちが
キャンプに参加できる年齢になることを
今から楽しみにしています
私も子どもたちに置いて行かれぬよう
日々成長あるのみ!ですね

 

20代半ば 女性

春のキャンプが結局最後に参加したコースになった
仲間と一緒に流した汗
諦めそうになるくらい辛い時も
絶対にゴールすると励まし合った
絶対できると信じることができた
それは、信じてくれた人がいたから
応援してくれた人がいたから

娘を産んで
日々娘との生活に一喜一憂しながら
私も娘の明日を、そして未来を信じて
応援し続ける存在でいたいと思います
いつか恩返し、しに行けるといいなと願いながら。

 

〈まとめ〉


スプリング・アドベンチャーin大島はわずか2泊3日です。

そのわずか3日間で
心身共にその時点での実力を知ると共に
それ以上の力を発揮することができるコースです。
普段では使っていない、あるいは、気付いてもいない
自分自身の力や可能性に気付き、
そして、それは紛れもなくその子の自信となって
大いなる力を発揮していくことは間違いありません。


だからこそ私たちは
どの子どもたちの中にも現存としてある
想いを実現させていく力を信じ
その意欲が遠慮することなく発揮されるよう
アナログでしか体験しえない経験を
提供し続けて行きます。


そして

大島でのアドベンチャーでしか体験しえない
貴重な経験を
安心・安全に子どもたちに提供できるよう
精一杯がんばります!

皆様の応援とご支援、どうぞ宜しくお願い致します!


お子様をこのスプリング・アドベンチャーin大島に
参加させてみたい! という方も、お気軽にお問い合わせ下さい。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?