Logo

パレスチナのガンジーが原爆の残り火と走る「ピースサイクリング」を世界に伝えたい!

5b17e472 afc8 4fbf 8e95 2ece0aba8295
現在の支援総額
189,500円
パトロン数
19人
募集終了まで残り
終了

現在34%/ 目標金額550,000円

このプロジェクトは、2018-06-11に募集を開始し、19人の支援により189,500円の資金を集め、2018-07-13に募集を終了しました

パレスチナ人平和活動家が長崎〜広島420kmを「原爆の残り火」と共に行く、アースキャラバン「ピースサイクリング」。この歴史的なチャレンジと平和への願いを、世界と分かち合いたい! パレスチナの状況にたくさんの人が心を向け、新しい世界へ歩き出すきっかけとなりますように。応援をよろしくお願いいたします!

ご挨拶

みなさま こんにちは! 小林弘葵と申します。

私は会社勤めをしながら、アースキャラバンというNPOの活動に参加しています。
アースキャラバンの活動の中で、2015年初めてパレスチナに行きました。

パレスチナで目にしたのは、弾痕の跡、街に駐留するイスラエル軍、行政が行き届かずゴミがあふれる難民キャンプ、
8mの分離壁や、見下ろすように高台に作られた入植地・・・。

でも、それだけではありませんでした。様々な困難の中でもユーモアを忘れない親切な人たち、
家を破壊されても建て直す人、樹を切られても植え続ける人、
そして、社会的地位も顧みずパレスチナの人たちを応援するイスラエルの平和活動家たち。

心に響くたくさんの出会いがあって、パレスチナのこと、そこに生きる人たちのことを伝えていきたい!
と思っています。

そしていつか、世界中のどこへでも自由に行けて、誰とでも友達になれる日が来ることを夢見ています。

 
▼合い言葉はシェア! アースキャラバンです!

 NPOアースキャラバンは、「分かち合おう地球を、幸せと自由を SHARE!」を合い言葉に、「アースキャラバン」という世界規模のプロジェクトを行っています。

人種、宗教、国籍、思想、信条などを超えて、地球に生きるすべてのいのちを大切にし、紛争や戦争のない平和な世界を創りたい! そんな思いを胸に、このプロジェクトは日本の戦後70年目にあたる2015年夏にスタートしました。  

原爆の残り火「平和の火」を知っていますか?

 ◇広島原爆の残り火が今も灯されている

広島原爆の残り火である「平和の火」。70年以上もの間、福岡県の星野村で絶やすことなく灯し続けられてきました。

星野村出身の山本達雄さんが、原爆投下後の広島でくすぶり続けていた火を、叔父さんの遺骨代わりとして持ち帰りました。火はそれから23年後、偶然地元の新聞記者がその存在を知ったことから星野村に引き継がれ、今日に至ります。

火を渡してからの山本さんは原爆の後遺症と闘いながら静かに暮らし、火について語ることはありませんでした。
そんな山本さんが80歳を過ぎた頃、再び火について語るようになりました。
「いかなることがあろうとも戦争だけはせんという考えだけは、皆さんに持ってもらい、あんたたちの子どもから孫から伝えてもらいたい」。

憎しみの火であった原爆の火が「平和の祈りの火」に変わるまでには、これほど長い時をかけた山本さんの心の戦いがありました。
2004年5月、山本さんは88歳で生涯を閉じました。最後に次のような言葉を残されたそうです。

「人間同士が殺しあうような愚かなことは、もうそろそろ止めにゃいかん。この平和の火というものはね、ただ、灯すだけでは平和を訴える力にはならないと思うんです。どうしたらね、みんなが戦争をせずに仲良くやっていけるのか、考えてほしい。」

 

ドキュメンタリー映画「Be Free!」〜原爆の残り火をパレスチナへ〜



  

 ◇「ピースサイクリング」〜平和の火と、祈りとともに走る〜


アースキャラバンの分かち合いには、3つの柱があります。
一つ目は、「経済の分かち合い」です。
日本各地のアースキャラバンイベント会場では、ピースコンサートや飲食等のブース出店があり、その売り上げの50%以上がチャリティーとして供出され、海外支援として分かち合われます。


二つ目は、「神様の分かち合い」。
原爆の残り火「平和の火」を前に、日本、ヨーロッパ、北米、エルサレム等で異なる宗教者たちと共に、平和の祈りを捧げる活動を行っています。

そして三つ目は、「体験の分かち合い」〜ピースサイクリングです。
原爆の残り火「平和の火」を携えて、長崎から広島、京都、東京へ、およそ1400kmを自転車などでリレーするのです!



1年目の2015年はイギリス人女性スーザンさん、
2016年・2017年は被爆2世・3世の方々がメインサイクラーを務め、たくさんの人とこの火を運びました。

今年4年目となるピースサイクリングの第1行程は、7月14日(土)長崎を出発します。
長崎から「平和の火」が保存されている福岡県星野村を訪れ、四国・松山を経由して、 7月21日・22日に開催される「アースキャラバン2018 広島」を目指します。

そして、この第1行程を走るために、今なお戦争・占領が続くパレスチナから駆けつける平和活動家がいます!
現代のガンジーと呼ばれる「サミー・アワド」です。
 

   

 

▼現代のガンジー、サミー・アワドとの出会い

2014年夏、アースキャラバン発起人の浄土宗和田寺 遠藤喨及(りょうきゅう)住職は、
パレスチナ・ヨルダン川西岸地区に赴きました。

2014年夏・・・。子どもを含む2000人以上の市民が命を落とした、イスラエル軍のガザ空爆の時でした。

封鎖状態にあるガザの無事を祈りながら、デモに参加し同じ思いでつながれる人を探しまわる日々。
そしてとうとう、キリスト生誕の地 ベツレヘムで活動する平和団体「ホリーランド・トラスト」と、
そのリーダー、現代のガンジーと呼ばれる サミー・アワドと出会ったのでした!

2014年パレスチナ 協力者探しの日々→ http://endo-ryokyu.com/past_blog/?m=201409

 

サミー・アワド:

現代のガンジーとして世界に知られる、非暴力抵抗運動の平和活動家。
イエスの生まれた街、ベツレヘムに在住し、人権擁護団体「ホリーランド・トラスト」の代表を務める。
かつてアメリカに留学し、ワシントン大学で国際関係学修士、またシカゴ工科大学で博士号を取得する。

https://www.facebook.com/holylandtrust

サミーが初めて非暴力の人権擁護活動に参加したのは12歳のとき。
パレスチナ農民の土地に、オリーブの木を植える活動でした。

彼が植えた木を武装したイスラエル兵士は抜いて、岩に叩きつけました。しかし、サミーは深く考えずにその木をまた元のところに戻しました。
翌日イスラエル兵は植えた木をすべてダメにしましたが、サミーの心は実感していました。
暴力を使うことなく、大切なものを守る確かな力を。

それ以来サミーは軍事占領に屈することなく、人々が自由で、公平で、尊厳を持ちながら生きる権利を得るために、非暴力の活動を続けています。 


▼「Come & See,Go & Tell!」ー パレスチナで託された願い

 
ビジョンをホリーランド・トラストと語り合い、2015年夏、アースキャラバン中東が実現。
「ベツレヘム・ライブフェスティバル」
に参加しピースパレードやライブ、日本文化紹介のチャリティー出展を行いました。

また、難民キャンプや破壊され続ける村、子どもを拉致・投獄された人、樹を切られても植え続ける農場など、たくさんの人たちの想いに触れました。

 「Come & See,Go & Tell!」ーここに来て見たことを、あなた達の生きる場所で伝えてください!

報道では知ることのなかった苛烈な状況を目の当たりにした私たちを、誰よりも力強く送り出してくれたのはパレスチナの人々でした。
そしてこのたくさんの体験の傍にはいつも、メンバーが代わる代わる携えてきた「平和の火」がありました。

2016年・2017年も体験は続き、もちろん、今年もあります! 

 アースキャラバン2018 中東の旅→ http://www.earthcaravan.jp/ec2018/ec2018_MEtour.php

 

▼歴史的なチャレンジ。パレスチナ、平和の火、ピースサイクリング

◇長崎→広島・平和巡礼の旅

今年はパレスチナから、サミー・アワドが来日します。
広島原爆の残り火をつなぐ「ピースサイクリング・平和巡礼の旅」に参加するために!

同行者には、マイケル・ジャクソン等の作詞家クリス・モズデル氏、広島平和文化村のスティーブン・リーパー氏も。アルジェリアの平和活動家なども参加を予定しています。

サミー一行は7月14日(土)、長崎を出発し、星野村、松山など各地で平和イベントを行いながら、自転車やバスやフェリーなどで平和の火をつなぎ、「アースキャラバン2018 広島」でゴールします。

ピースサイクリング2018→ http://www.earthcaravan.jp/ec2018/ec2018_peacecycling.php
アースキャラバン2018 広島→ http://www.earthcaravan.jp/ec2018/ec2018_02hiroshima.php

 

平和巡礼の旅スケジュール
7月14日(土)長崎・出発式(諏訪神社)

15日(日)フェリーで熊本へ(宇土教会イベント)
16日(月)福岡へ(星野村イベント)
17日(火)休養日
18日(水)フェリーで愛媛へ(松山イベント)
19日(木)松山東雲高校イベント後、フェリーで広島へ・・・

 

中東の旅で出会ったパレスチナの人たち。和平のために活動するイスラエルの人たち。
「この状況を、世界に伝えてほしい」という彼らの思いに、どうしたら応えられるだろうか。  

 


遠く離れていても、世界中の子ども達、未来の子ども達に、平和で自由で豊かな地球を残したい気持ちは同じ。
私たちは様々な違いを超えてつながり合い、大きな夢・願いの実現に向かっていくことができると思うのです。

パレスチナから現代のガンジーと呼ばれる平和活動家が日本に来て、原爆の残り火と共に走る!
この歴史的なチャレンジを、たくさんの人に伝えたい。
このピースサイクリングに流れる願いを、景色を、希望を、世界中の人と分かち合いたい。

そして、たくさんの人がパレスチナとそこに生きる人たちのことを知り、
どうしたらこの地に平和が訪れるだろうか、
どうしたら誰もが自由に豊かに生きることができる世界になるか、

考えて歩き出すきっかけにしたいと願っています。 

 

  

 

 

クリス・モズデルさん朗読 アースキャラバンテーマ詩「金色の華の炎」

   

 ◇皆さまにお願いがあります!

この「ピースサイクリング2018 平和巡礼の旅」を実現し、世界中に発信していくために、皆さまにお願いがあります。

パレスチナから参加するサミーの渡航費、ピースサイクリングとその願いを世界に伝える「平和巡礼の旅」開催費への応援をお願いいたします!

また、このチャレンジを、友達や家族、たくさんの人に伝え、注目していただけたら嬉しいです。

現地での応援やイベントに参加いただくことも、インターネットを通じて声援をお寄せいただくことも、本当に大きな力になります。

 

▼アースキャラバンのチャリティー

2015年からスタートした「アースキャラバン」のチャリティーでは、
ネパール地震・熊本地震等の被災支援や、
ルワンダのストリートチルドレン、シリアやパレスチナの戦災に苦しむ人々等、
災害や紛争・戦争によって支援を必要としている人たちへ支援を行いました。

詳細はこちらから→ http://www.earthcaravan.jp/archive_index.php


バングラデシュの少数民族ラカイン族への教育支援は2006年から継続し、現在3つの小学校を運営しています。

バングラデシュ教育支援→ http://www.earth-caravan.com/bangla_ed.php


2017年には、「ガザ地区 浄水プロジェクト」がスタートしました。
ガザ地区では、井戸や水道の水は塩分濃度が高い上に、硝酸塩や重金属など様々な化学物質や細菌に汚染されています。
そのため腎機能障害や心不全等の病気を罹患する人が多く、ユネスコによれば2020年には人間の生存が不可能になると言われている状況です。

「ガザ地区 浄水プロジェクト」は脱塩浄水機器を設置するプロジェクトです。1台で約1000人に安全な水を届けることができます。
ガザ地区 浄水プロジェクト→ http://www.earthcaravan.jp/pdf/gaza_water.pdf

 ▼リターンについて

オリジナルチャリティグッズや、広島・東京イベントで使えるシェア券。
平和の火を広島からパレスチナまで運んだドキュメンタリー映画「Be Free!」鑑賞券など、
「SHARE!」のスピリットを満喫できるリターンをお届けします!

また、こころもカラダも癒される「 氣の経絡療法“タオ療法” 」体験も!
皆さまが、元気に、笑顔になれたら嬉しいです。 

アースキャラバン イベントスケジュール http://www.earthcaravan.jp/ec2018/ec2018_sch_list.php

タオ療法HP http://taoshiatsu.com 
※法令に基づく医療、診療行為ではございません。効果には個人差がございますことを予めご了承ください。


▼最後に

サミーや世界各地から集まった参加者のこと、平和の火とともに進むサイクリング・旅の様子を、
写真や映像などで発信し、この体験をシェアしていきたいと思います。

皆さま、楽しみに待っていてください! 応援をよろしくお願いいたします!!