2014/03/18 12:33

今回は、BagaBogd山で最後に設置した赤外線カメラのお話です。

頂上に近い位置に設置した後(前回の報告を参照)、
何か発見物はないかと探しながら下山。

すると、動物の死骸(骨)を見つけました。
これも、ユキヒョウが食べた跡なのでしょうか?



他にも、雪の上に矢印のような面白い足跡を発見!
鳥の足あとのようですが、点々と一列に並んでいて、
まるで道しるべのようです。



そして、下山すること2時間。
ジープを止めていた麓の大きな岩(緑の輪のあたり)に
ユキヒョウの尿スプレーの跡を見つけました。
最後のカメラは、ここをめがけて設置しました(赤い輪)。




岩の陰に来て、尿スプレーをするユキヒョウを
写真に収められますように。



赤外線カメラ設置の報告は今回で終わりです。

冬が始まる11月に設置したカメラたち。
その写真や映像は、この春、回収に向かいます。
どれほどのユキヒョウの映像が捉えられているのか…
たくさんのユキヒョウが写っていることを願うばかりです。

この日の夜は、最後のゲル宿泊ということで、前回の揚げ餃子に続き、
今回は焼き餃子をいただきました!



ゲルの持ち主のお母さんが、食べきれないほど作ってくれたたくさんの餃子たち♪
この日は、かなり過酷な登山だったので、
みんな無事に帰って来れた喜びをかみしめながら、美味しくいただきました。

そしてその翌朝…。悲劇が起こりました。
夜中にせかせかと、ネズミたちがゲルを駆け回る音。
餃子は彼らにとってもこの上ないご飯だったようです…。
私のブーツを住処にして、残った餃子やパンくずを奥に奥にご丁寧に詰めて隠していたのです。
それを知らずに、翌朝スッとブーツに足を入れた私。。。
ゲル中に悲鳴が響き渡りました…。

おかげさまで、帰国しても私のブーツから餃子の香りは消えず、
忘れられない思い出の香り…?となりました(笑)。

つづく。
 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?