Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

災害から身を守るには情報察知が肝心!朝鮮学校の緊急警報装置を新しいものに!

5b582806 5b90 4ac8 82a7 0ecd0abd02aa.png?ixlib=rails 2.1
現在の支援総額
364,000円
パトロン数
32人
募集終了まで残り
終了

現在103%/ 目標金額351,000円

このプロジェクトは、2018-08-01に募集を開始し、32人の支援により364,000円の資金を集め、2018-08-30に募集を終了しました

近年、放送設備の老朽化、そして先日の大雨などの影響により不備が生じております。 その自然災害から学生たちの身を守る上でも緊急放送設備を1日でも早く新しくしなければなりません。 あらゆる面で厳しい環境にある朝鮮学校ですが、緊急性と資金の大きさから今回ご協力をお願いしたいと思っております。

アボジ会の活動報告

5b641c8e 518c 402d ba44 2e5a0abd02aa.png?ixlib=rails 2.1

アンニョンハセヨ。

 

西播朝鮮初中級学校のアボジ(父)たちで結成されているアボジ会です。

 

この度、クラウドファンディングに参加させてもらいましたが、私たちがどのような活動を行っているかを簡単にご紹介します。

 

朝鮮学校は現在あらゆる面で厳しい環境下に置かれています。

本来至急されるべき行政からの補助金も一方的に停止、削減されている中で色々と自分たちの力で解決しなければなりません。

 

そのような理由もあって学校関係者はもちろん朝鮮学校に子どもを通わせている私たちも休日を利用して学校の労働作業を手伝っています。

 

例えば学生たちの掃除レベルではできない力仕事の清掃作業・学校美化作業も率先して行っています。

防犯ネットの補修。

児童用の鉄棒やジャングルジムの設置

体育館前のタイルの張替え。

など紹介しだすと、あまりにも長くなってしまいますが、

このような活動にかかる費用なども自分たちで解決している状況です。

 

それでも私たちは民族の言葉や心を学べる朝鮮学校が大好きであり、

どんな状況でも守って生きたいと考えています。

 

しかし緊急放送設備に関しては安全上の面においても

急を要する事案でありますし、自分たちの力で解決できる事案でもありません。

 

少しでも学校への負担を減らそうと頑張っておりますが、

年内には安全を保障する設備を整えたいと思うので

是非とも今回のクラウドファンディングにご協力をお願いします。

 

質問なども誠意をもってお答えします。よろしくお願いします。

 

※ リターンの5万円枠にある学校行事への名前掲載は任意ですので備考欄にてご支持願います。