Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

パレスチナのガンジーが原爆の残り火と走る「ピースサイクリング」を世界に伝えたい!

現在の支援総額
189,500円
パトロン数
19人
募集終了まで残り
終了

現在34%/ 目標金額550,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2018/07/13 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2018-06-11に募集を開始し、19人の支援により189,500円の資金を集め、2018-07-13に募集を終了しました

パレスチナ人平和活動家が長崎〜広島420kmを「原爆の残り火」と共に行く、アースキャラバン「ピースサイクリング」。この歴史的なチャレンジと平和への願いを、世界と分かち合いたい! パレスチナの状況にたくさんの人が心を向け、新しい世界へ歩き出すきっかけとなりますように。応援をよろしくお願いいたします!

アースキャラバン「希望の火」の旅が始まります!

みなさま お元気ですか?

朝晩はようやく過ごしやすくなってまいりました。いかがお過ごしでいらっしゃいますか。


昨年のアースキャラバン「ピースサイクリング」クラウドファンディングでは大変お世話になりました。皆さまのご協力のもとピースサイクリングと各地イベントを開催し、パレスチナで活動するサミーの声をたくさんの人に届けることができました。

また、日本国内はもとより、中東、北米、ヨーロッパなど世界各地で、同じ志をもつ人たちとのつながりが広がり続けています。


「分かちあおう地球を、幸せと自由を。SHARE!」を合言葉に創ってまいりましたアースキャラバンの活動は、いま新たなスタートを迎えています。

人類初の試み、「希望の火 プロジェクト」が、9月から始まります。


希望の火 プロジェクト

長崎から東京までサイクリング等でつなぎ、平和への祈りをこめて吹き消してきた原爆の残り火「平和の火」。今年3月20日、アースキャラバンは、この火をバチカンのローマ法王に届け、核や武器廃絶の象徴として吹き消してもらいました。

そして、過去の苦しみの象徴である原爆の残り火に替わって、未来の平和への祈りを込めた「希望の火」を創ることにしました。

一つの火に、集った人々の平和と明るい未来への祈りを込め、その火を採火しては次の場所へ向かいます。たくさんの人の祈りが込められていくこの火が「希望の火」です。

9月28日 長崎 から「希望の火」の旅は始まり、日本を縦断、そして11月、ローマ法王の東京ミサで灯されます。


希望の火(Flame of Hope)のホームページが公開されました!


「希望の火って何だろう?どんな旅になるのかな?」

ぜひホームページを覗いてみてください。

https://www.flameofhope.jp

旅の途上では、最新の希望の火の映像を掲載していきます。希望の火を感じてみてください。そして、あなたの心にもこの火が灯り、ともに祈り笑い合うことができたらとても嬉しいです。

平和な世界、子ども達の笑顔あふれる明るい未来へ向かうアースキャラバンの新たな挑戦を、引き続き応援していただけましたらとても嬉しいです。各地でイベントも開催しますので、ぜひ遊びに来てください。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!